第100回全国高校サッカー選手権出場校一覧と結果予想!

高校サッカー 高校サッカー

第100回全国高等学校サッカー選手権大会の
出場校一覧と結果予想です!

競技日程:2021/12/28~2022/1/10
組合せ抽選:2021/11/15

↓速報や結果確認はこちら↓
高校サッカー2022の速報や結果の確認方法は?
↓前回分はこちら↓
第99回全国高校サッカー選手権出場校一覧と結果予想!

第100回全国高校サッカー選手権 出場校一覧

出場48校の一覧です。※東京都のみ2校

リンク先はサッカー部の公式サイトです。
※公式サイトがない場合は、高校の部活や
高校トップページ等へのリンクになります。

北海道

北海

決勝…10/24

東北

青森県

青森山田

決勝…11/7

岩手県

専修大北上

決勝…11/7

宮城県

仙台育英学園

決勝…11/6

秋田県

秋田商業

決勝…10/23

山形県

羽黒

決勝…10/31

福島県

尚志

決勝…11/7

関東

茨城県

鹿島学園

決勝…12/5

栃木県

矢板中央

決勝…11/13

群馬県

前橋育英

決勝…11/23

埼玉県

西武台

決勝…11/14

千葉県

流通経済大付属柏

決勝…11/14

東京都

A…堀越
B…関東第一

決勝…11/13

神奈川県

桐光学園

決勝…11/13

山梨県

山梨学院

決勝…11/6

北信越

新潟県

帝京長岡

決勝…11/7

富山県

富山第一

決勝…11/6

石川県

星稜

決勝…11/7

福井県

丸岡

決勝…11/7

長野県

市立長野

決勝…11/6

東海

岐阜県

帝京大可児

決勝…11/13

静岡県

静岡学園

決勝…11/13

愛知県

中部大第一

決勝…11/14

三重県

三重

決勝…11/7

近畿

滋賀県

草津東

決勝…11/13

京都府

東山

決勝…11/13

大阪府

阪南大高

決勝…11/13

兵庫県

滝川第二

決勝…11/7

奈良県

奈良育英

決勝…11/14

和歌山県

近畿大附属和歌山

決勝…11/13

中国

鳥取県

米子北

決勝…10/30

島根県

大社

決勝…11/13

岡山県

岡山学芸館

決勝…11/6

広島県

瀬戸内

決勝…11/14

山口県

高川学園

決勝…11/14

四国

徳島県

徳島商業

決勝…11/13

香川県

高松商業

決勝…11/13

愛媛県

今治東

決勝…11/13

高知県

高知

決勝…11/7

九州

福岡県

東福岡

決勝…11/14

佐賀県

佐賀東

決勝…11/13

長崎県

長崎総合科学大附属

決勝…11/14

熊本県

大津

決勝…11/13

大分県

中津東

決勝…11/14

宮崎県

宮崎日大

決勝…11/6

鹿児島県

神村学園

決勝…11/7

沖縄県

西原

決勝…11/13

第99回全国高校サッカー選手権 結果予想

最近3年間のインターハイと選手権の上位4強です。
<インターハイ>
・2018年度
①山梨学院(山梨),②桐光学園(神奈川),
③東山(京都),昌平(埼玉)
・2019年度
①桐光学園(神奈川),②富山第一(富山),
③京都橘(京都),尚志(福島)
・2020年度…中止
<選手権>
・2018年度
①青森山田(青森),②流通経済大付属柏(千葉),
③尚志(福島),瀬戸内(広島)
・2019年度
①静岡学園(静岡),②青森山田(青森),
③矢板中央(栃木),帝京長岡(新潟)
・2020年度
①山梨学院(山梨),②青森山田(青森),
③帝京長岡(新潟),矢板中央(栃木)

そして2021年度のインターハイは、
①青森山田(青森),②米子北(鳥取),
③静岡学園(静岡),星稜(石川)
でした。

総体では青森山田の強さが際立っていました。
選手権でも青森山田を中心とした
優勝争いになるかなと思います。

●2021/12/5

出場48校が出そろいました。
まずは1,2回戦の予想です。

①山梨学院vs佐賀東 → 山梨学院
②秋田商業vs東福岡,中部大第一vs大津 → 大津
③西武台vs三重,前橋育英vs草津東 → 前橋育英
④鹿島学園vs高松商業 → 鹿島学園
⑤富山第一vs宮崎日大 → 富山第一
⑥流通経済大付属柏vs近畿大附属和歌山,静岡学園vs
徳島商業 → 静岡学園
⑦尚志vs瀬戸内,関東第一vs中津東 → 尚志
⑧米子北vs矢板中央 → 米子北
⑨帝京長岡vs神村学園 → 神村学園
⑩帝京大可児vs今治東,桐光学園vs西原
→ 帝京大可児
⑪羽黒vs岡山学芸館,星稜vs高川学園 → 星稜
⑫仙台育英学園vs滝川第二 → 仙台育英学園
⑬市立長野vs東山 → 東山
⑭北海vs長崎総合科学大附属,堀越vs高知
→ 長崎総合科学大附属
⑮専修大北上vs奈良育英,丸岡vs阪南大高 → 丸岡
⑯大社vs青森山田 → 青森山田

・第1シードブロック(①~④)
前回優勝の第1シード・山梨学院ですが、
今季はインターハイでは予選敗退、
プリンスリーグでも現在最下位と
苦しいシーズンになっています。
ですので、このブロックの勝ち抜け最有力は、
インターハイベスト8でプレミアでも好調な
大津と予想します。追いかけるのが、
山梨学院、東福岡、前橋育英かなと思います。

・第4シードブロック(⑤~⑧)
強豪校が多い一番の激戦ブロックだと思います。
インターハイ準優勝の米子北、
前々回優勝でインターハイベスト4の静岡学園、
前回ベスト8の富山第一、
プレミアリーグの流経大柏、
プリンスリーグで好調の尚志に瀬戸内。
シード校は前回ベスト4の矢板中央ですが、
厳しいブロックですね~。
尚志vs瀬戸内は1回戦の好カードで、
米子北vs矢板中央は2回戦の好カード。
勝ち抜け予想は難しいですが、
今季の状態が一番いいのは米子北だと思います。

・第3シードブロック(⑨~⑫)
このブロックも強豪校が多いですね。
前回ベスト4の第3シード・帝京長岡、
インターハイベスト4の星稜、
同ベスト8の神村学園と岡山学芸館、
プリンスリーグで好調の帝京大可児に仙台育英。
帝京長岡vs神村学園は2回戦の好カードですね。
どこが勝ち上がってもおかしくないですが、
勝ち抜け校を1校予想するなら
今季のチーム状態がよさそうな神村学園です。

・第2シードブロック(⑬~⑯)
インターハイベスト8の東山をはじめ
強豪校が多いですが、やはり青森山田が
頭一つリードしていると思います。
堀越vs高知と丸岡vs阪南大高は、
1回戦の楽しみなカードです。

●2021/12/31

1,2回戦が終了しました。
1回戦では強豪・流経大柏が近大和歌山に
PK戦の末敗退。
近大和歌山の堅守が光った試合でした。
近大和歌山は2回戦で静岡学園に0-1で
敗れましたが、守備力の高いチームでしたね。
シード校では、前回王者・山梨学院が佐賀東に敗退。
今季の山梨学院は優勝の次のシーズンで
色々と難しい部分が多かったのかなと感じます。
他のシード3校は2回戦を突破しています。
矢板中央はインターハイ準優勝の米子北を
PK戦の末に退けました。

それでは3回戦の予想です。

①佐賀東vs大津 → 大津
②前橋育英vs鹿島学園 → 前橋育英
③宮崎日大vs静岡学園 → 静岡学園
④関東第一vs矢板中央 → 矢板中央
⑤帝京長岡vs桐光学園 → 帝京長岡
⑥高川学園vs仙台育英学園 → 高川学園
⑦東山vs長崎総合科学大附属 → 東山
⑧阪南大高vs青森山田 → 青森山田

注目は阪南大vs青森山田でしょう。
2回戦で8-0と圧巻の試合を見せた阪南大。
1,2回戦ともに失点も0ですし、攻守ともに好調。
青森山田相手にどんな試合を見せてくれるのか
楽しみですね。

●2022/1/2

3回戦が終了。
青森山田は3-1で阪南大高に勝利。
静岡学園は圧巻の8-0で大勝です。
しかし、いずれも2年連続4強のシード校、
矢板中央と帝京長岡が姿を消しました。
ベスト8が出そろいましたが、
チーム力は青森山田が頭一つリードで、
追いかけるのが大津と静岡学園かなと感じます。
予想的中率は6/8でした。

それでは準々決勝の予想です。

①大津vs前橋育英 → 大津
②静岡学園vs関東第一 → 静岡学園
③桐光学園vs高川学園 → 高川学園
④東山vs青森山田 → 青森山田

注目は東山vs青森山田だと思います。
インターハイ準々決勝の同カードでは、
青森山田が5-2で東山に勝ちましたが、
東山も後半に2点を取って意地を見せました。
今大会の東山はここまで好調なので、
どういう試合になるのか楽しみです。

●2022/1/4

今大会は大差がつく試合も多かったですが、
準々決勝は全て1点差かPK。
緊迫した4試合となりました。
勝ち上がった4校は、
大津・関東第一・高川学園・青森山田です。
静岡学園は先制したものの関東第一に
追いつかれてPK戦の末に敗退。
青森山田は東山に先制されますが
2-1で逆転勝ちです。
東山は青森山田に対して、夏は2-5で冬は1-2。
夏から冬にかけての成長を見せてもらいました。

それでは準決勝の予想です。

①大津vs関東第一 → 大津
②高川学園vs青森山田 → 青森山田

大津と青森山田が実力的には上位でしょう。
ただ、関東第一と高川学園も強豪校を破って
ここまで勝ち上がってきました。
プレミア勢を打ち破ることができるか、
注目したいです。

●2022/1/8

関東第一が新型コロナの影響で準決勝出場辞退。
大津が決勝進出となりました。
これはもう何とも言いようがないです。。
仕方がないこととはいえ、やりきれないですね。。

青森山田は6-0で高川学園に勝利。
攻撃力の高さで圧倒した形です。

決勝は大津vs青森山田。
東西のプレミア対決となりますが、
チーム力は青森山田が上でしょう。
ハイレベルな試合を期待したいです。

●2022/1/10

青森山田が4-0で大津に勝利。
3年ぶり3度目の優勝で、総体・プレミアEASTと
合わせて高校三冠も達成しました。
圧倒的でしたね。大津は全高校の中で
青森山田に次ぐチーム力があると思いますが、
それでもこういう結果になるという・・・。
まぁ青森山田はセカンドチームが
プリンスリーグ東北で尚志や仙台育英と
優勝争いをするチームですからね。。
青森山田と接戦だった、総体決勝の米子北や
選手権準々決勝の東山は、
本当に大健闘だったと思います。
高校サッカーは青森山田の時代が
しばらく続きそうだなと感じます。

関連記事/広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました