クイーンズ駅伝2022出場チーム一覧と結果予想!

駅伝 駅伝

第42回 全日本実業団対抗女子駅伝競走大会
(クイーンズ駅伝2022)の
出場チーム一覧と結果予想です!

競技日程:2022/11/27

↓前回分はこちら↓
クイーンズ駅伝2021出場チーム一覧と結果予想!

公式サイト

クイーンズ駅伝2022
…クイーンズ駅伝 in 宮城の公式サイトです。

日本実業団陸上競技連合
…実業団の公式サイト。
ページ右側の「クイーンズ女子駅伝」
「プリンセス駅伝」から
歴代記録や予選会の結果確認ができます。

クイーンズ駅伝2022 出場チーム一覧

出場24チームの一覧です。

前回大会上位8チーム+
予選会上位16チームが出場します。

予選会は「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」
(第8回 全日本実業団対抗女子駅伝競走大会
予選会)で、2022/10/23に開催されました。

リンク先は実業団の陸上競技部等の
公式サイトです。

・クイーンズ8(前回上位8チーム)
積水化学(東日本)
資生堂(東日本)
デンソー(中部)
JP日本郵政グループ(東日本)
ダイハツ(関西)
ヤマダホールディングス(東日本)
ユニバーサルエンターテインメント(東日本)
ワコール(関西)

・予選会(プリンセス駅伝)上位16チーム
パナソニック(東日本)
九電工(九州)
天満屋(中国)
第一生命グループ(東日本)
ダイソー(中国)
三井住友海上(東日本)
岩谷産業(関西)
大塚製薬(関西)
ユニクロ(東日本)
エディオン(中国)
スターツ(東日本)
豊田自動織機(中部)
ルートインホテルズ(東日本)
しまむら(東日本)
日立(東日本)
肥後銀行(九州)

クイーンズ駅伝2022 結果予想

最近3年間のクイーンズ駅伝上位4チームです。

・2019年
①JP日本郵政グループ②ダイハツ
③パナソニック④天満屋
・2020年
①JP日本郵政グループ②積水化学
③豊田自動織機④ワコール
・2021年
①積水化学②資生堂
③デンソー④JP日本郵政グループ

今シーズンは有力選手の移籍がありました。
一山選手がワコールから資生堂へ、
鍋島選手が日本郵政から積水化学へ。
どちらも驚きましたね。
鍋島選手はキャプテンとして
チームを引っ張っていましたし、
一山選手の場合は監督も一緒に移籍したようで。
まぁ色々な事情があるんでしょうね~。

さて今年のクイーンズ駅伝ですが、
昨年は積水化学が2:13:03の大会新記録で初優勝。
今年も優勝タイムは2時間13分台、
もしかしたら12分台に突入するぐらいの
高速レースになるのではと予想します。
そのタイムで走る力があるのは、
積水化学・資生堂・JP日本郵政の3チームで、
追うのがデンソーとダイハツかなと思います。

優勝候補筆頭は積水化学でしょう。
去年は新谷・佐藤・卜部の3選手が速すぎました。
新加入の鍋島選手が万全の状態であれば、
大会記録をさらに更新する力があると思います。
資生堂も一山選手が加入しましたし、
積水化学に匹敵するチーム力があると思います。
日本郵政は鈴木・廣中選手以外の
若手の成長がカギになってくると思います。

シード権争いの方は、クイーンズ8に加えて、
プリンセス駅伝1~4位の
パナソニック・九電工・天満屋・第一生命、
そして田中希実選手が加入した豊田自動織機、
この辺りの争いになってくると思います。
田中選手が出場するのなら、
どの区間をどんな風に走るのか、要注目ですね。

関連記事/広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました