第27回高校女子サッカー選手権出場校一覧と結果予想!

高校女子サッカー
Pocket

スポンサードリンク

第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の
出場校一覧と結果予想です!
(競技日程…2019/1/3~2019/1/13)

↓翌年分はこちら↓
第28回高校女子サッカー選手権出場校一覧と結果予想!

第27回全日本高校女子サッカー選手権大会
出場校一覧

出場校の内訳は、
各地域選抜(31)と開催地枠の合計32校です。

●北海道(2校)
・①北海道文教大明清
・②北海道大谷室蘭
●東北(3校)
・①常盤木学園(宮城県)
・②聖和学園(宮城県)
・③専修大北上(岩手県)
●関東(7校)
・①修徳(東京都)
・②十文字(東京都)
・③星槎国際湘南(神奈川県)
・④花咲徳栄(埼玉県)
・⑤日本航空(山梨県)
・⑥前橋育英(群馬県)
・⑦鹿島学園(茨城県)
●北信越(3校)
・①帝京長岡(新潟県)
・②福井工業大附属福井(福井県)
・③開志学園JSC(新潟県)
●東海(3校)
・①藤枝順心(静岡県)
・②聖カピタニオ女子(愛知県)
・③磐田東(静岡県)
●関西(5校)※1校は開催地枠(兵庫県)
・①大商学園(大阪府)
・②日ノ本学園(兵庫県)
・③神戸弘陵学園(兵庫県)
・④京都精華学園(京都府)
・播磨(兵庫県・開催地枠)
●中国(3校)
・①岡山県作陽(岡山県)
・②広島文教女子大附属(広島県)
・③松江商業(島根県)
●四国(2校)
・①鳴門渦潮(徳島県)
・②四国学院大香川西(香川県)
●九州(4校)
・①神村学園(鹿児島県)
・②秀岳館(熊本県)
・③東海大付属福岡(福岡県)
・④筑陽学園(福岡県)

第27回全日本高校女子サッカー選手権大会
結果予想

最近3年間のインターハイと選手権の上位4強です。
<インターハイ>
・2015年度
①日ノ本学園(兵庫),②大商学園(大阪),③鎮西学院(長崎),修徳(東京)
・2016年度
①藤枝順心(静岡),②岡山県作陽(岡山),③日ノ本学園(兵庫),十文字(東京)
・2017年度
①日ノ本学園(兵庫),②藤枝順心,③岡山県作陽,星槎国際湘南(神奈川)
<選手権>
・2015年度
①藤枝順心(静岡),②神村学園(鹿児島),③大商学園(大阪),修徳(東京)
・2016年度
①十文字(東京),②大商学園(大阪),③修徳(東京),神村学園(鹿児島)
・2017年度
①藤枝順心(静岡),②岡山県作陽,③大商学園(大阪),福井工業大附属福井

そして2018年のインターハイは、
①常盤木学園(宮城),②日ノ本学園(兵庫),③藤枝順心,前橋育英(群馬)
でした。
常盤木は、十文字・作陽・藤枝順心・日ノ本に勝っての優勝。
近年の高校女子サッカー界を引っ張る4チームを
次々と撃破していきましたからね~。
強豪復活を印象付けました。

第27回選手権でも、優勝候補筆頭は常盤木でしょう。
追うのが、昨年女王でインターハイベスト4の藤枝順心、
インターハイ準優勝の日ノ本、
近畿大会決勝で日ノ本に勝った昨年ベスト4の大商学園。
この3チームだと思います。
修徳、十文字、帝京長岡、福井、作陽も、
優勝を狙う力は十分持っていると思います。

まずはベスト8まで(1,2回戦)の予想です。

①藤枝順心,常盤木学園,専修大学北上,神戸弘陵学園 → 常盤木学園
②北海道文教大明清,日ノ本学園,修徳,秀岳館 → 日ノ本学園
③十文字,松江商業,福井工業大附属福井,四国学院大香川西 → 福井
④開志学園JSC,広島文教女子大附属,神村学園,帝京長岡 → 帝京長岡
⑤大商学園,星槎国際湘南,北海道大谷室蘭,筑陽学園 → 大商学園
⑥花咲徳栄,鳴門渦潮,日本航空,京都精華学園 → 花咲徳栄
⑦磐田東,東海大付属福岡,鹿島学園,播磨 → 東海大付属福岡
⑧聖和学園,聖カピタニオ女子,前橋育英,岡山県作陽 → 岡山県作陽

偏ってますね~今年も(^^;
①~④の枠では、
藤枝、常盤木、日ノ本、修徳、十文字、福井、神村、帝京長岡
といった強豪校がつぶし合うことに(^^;
特に、インターハイ女王の常盤木と昨年女王の藤枝順心が、
開幕試合でいきなり激突!
事実上の決勝戦かも(^^;

そこに比べると、⑤~⑧はまだ楽なグループですね。
特に⑥⑦は日ノ本や十文字が入った②③に比べると、
少しレベルは落ちるかと思います。
⑤大商と⑧作陽は1回戦を乗り切れば、
ベスト4まで行けると思います。

●1/4追記

まず1回戦で、
過去3年で2度優勝の藤枝順心、
3年連続ベスト4の大商学園、
過去3年で2度ベスト4の神村学園、
昨年ベスト4の福井工業大附属福井、
インターハイベスト4の前橋育英が敗退。

そして2回戦で、
昨年準優勝の岡山県作陽、
過去3年で2度ベスト4の修徳が敗退。

なかなか激しい展開ですね~。
予想的中率は5/8でした(^^;

準々決勝の予想です。

①常盤木学園vs日ノ本学園 → 常盤木学園
②十文字vs帝京長岡 → 十文字
③星槎国際湘南vs花咲徳栄 → 星槎国際湘南
④東海大付属福岡vs聖カピタニオ女子 → 聖カピタニオ女子

注目は、常盤木学園vs日ノ本学園。
インターハイ決勝の再現ですが、
実力は常盤木の方が上だと思います。特に攻撃力が。
日ノ本としてはディフェンス重視で常盤木の攻撃力を封じ、
なんとか勝機を見出したいところです。

●1/5追記

ベスト4は、
常盤木学園,十文字,星槎国際湘南,東海大付属福岡。
予想的中率は3/4。
東海大福岡がここまで強いとは(^^;

準決勝の予想です。

①常盤木学園vs十文字 → 常盤木学園
②星槎国際湘南vs東海大付属福岡 → 星槎国際湘南

第1試合は、十文字も強いですが、
今年の常盤木学園はそのさらに上だと思います。
第2試合は、星槎国際湘南の方が実力上位でしょう。

●1/7追記

決勝進出は常盤木学園と星槎国際湘南。
予想通りでした。
どちらも危なげのない勝利でしたね。

常盤木には十文字でも歯が立たず・・・。
まぁ常盤木は十文字より実力上位の
藤枝順心や日ノ本に勝っているんで、
当然と言えば当然なんですけどね。

ということで、
決勝戦予想は常盤木学園の勝利!

星槎国際湘南は初戦の強豪・大商学園に大勝して
勢いに乗っているのはありますが、
常盤木との実力差はかなり大きいと思います。
もしも勝てたら大金星です(^^)

●1/13追記

星槎国際湘南が1-0で常盤木学園に勝利!
創部5年目で初優勝です!
予想は盛大に外れました(^^;

しかし星槎国際湘南がここまで強いとは・・・。
初戦で関西王者の大商学園に4-1で勝ったのは、
実力だったっていうことですね。
5年間の英才教育で一気に全国の頂点へ。
本当に指導者次第なんだなと思います。

常盤木は敗れはしましたが、
インターハイ優勝に続いての準優勝。
強豪復活を強く印象づけました。

全国トップクラスの実力が年々上昇して、
強豪校の力の差がなくなってきていますね。
予想するのは難しくなりますけど(^^;
見ていて面白い試合が増えたと思います(^^)

目次に戻る

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。