カテゴリー
TOP高校スポーツ»高校ラグビー

第98回全国高校ラグビー大会出場校一覧と結果予想!

第98回全国高等学校
ラグビーフットボール大会の
出場校一覧と結果予想です!

競技日程:2018/12/27~2019/1/7

↓翌年分はこちら↓
第99回全国高校ラグビー大会出場校一覧と結果予想!

第98回全国高校ラグビー 出場校一覧

出場校は51校です。
※3校…大阪府(開催地)/2校…北海道,東京都

北海道

北:旭川龍谷
南:札幌山の手

東北

青森県

青森北

岩手県

黒沢尻工業

宮城県

仙台育英学園

秋田県

秋田中央

山形県

山形中央

福島県

聖光学院

関東

茨城県

茗溪学園

栃木県

國學院大栃木

群馬県

桐生第一

埼玉県

深谷

千葉県

流通経済大付属柏

東京都

第1:早稲田実業
第2:本郷

神奈川県

桐蔭学園

山梨県

日川

北信越

新潟県

新潟工業

富山県

魚津工業

石川県

日本航空石川

福井県

若狭東

長野県

岡谷工業

東海

岐阜県

関商工

静岡県

静岡聖光学院

愛知県

中部大春日丘

三重県

朝明

近畿

滋賀県

八幡工業

京都府

京都成章

大阪府

第1:大阪桐蔭
第2:大阪朝鮮
第3:常翔学園

兵庫県

報徳学園

奈良県

天理

和歌山県

和歌山工業

中国

鳥取県

米子工業

島根県

石見智翠館

岡山県

玉島

広島県

尾道

山口県

大津緑洋

四国

徳島県

城東

香川県

高松北

愛媛県

新田

高知県

土佐塾

九州

福岡県

東福岡

佐賀県

佐賀工業

長崎県

長崎北陽台

熊本県

熊本西

大分県

大分舞鶴

宮崎県

高鍋

鹿児島県

鹿児島実業

沖縄県

名護

第98回全国高校ラグビー 結果予想

最近3年間の高校ラグビー三冠大会の
上位4強です。
<選抜>
・2015年度
①東海大付属仰星(大阪),②大阪桐蔭(大阪),
③常翔学園(大阪),流通経済大付属柏(千葉)
・2016年度
①東福岡(福岡),②桐蔭学園(神奈川),
③東京(東京),東海大付属仰星(大阪)
・2017年度
①桐蔭学園(神奈川),②京都成章(京都),
③石見智翠館(島根),東福岡(福岡)
<セブンス>
・2015年度
①東海大付属仰星(大阪),②京都成章(京都),
③茗溪学園(茨城),石見智翠館(島根)
・2016年度
①東福岡(福岡),②伏見工業・京都工学院(京都),
③札幌山の手(北海道),長崎北陽台(長崎)
・2017年度
①東福岡(福岡),②京都成章(京都),
③桐蔭学園(神奈川),東海大付属仰星(大阪)
<花園>
・2015年度
①東海大付属仰星(大阪),②桐蔭学園(神奈川),
③東福岡(福岡),石見智翠館(島根)
・2016年度
①東福岡(福岡),②東海大付属仰星(大阪),
③御所実業(奈良),桐蔭学園(神奈川)
・2017年度
①東海大付属仰星(大阪),②大阪桐蔭(大阪),
③東福岡(福岡),桐蔭学園(神奈川)

そして2018年は、
選抜が
①桐蔭学園(神奈川),②大阪桐蔭,
③流通経済大付属柏(千葉),天理(奈良)
セブンスが
①流通経済大付属柏,②東海大付属大阪仰星,
③桐蔭学園,國學院大栃木
でした。

花園の第98回大会予想ですが、
まず、前回王者の東海大仰星が
なんと大阪予選で敗退(^^:
今年の仰星は、
春の大阪府大会で4位に終わったので、
3位までに与えられる
花園予選のシード権を取れませんでした。
それで花園予選で
常翔学園と同じブロックとなり、
決勝で常翔に敗退。
これが最激戦区・大阪の恐ろしさですね~。
ということで、ここ数年続いていた
「東福岡vs東海大仰星の勝者が花園を制す」
という形が崩れることになりました。

今年の花園の優勝候補は、
「今年も高校ラグビー最強チーム」
東福岡を筆頭に、
「今年の大阪最強チーム」
大阪桐蔭と
「選抜王者で東の横綱」
桐蔭学園が続くと思います。
そして今大会の注目は、
春の熊谷ベスト4で夏のセブンスを制した
流経大柏。
上記3校に近い実力を持っていると思います。
東海大仰星を倒した常翔学園も、
もちろん注目ですね。
各校の実力の差は、
例年よりも拮抗していると思います。

次にシード予想ですが、
Aシードが東福岡とW桐蔭とすると、
Bシードの10校は、
東:流経大柏、早稲田実業、中部大春日丘、
國學院栃木、航空石川
西:常翔学園、京都成章、天理、
石見智翠館、尾道
という感じでしょうか。

続きの予想は、12月1日の組み合わせ決定後に。

●2018/12/1

まず、11/26にシード校の発表があり、
Aシード3校は予想通り、
桐蔭学園、大阪桐蔭、東福岡。
Bシード10校は、
東:黒沢尻工業、茗渓学園、流経大柏、
航空石川、中部大春日丘
西:常翔学園、報徳学園、天理、
佐賀工業、長崎北陽台
でした。的中率は5/10(^^;
シード漏れした高校の中で強豪校は、
京都成章と石見智翠館かな?
この2校がどのブロックに入るか注目ですね。

そして12/1、組み合わせが決定しました。
ベスト16までの予想です。

①大阪桐蔭,土佐塾,青森北 → 大阪桐蔭
②新田,山形中央,玉島,旭川龍谷 → 新田
③天理,和歌山工業,岡谷工業 → 天理
④熊本西,札幌山の手,中部大春日丘
→ 中部大春日丘
⑤長崎北陽台,鹿児島実業,魚津工業 → 長崎北陽台
⑥大津緑洋,新潟工業,茗溪学園 → 茗溪学園
⑦佐賀工業,京都成章,仙台育英学園 → 京都成章
⑧名護,早稲田実業,流通経済大付属柏
→ 流通経済大付属柏
⑨桐蔭学園,大分舞鶴,深谷 → 桐蔭学園
⑩石見智翠館,秋田中央,尾道,本郷 → 石見智翠館
⑪常翔学園,米子工業,桐生第一 → 常翔学園
⑫高鍋,静岡聖光学院,黒沢尻工業 → 黒沢尻工業
⑬報徳学園,大阪朝鮮,日川 → 報徳学園
⑭若狭東,國學院大栃木,日本航空石川
→ 日本航空石川
⑮八幡工業,朝明,城東,聖光学院 → 八幡工業
⑯高松北,関商工,東福岡 → 東福岡

Aシードの3校の中では、桐蔭学園が
一番厳しいブロック(⑨⑩)だと思います。
石見智翠館もいますし。
まぁ桐蔭学園なら問題ないでしょうけど。

最激戦区は⑦⑧のブロック。
セブンス王者でBシードの流経大柏を筆頭に、
Bシードの佐賀工、強豪・京都成章、
そして早稲田。
どこが勝ってもおかしくないですね~。

その他のグループのシード校は、
初戦は問題ないかなと思います。
黒沢尻工業がちょっと心配ですが(^^;

●2018/12/30

ベスト16が出そろいました。
Aシード3校は無難な勝ち上がりですが、
Bシード10校のうち、
日本航空石川が国学院栃木に、
佐賀工が京都成章に敗退です。
相手校の方がシード校でもおかしくない
実力校なので、仕方ないですかね~。
予想的中率は14/16でした。

ベスト8予想です。

①大阪桐蔭vs玉島 → 大阪桐蔭
②天理vs中部大春日丘 → 天理
③長崎北陽台vs茗溪学園 → 長崎北陽台
④京都成章vs流通経済大付属柏
→ 流通経済大付属柏
⑤桐蔭学園vs石見智翠館 → 桐蔭学園
⑥常翔学園vs黒沢尻工業 → 常翔学園
⑦報徳学園vs國學院大栃木 → 報徳学園
⑧八幡工業vs東福岡 → 東福岡

注目は京都成章vs流経大柏。
セブンス王者の流経大柏が、
花園上位常連の京都成章にどんな試合をするか。
京都成章を寄せ付けない勝ち方ができれば、
Aシード校とも互角に戦えるかも。
その他の試合は、
Aシード校と西日本勢が優勢だと思います。

●2019/1/1

ベスト8が決定。予想は全的中です(^^)
注目の京都成章vs流経大柏は、
前半こそ0-7でしたが、
後半に一気に差が開きました。
やっぱり今年の流経大柏は強いですね~。

それでは準々決勝の予想です。

①長崎北陽台vs東福岡 → 東福岡
②大阪桐蔭vs報徳学園 → 大阪桐蔭
③天理vs桐蔭学園 → 桐蔭学園
④流通経済大付属柏vs常翔学園
→ 流通経済大付属柏

Aシード3校とセブンス王者の流経大柏。
この4校が実力上位だと思います。
一番接戦になりそうなのは、
流経大柏vs常翔学園かな。
常翔学園の地元パワーは侮れないですからね。
報徳と天理も、ロースコアの展開に持ち込めば
勝機はないことはないですが、
厳しいでしょうね。長崎北陽台は、
まずは1トライが目標になると思います。

●2019/1/3

ベスト4が決定。
勝ち残ったのは、Aシード3校とセブンス王者。
実力通りの結果じゃないでしょうか。
予想はまた全て的中です(^^)

それでは準決勝の予想です。

①大阪桐蔭vs流通経済大付属柏 → 大阪桐蔭
②東福岡vs桐蔭学園 → 東福岡

実力上位は大阪桐蔭と東福岡。
流経大柏と桐蔭学園としては、
まず先制点を取って相手のペースを崩し、
ディフェンス中心のカウンター狙い。
これが一番勝機のある戦い方だと思います。
去年の準決勝は大阪勢がこの戦い方で、
実力上位の東福岡と桐蔭学園を下しました。
今年はどうなるでしょうか?

●2019/1/5

決勝進出は大阪桐蔭と桐蔭学園!

第1試合は前半は互角でしたが、
後半序盤に立て続けに2トライを挙げた大阪桐蔭が
危なげなく逃げ切りました。
敗れたものの、今シーズンの流経大柏は
選抜と花園がベスト4でセブンスが優勝。
大躍進のシーズンだったと思います。
ここ数年、東日本勢は
桐蔭学園の1強状態だったので、
今季の流経大柏の活躍は明るい話題ですね。
来季の流経大柏の戦いぶりに注目したいです。

第2試合は桐蔭学園が東福岡に勝利。
点の取り合いで東福岡が負けるとは・・・。
予想外の展開でした。
それだけ桐蔭学園が強いっていうことですね。
東福岡の課題は、今日みたいな接戦の経験が
ほとんどないことだと思います。
福岡では接戦どころか、点を取られることすら
ほとんどないですからね(^^;
九州のレベルも以前に比べると
落ちているし・・・。無冠に終わった王者の
巻き返しに期待したいです。

ということで決勝戦は、
昨年準優勝の大阪桐蔭vs選抜王者の桐蔭学園。
今年の選抜決勝と同じカードです。
その時は桐蔭学園が46-26で勝ちましたが、
ただ、花園ラグビー場は東大阪市。
実力では桐蔭学園がやや上だと思いますが、
地の利は大阪桐蔭にあるんですよね~。
予想は非常に難しいですが、
実力上位の桐蔭学園勝利と予想します!

●2019/1/7

大阪桐蔭が初優勝!
予想は外れました(^^;
やっぱり地元パワーですね~。

試合は大阪桐蔭が先制しましたが、
桐蔭学園が逆転して前半終了。
後半に大阪桐蔭が2トライで逆転して、
桐蔭学園の猛追を辛くも振り切りました。
決勝にふさわしい好ゲームだったと思います。

今シーズンを制したのは、選抜が桐蔭学園、
セブンスが流経大柏、花園が大阪桐蔭。
東福岡が無冠に終わったことと、
流経大柏の急成長が大きなニュースですね。
東福岡は実力では相変わらず
高校No1だと思いますが、
全国大会で強豪相手に接戦になった時が課題。
流経大柏は新チームになっても
今の全国トップレベルを維持できるのかに
注目です。

予想するのは難しかったですが(^^;
例年以上に面白いシーズンでした(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないと投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)