箱根駅伝2019出場校一覧と結果予想!速報の確認方法も!

マラソン
Pocket

スポンサードリンク

目次

箱根駅伝とは
・速報&結果の確認方法
・コース,シード権,予選会,関東学生連合チーム

出場チーム一覧

箱根駅伝2019予想 ※2019/1/3追記

箱根駅伝とは

正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」。

第1回大会は1920年に行われ、
2019年で第95回大会になります。

関東学生陸上競技連盟(関東学連)が
主催する駅伝レースなので、
関東学連に加盟していない大学は出場できません。

速報&結果の確認方法

箱根駅伝公式Webサイト」から
速報や結果の確認ができます。

やっぱり公式が一番確実で安心ですよね(^^)

コース

東京・大手町と神奈川箱根・芦ノ湖の間を、
2日間かけて往復する長いコースです。

1日目は、毎年1月2日午前8時に、
東京・大手町をスタート。
箱根・芦ノ湖の往路ゴールを目指して、
1区から5区、全長107.5㎞を走ります。

2日目は、毎年1月3日午前8時に、
箱根・芦ノ湖をスタート。
東京・大手町の復路ゴールを目指して、
6区から10区、全長109.6㎞を走ります。

2日間で選手たちが走る距離は、
全10区間、合計217.1kmにもなります。

ちなみに、山登りで有名な5区は、
スタート地点は標高10メートルで、
18.6キロ付近の最高点は標高874メートル。
高低差は実に864メートルにもなります。

シード権

シード権とは、
1位~10位までの大学に与えられる、
翌年大会の予選会出場が
免除される権利のことです。

10位までのシード権争いは、
箱根駅伝の大きな見どころの1つです。

予選会

前年大会でシード権を獲得できなかった大学が
参加する大会で、毎年10月に行われます。

各大学10名~12名の選手が出場して、
上位10名の選手のタイムが合計されます。

合計タイムの少ない大学10校
(5年ごとの記念大会では11校)が
予選会通過となり、本大会に出場できます。

関東学生連合チーム

予選会を通過できなかった大学の中から、
予選会の成績がよかった選手を各校1名ずつ
選抜して結成されるチームです。

このチームはオープン参加として出場になるので、
チームとしての順位や選手個人の記録は
全て参考記録となります。

出場チーム一覧

通常大会は、
・前年大会でシード権を獲得した大学(10校)
・予選会を通過した大学(10校)
にオープン参加の関東学生連合チームを加えた、
合計21チームが出場します。

2019年の第95回大会は5年ごとの記念大会なので、
・シード校…10校
・関東インカレ成績枠…1校
・予選会通過校…11校
・関東学生連合…1チーム
の合計23チームの出場となります。

出場校の一覧です。
リンク先は各大学の陸上部/駅伝部の公式サイトです。

シード校(2018年箱根駅伝上位10校)
・1位:青山学院大学
・2位:東洋大学
・3位:早稲田大学
・4位:日本体育大学
・5位:東海大学
・6位:法政大学
・7位:城西大学
・8位:拓殖大学
・9位:帝京大学
・10位:中央学院大学

関東インカレ成績枠
日本大学

予選会通過校(上位11校)
・1位:駒澤大学
・2位:順天堂大学
・3位:神奈川大学
・4位:國學院大学
・5位:明治大学
・6位:東京国際大学
・7位:大東文化大学
・8位:中央大学
・9位:国士舘大学
・10位:山梨学院大学
・11位:上武大学

箱根駅伝2019予想

ここ3年間の大学三大駅伝
(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)の
上位3位までの結果です。

<2015年度>
・出雲…1位:青山学院、2位:山梨学院、3位:駒澤
・全日…1位:東洋、2位:青山学院、3位:駒澤
・箱根…1位:青山学院、2位:東洋、3位:駒澤
<2016年度>
・出雲…1位:青山学院、2位:山梨学院、3位:東海
・全日…1位:青山学院、2位:早稲田、3位:山梨学院
・箱根…1位:青山学院、2位:東洋、3位:早稲田
<2017年度>
・出雲…1位:東海、2位:青山学院、3位:日本体育
・全日…1位:神奈川、2位:東海、3位:青山学院
・箱根…1位:青山学院、2位:東洋、3位:早稲田

青学が強いですね~。箱根は4連覇中です。

そして2018年度はここまで、
・出雲…1位:青山学院、2位:東洋、3位:東海
・全日…1位:青山学院、2位:東海、3位:東洋
となっています。

やっぱり青学が強いですね~。

ということで、第95回箱根駅伝ですが、
優勝予想はやっぱり青学になります。
他の予想はちょっと難しいです(^^;

対抗馬の1番手は3年連続2位の東洋でしょうけど、
力の差は大きいですよね~。

青学に不安なデータを探してみると、
4連覇初年度は2位との差が10分以上ありましたが、
2,3年前は7分台で、去年は5分弱。
段々詰まってきています。
まぁそれでも大差なんですが(^^;

東洋にはまず「11時間の壁」を破ってほしいです。
そうすれば、青学の背中も見えるはずだから。

●1/2追記

往路は2年連続で東洋大が優勝!
5連覇を狙う青山学院は、6位と出遅れました。
1位東洋と6位青学の差は5分30秒。
・・・これは予想外の展開です(^^;

去年の往路は、1位東洋,2位青学で、その差は36秒。
そして6区で青学が逆転。そのまま4連覇達成でした。
今回は5分30秒差なので、去年のように
6区で一気に逆転というわけにはいかないです。

逆転するにしても、1区あたり1分以上
詰めていく必要がありますからね~。
これは青学といえども、さすがに厳しい。
ただ、逆転不可能な差ではないです。

追い詰められた絶対王者が
どういうレースを見せてくれるのか。
見ている側からしてみれば、
一番面白い展開だと思います(^^)

●1/3追記

東海大学が初優勝!
往路・復路、どちらも2位での総合優勝です!
東海は5区の選手が区間8位でしたが、
それ以外の選手は全て区間4位以内。
安定感が光りましたね~。

5連覇を狙った青学は、往路の終盤が誤算。
復路優勝で意地は見せましたけど、
それ以上に東海が強かったです。
往路優勝の東洋は、復路の終盤が誤算でした。

それにしても今年は、
上位3チームが10時間台でのゴール。
5区の山登りも3人が区間新だったし、
本当に高速レースでした。

また、ここ数年の大学スポーツ界は、
ラグビーの帝京と箱根の青学が
無敵の強さを誇っていましたけど、
どちらもついに王座陥落。

来シーズン巻き返せるのかどうか、
注目したいです。

目次に戻る

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。