高校バレー2023インターハイ出場校一覧と結果予想!

高校バレー 高校バレー

令和5年度全国高等学校総合体育大会
(高校総体/インターハイ2023)
バレーボール競技大会の
出場校一覧と結果予想です!

競技日程
女子:2023/8/2~8/5
男子:2023/8/8~8/11

↓次回分はこちら↓
高校バレー2024インターハイ出場校一覧と結果予想!
↓前回分はこちら↓
高校バレー2022インターハイ出場校一覧と結果予想!

高校バレー インターハイ2023 出場校一覧

女子の出場校は51校です。
※2校…東京,神奈川,大阪,北海道(開催地)
男子の出場校は49校です。
※2校:東京,北海道(開催地)

北海道

①女子:旭川実業/男子:東海大付属札幌
②女子:札幌山の手/男子:北海道科学大高

予選最終日…6/16

東北

青森県

女子:青森西/男子:弘前工業

予選最終日…6/5

岩手県

女子:盛岡誠桜/男子:不来方

予選最終日…5/29

宮城県

女子:古川学園/男子:東北

予選最終日…6/5

秋田県

女子:秋田令和/男子:雄物川

予選最終日…6/5

山形県

女子:米沢中央/男子:山形中央

予選最終日…6/4

福島県

女子:郡山女子大附属/男子:郡山北工業

予選最終日…5/30

関東

茨城県

女子:明秀学園日立/男子:土浦日大

予選最終日…6/18

栃木県

女子:國學院大栃木/男子:足利大附属

予選最終日…6/18

群馬県

女子:高崎健康福祉大高崎/男子:前橋商業

予選最終日…6/24

埼玉県

女子:春日部共栄/男子:正智深谷

予選最終日…6/24

千葉県

女子:敬愛学園/男子:習志野

予選最終日…6/24

東京都

①女子:下北沢成徳/男子:駿台学園
②女子:文京学院大女子/男子:日本学園

予選最終日…6/25

神奈川県

①女子:横浜隼人/男子:川崎市立橘
②女子:川崎市立橘

予選最終日…6/24

山梨県

女子:帝京第三/男子:日本航空

予選最終日…6/18

北信越

新潟県

女子:長岡商業/男子:東京学館新潟

予選最終日…6/4

富山県

女子:富山第一/男子:高岡第一

予選最終日…6/4

石川県

女子:金沢商業/男子:石川県立工業

予選最終日…6/4

福井県

女子:福井工業大附属福井/男子:福井工業大附属福井

予選最終日…6/3

長野県

女子:東京都市大塩尻/男子:松本国際

予選最終日…6/5

東海

岐阜県

女子:県立岐阜商業/男子:大垣日大

予選最終日…5/28

静岡県

女子:静岡県富士見/男子:聖隷クリストファー

予選最終日…6/4

愛知県

女子:誠信/男子:星城

予選最終日…5/21

三重県

女子:三重/男子:松阪工業

予選最終日…5/28

近畿

滋賀県

女子:近江兄弟社/男子:近江

予選最終日…6/3

京都府

女子:京都橘/男子:東山

予選最終日…6/11

大阪府

①女子:金蘭会/男子:昇陽
②女子:大阪国際滝井・大阪国際

予選最終日…6/18

兵庫県

女子:氷上/男子:市立尼崎

予選最終日…6/10

奈良県

女子:奈良文化/男子:添上

予選最終日…6/11

和歌山県

女子:和歌山信愛/男子:開智

予選最終日…6/6

中国

鳥取県

女子:岩美/男子:鳥取中央育英

予選最終日…5/28

島根県

女子:大社/男子:大東

予選最終日…6/3

岡山県

女子:就実/男子:金光学園

予選最終日…6/11

広島県

女子:進徳女子/男子:崇徳

予選最終日…6/10

山口県

女子:誠英/男子:高川学園

予選最終日…6/3

四国

徳島県

女子:城南/男子:徳島科学技術

予選最終日…6/5

香川県

女子:高松南/男子:高松工芸

予選最終日…6/5

愛媛県

女子:今治精華/男子:新田

予選最終日…6/5

高知県

女子:高知中央/男子:高知

予選最終日…5/22

九州

福岡県

女子:福岡女学院/男子:福岡大附属大濠

予選最終日…5/28

佐賀県

女子:佐賀学園/男子:佐賀商業

予選最終日…5/28

長崎県

女子:純心女子/男子:大村工業

予選最終日…6/6

熊本県

女子:熊本信愛女学院/男子:鎮西

予選最終日…6/5

大分県

女子:東九州龍谷/男子:大分南

予選最終日…6/5

宮崎県

女子:宮崎日大/男子:日南振徳

予選最終日…5/30

鹿児島県

女子:鹿児島女子/男子:川内商工

予選最終日…5/29

沖縄県

女子:西原/男子:西原

予選最終日…5/30

高校バレー インターハイ2023 結果予想

女子

最近3年間のインターハイと春高バレーの
上位4強です。
<インターハイ>
・2020年度…中止
・2021年度
①下北沢成徳(東京1),②就実(岡山),
③都城商業(宮崎),金蘭会(大阪1)
・2022年度
①金蘭会(大阪1),②古川学園(宮城),
③八王子実践(東京2),下北沢成徳(東京1)
<春高バレー>
・2020年度
①就実(岡山),②大阪国際滝井(大阪),
③古川学園(宮城),東九州龍谷(大分)
・2021年度
①就実(岡山),②古川学園(宮城),
③金蘭会(大阪2),下北沢成徳(東京3)
・2022年度
①古川学園(宮城),②誠英(山口),
③熊本信愛女学院(熊本),金蘭会(大阪1)

●2023/6/26

昨日出場校が出そろいました。
強豪校は概ね出場を決めていますね。
前回優勝の金蘭会は春の私学大会でも優勝。
今回も優勝候補の一角ですが、
故障者が多いのが気になりますね。
春高優勝の古川学園は、私学大会や
東北大会で敗れているのが気がかりです。
この2校に加えて、
東京&関東で無類の強さを見せる下北沢成徳、
春高準Vの誠英に勝って中国大会優勝の就実、
復活を期す九州大会優勝の東九州龍谷、
この辺りが優勝争いの中心になると思います。

●2023/8/2

グループ戦が終了しました。
春高ベスト4の熊本信愛女学院が、
文教女と大阪滝井に敗れて
決勝トーナメントに進めませんでした。
まぁ相手も強豪校ですからね。

決勝トーナメントの組合せも決まったので、
まずは1,2回戦と各ブロックごとの予想です。

①古川学園,福岡女学院vs青森西 → 古川学園
②佐賀学園vs敬愛学園 → 敬愛学園
③川崎市立橘vs鹿児島女子 → 川崎市立橘
④大阪国際滝井・大阪国際vs城南
→ 大阪国際滝井・大阪国際
⑤旭川実業,富山第一vs京都橘 → 京都橘
⑥國學院大栃木vs三重 → 三重
⑦文京学院大女子vs誠信 → 文京学院大女子
⑧福井工業大附属福井vs東京都市大塩尻,近江兄弟社
→ 福井工業大附属福井
⑨誠英,東九州龍谷vs札幌山の手 → 東九州龍谷
⑩帝京第三vs就実 → 就実
⑪奈良文化vs郡山女子大附属 → 郡山女子大附属
⑫岩美vs下北沢成徳,純心女子 → 下北沢成徳
⑬横浜隼人,氷上vs静岡県富士見 → 横浜隼人
⑭宮崎日大vs春日部共栄 → 宮崎日大
⑮長岡商業vs西原 → 長岡商業
⑯高松南vs進徳女子,金蘭会 → 金蘭会

・第1シードブロック(①~④)
春高優勝の古川学園がややリードでしょう。

・⑤~⑧ブロック
東京2位の文京学院大女子、
東海優勝の三重、北信越優勝の福工大福井、
この辺りの争いになるかなと思います。

・第3シードブロック(⑨~⑫)
春高準優勝の誠英、九州優勝の東九州龍谷、
中国優勝の就実、関東優勝の下北沢成徳、
この4校が同じブロックに入りました。
最激戦ブロックですね~。
勝ち抜け予想をするなら、
高さでやや勝る下北沢成徳かなと思います。

・第2シードブロック(⑬~⑯)
前回優勝の金蘭会がややリードだと思います。

●2023/8/3

1,2回戦が終了しました。
前回優勝の金蘭会が
初戦で進徳女子にフルセットの末敗退。
ベストメンバーが組めないとはいえ、驚きですね。
進徳女子は会心の勝利でしょう。
また、春高準優勝の誠英が
強豪・東九州龍谷にストレート勝利です。
予想的中率は10/16でした。

それでは、明日決まるベスト4の予想です。

①古川学園vs敬愛学園,鹿児島女子vs
大阪国際滝井・大阪国際 → 古川学園
②京都橘vs三重,文京学院大女子vs
東京都市大塩尻 → 文京学院大女子
③誠英vs就実,奈良文化vs下北沢成徳 → 下北沢成徳
④静岡県富士見vs宮崎日大,長岡商業vs進徳女子
→ 進徳女子

誠英vs就実は3回戦屈指の好カードと思います。
同じブロックに下北沢成徳もいるので、
このブロックは要注目ですね。
金蘭に勝った進徳女子も楽しみです。

●2023/8/4

ベスト8は、敬愛学園・鹿児島女子・
三重・東京都市大塩尻・就実・
下北沢成徳・静岡県富士見・進徳女子。
奈良文化が下北沢成徳から
1セットを取る健闘を見せました。
古川学園と誠英が敗れたので、
決勝トーナメントから出場のシード校は
これで全て敗退です。

そしてベスト4は、敬愛学園・東京都市大塩尻・
下北沢成徳・進徳女子。
注目の就実vs下北沢成徳は、
下北沢成徳がストレート勝利でした。

明日は準決勝が、
敬愛学園vs東京都市大塩尻と
下北沢成徳vs進徳女子。
両試合の勝者が決勝を戦うことになります。
4校の中では下北沢成徳が
チーム力はやや上だと思います。
身長も高いですしね。
ただ、今大会は何が起こるか分かりません。
下北沢成徳以外は
県勢初優勝をかけた最終日とのこと。
初優勝があるのかどうか、要注目ですね。

●2023/8/5

準決勝は、東京都市大塩尻と下北沢成徳が
どちらも2-0のストレート勝利。
そして決勝は、下北沢成徳が東京都市大塩尻に
3-0のストレート勝利。
2年ぶり5度目のインターハイ優勝です!
今日は敗れはしましたが、
準優勝の都市大塩尻、
第1シードに勝った敬愛学園、
第2シードに勝った進徳女子、
3校とも躍進のインターハイになったと思います。
そして優勝の下北沢成徳。
苦戦したのは3回戦で奈良文化に
22-25で取られた第2セットと、
準々決勝で就実と接戦になった
第1セット(25-22)ぐらいで、
最終日の今日も相手に20点以上取られた
セットは1つもなかったですし、
危なげなく優勝といった感じですね。
今大会の中では
頭一つ抜けた存在だったと思います。

男子

最近3年間のインターハイと春高バレーの
上位4強です。
<インターハイ>
・2020年度…中止
・2021年度
①鎮西(熊本),②駿台学園(東京1),
③東福岡(福岡),清風(大阪1)
・2022年度
①東山(京都),②東福岡(福岡),
③松本国際(長野),鎮西(熊本)
<春高バレー>
・2020年度
①東福岡(福岡),②駿台学園(東京1),
③清風(大阪1),市立尼崎(兵庫)
・2021年度
①日本航空(山梨),②鎮西(熊本),
③雄物川(秋田),日南振徳(宮崎)
・2022年度
①駿台学園(東京1),②鎮西(熊本),
③習志野(千葉),東山(京都)

●2023/6/26

昨日出場校が出そろいました。
前回準優勝の東福岡が福岡大会で敗退。
その後の九州大会では優勝しているので、
冬に期待したいですね。
今大会の優勝争いですが、
春高王者で東京&関東を制した駿台学園、
その駿台学園に私学大会決勝で勝った昇陽、
この2校に前回優勝の東山を始めとした強豪校が
加わる形になるかなと思います。

●2023/8/8

グループ戦が終了しました。
2年前の春高優勝の日本航空が
決勝トーナメントに進めず。
駿台学園と昇陽は状態が良さそうです。

決勝トーナメントの組合せも決まったので、
まずは1,2回戦と各ブロックごとの予想です。

①東山,大垣日大vs新田 → 東山
②弘前工業vs金光学園 → 弘前工業
③高松工芸vs高川学園 → 高川学園
④大村工業vs川内商工 → 大村工業
⑤福井工業大附属福井,日本学園vs鳥取中央育英
→ 福井工業大附属福井
⑥雄物川vs正智深谷 → 正智深谷
⑦佐賀商業vs高岡第一 → 高岡第一
⑧松阪工業vs星城,習志野 → 習志野
⑨鎮西,高知vs市立尼崎 → 鎮西
⑩福岡大附属大濠vs郡山北工業 → 福岡大附属大濠
⑪崇徳vs土浦日大 → 崇徳
⑫東京学館新潟vs昇陽 → 昇陽
⑬聖隷クリストファーvs日南振徳
→ 聖隷クリストファー
⑭近江vs東北 → 東北
⑮西原vs松本国際 → 松本国際
⑯川崎市立橘vs開智,駿台学園 → 駿台学園

・①~④ブロック
連覇を狙う東山がややリードで、
追うのは中国大会優勝の高川学園や
九州の強豪・大村工&川内商工と思います。

・⑤~⑧ブロック
春高ベスト4の習志野がややリードと思いますが、
関東大会で習志野に勝った日本学園もいますし、
予想が難しいブロックですね。

・⑨~⑫ブロック
近畿大会優勝の昇陽がややリードでしょう。
鎮西は今日も負けていますし、
ちょっと苦しいかなと思います。

・⑬~⑯ブロック
聖隷・東北・松本国際・駿台学園と、
ブロック大会優勝校が4校の激戦ブロックですが、
春高優勝の駿台学園がややリードと見ます。

●2023/8/9

1,2回戦が終了。予想的中率は12/16でした。
強豪校は概ね勝ち上がっていますが、
習志野や鎮西はフルセットの末の勝利で、
東山も第1セットはやや苦戦。
駿台学園と昇陽は今日もストレート勝利でした。

それでは、明日決まるベスト4の予想です。

①東山vs金光学園,高川学園vs川内商工 → 東山
②福井工業大附属福井vs正智深谷,佐賀商業vs
習志野 → 習志野
③鎮西vs福岡大附属大濠,土浦日大vs昇陽 → 昇陽
④聖隷クリストファーvs東北,松本国際vs駿台学園
→ 駿台学園

松本国際vs駿台学園は、
3回戦屈指の好カードでしょう。
前評判は駿台学園が上だと思いますが、
松本国際も力のあるエースを擁するチーム。
楽しみな試合ですね。

●2023/8/10

ベスト8は、東山・川内商工・
福井工業大附属福井・習志野・
福岡大附属大濠・昇陽・東北・駿台学園。
昇陽はフルセットの末、土浦日大に勝利。
3セットとも接戦で
土浦日大が健闘したと思います。
駿台学園は松本国際にストレート勝利。
2セット目は最後までもつれますが、
駿台学園が松本国際を振り切りました。

そしてベスト4は、
東山・福井工業大附属福井・昇陽・駿台学園。
4試合ともストレートで決まりましたが、
福工大福井は春高4強の習志野に
2セットとも接戦の末勝利。
駿台学園は東北に第2セットは粘られましたが、
最後は振り切って勝利です。
東北も東北王者の意地は見せたと思います。

明日の最終日は、準決勝が
東山vs福井工業大附属福井と
昇陽vs駿台学園。
両試合の勝者で決勝です。
予想としては、優勝に一番近いのは
駿台学園かなと思います。
一番厳しいブロックを、苦戦しながらも
1セットも失うことなく勝ち上がってきましたし、
前評判通りの強さを見せていると思います。
ただ、春の私学大会決勝で
駿台学園に勝った昇陽も強いですし、
前回王者・東山も
エースを中心にチーム状態は良さそう。
どんな最終日になるのか楽しみです。

●2023/8/11

準決勝、東山vs福井工業大附属福井は
フルセットの激闘になりますが、
最後は東山が福井を振り切りました。
昇陽vs駿台学園は、
駿台学園がストレート勝利です。
そして東山vs駿台学園の決勝は、
駿台学園が3-0でストレート勝利。
2016年以来2度目の優勝です。
駿台学園は今大会失セット0での優勝。
終わってみれば、頭一つ抜けた存在でした。
やっぱり層が厚いですね。
高校三冠も十分目指せるチームだと思います。
準優勝の東山も2年連続の決勝進出はさすが。
昇陽はすっかり全国トップクラスの強豪校ですね。
福井も粘り強いバレーをするいいチームでした。

関連記事/広告

タイトルとURLをコピーしました