カテゴリー
TOP高校スポーツ»高校バスケ

高校バスケ2021インターハイ出場校一覧と結果予想!

令和3年度全国高等学校総合体育大会
(高校総体/インターハイ2021)
バスケットボール競技大会の
出場校一覧と結果予想です!

競技日程
男子:2021/7/25~7/30
女子:2021/8/10~8/15
組合せ抽選:2021/7/5

↓速報や結果確認はこちら↓
高校バスケ2021の速報や結果の確認方法は?
↓前回分はこちら↓
高校バスケ2019インターハイ出場校一覧と結果予想!

高校バスケ インターハイ2021
出場校一覧

男子の出場校は53校です。
※2校…北海道,東京都,神奈川県,愛知県,大阪府,
新潟県(開催地)
女子の出場校は51校です。
※2校…東京都,神奈川県,大阪府,新潟県(開催地)

リンク先はバスケットボール部やOB会等の
公式サイト,SNSです。
※公式サイト等がない場合は、高校の部活や
高校のトップページへのリンクになります。

北海道(予選最終日6/20)

①男子:白樺学園/女子:札幌山の手
②男子:駒澤大附属苫小牧

東北

青森県(予選最終日6/7)

男子:柴田学園/女子:柴田学園

岩手県(予選最終日5/30)

男子:盛岡市立/女子:盛岡白百合学園

宮城県(予選最終日6/7)

男子:仙台大附属明成/女子:聖和学園

秋田県(予選最終日6/8)

男子:能代科学技術/女子:湯沢翔北

山形県(予選最終日6/6)

男子:米沢中央/女子:山形市立商業

福島県(予選最終日6/15)

男子:福島東稜/女子:郡山商業

関東

茨城県(予選最終日6/27)

男子:つくば秀英/女子:下妻第一

栃木県(予選最終日6/27)

男子:宇都宮工業/女子:白鴎大足利

群馬県(予選最終日6/27)

男子:前橋育英/女子:市立前橋

埼玉県(予選最終日6/27)

男子:正智深谷/女子:埼玉栄

千葉県(予選最終日6/27)

男子:日本体育大柏/女子:昭和学院

東京都(予選最終日6/27)

①男子:実践学園/女子:明星学園
②男子:八王子学園八王子/女子:八雲学園

神奈川県(予選最終日6/27)

①男子:桐光学園/女子:鵠沼
②男子:法政大第二/女子:アレセイア湘南

山梨県(予選最終日6/27)

男子:東海大付属甲府/女子:韮崎

北信越

新潟県(予選最終日6/6)

①男子:帝京長岡/女子:開志国際
②男子:開志国際/女子:新潟中央

富山県(予選最終日6/6)

男子:高岡第一/女子:龍谷富山

石川県(予選最終日6/6)

男子:北陸学院/女子:鵬学園

福井県(予選最終日6/6)

男子:北陸/女子:足羽

長野県(予選最終日6/6)

男子:東海大付属諏訪/女子:東海大付属諏訪

東海

岐阜県(予選最終日5/30)

男子:富田/女子:岐阜女子

静岡県(予選最終日5/30)

男子:飛龍/女子:浜松開誠館

愛知県(予選最終日6/5)

①男子:中部大第一/女子:桜花学園
②男子:安城学園

三重県(予選最終日5/30)

男子:津工業/女子:四日市メリノール

近畿

滋賀県(予選最終日6/6)

男子:草津東/女子:草津東

京都府(予選最終日5/30)

男子:洛南/女子:京都精華学園

大阪府(予選最終日6/6)

①男子:近畿大附属/女子:大阪薫英女学院
②男子:大商学園/女子:大阪桐蔭

兵庫県(予選最終日6/6)

男子:報徳学園/女子:市立尼崎

奈良県(予選最終日6/5)

男子:奈良育英/女子:奈良文化

和歌山県(予選最終日6/8)

男子:和歌山南陵/女子:和歌山信愛

中国

鳥取県(予選最終日6/14)

男子:鳥取城北/女子:鳥取城北

島根県(予選最終日6/5)

男子:出雲北陵/女子:松徳学院

岡山県(予選最終日6/7)

男子:関西/女子:倉敷翠松

広島県(予選最終日6/6)

男子:呉港/女子:広島皆実

山口県(予選最終日6/6)

男子:高水/女子:徳山商工

四国

徳島県(予選最終日6/7)

男子:城東/女子:富岡東

香川県(予選最終日6/12)

男子:尽誠学園/女子:高松南

愛媛県(予選最終日6/7)

男子:新田/女子:聖カタリナ学園

高知県(予選最終日5/24)

男子:明徳義塾/女子:高知中央

九州

福岡県(予選最終日6/6)

男子:福岡大附属大濠/女子:福岡大附属若葉

佐賀県(予選最終日6/1)

男子:佐賀東/女子:佐賀北

長崎県(予選最終日6/8)

男子:西海学園/女子:鎮西学院

熊本県(予選最終日6/6)

男子:九州学院/女子:熊本商業

大分県(予選最終日6/6)

男子:柳ヶ浦/女子:明豊

宮崎県(予選最終日6/10)

男子:小林/女子:小林

鹿児島県(予選最終日6/1)

男子:川内/女子:鹿屋女子

沖縄県(予選最終日6/1)

男子:豊見城/女子:小禄

高校バスケ インターハイ2021
結果予想

男子

最近3年間のインターハイとウインターカップの
上位4強です。
<インターハイ>
・2018年度
①開志国際(新潟),②中部大第一(愛知),
③明成(宮城),東海大付属諏訪(長野)
・2019年度
①福岡第一(福岡),②北陸(福井),
③開志国際(新潟),報徳学園(兵庫)
・2020年度…中止
<ウインターカップ>
・2018年度
①福岡第一(福岡),②中部大第一(愛知),
③桜丘(愛知),④帝京長岡(新潟)
・2019年度
①福岡第一(福岡),②福岡大附属大濠(福岡),
③東山(京都),北陸(福井)
・2020年度
①仙台大附属明成(宮城),②東山(東山),
③北陸(福井),洛南(京都)

●2021/6/27

出場校が出そろいました。
福岡は大濠、京都は洛南ですね~。
優勝争いはこの2校に加えて、
ウインターカップ王者の明成、4強の北陸、
そして新潟勢が中心になりそうかなと思います。

●2021/7/5

組合せが決まりました。
洛南・仙台大明成・帝京長岡・中部大第一が
シード校ですね。

まずは1,2回戦と各ブロックごとの予想です。

①洛南,高岡第一,つくば秀英 → 洛南
②東海大付属諏訪,城東,新田,福島東稜
→ 東海大付属諏訪
③福岡大附属大濠,能代科学技術,出雲北陵
→ 福岡大附属大濠
④実践学園,津工業,呉港 → 実践学園
⑤白樺学園,大商学園,桐光学園 → 桐光学園
⑥正智深谷,関西,北陸学院,宇都宮工業 → 北陸学院
⑦開志国際,九州学院,尽誠学園,草津東 → 開志国際
⑧佐賀東,日本体育大柏,中部大第一 → 中部大第一
⑨帝京長岡,富田,豊見城 → 帝京長岡
⑩盛岡市立,安城学園,柳ヶ浦,米沢中央 → 安城学園
⑪近畿大附属,東海大付属甲府,北陸 → 北陸
⑫和歌山南陵,高水,前橋育英 → 前橋育英
⑬明徳義塾,川内,八王子学園八王子
→ 八王子学園八王子
⑭飛龍,駒澤大附属苫小牧,柴田学園 → 飛龍
⑮奈良育英,法政大第二,小林,報徳学園 → 報徳学園
⑯鳥取城北,西海学園,仙台大附属明成
→ 仙台大附属明成

・①~④ブロック
シード漏れの福岡大大濠が
このブロックに入りました。
第1シードの洛南にとっては
厳しいブロックになりましたね。
順当にいけばこの2校がベスト8で
顔を合わせると思います。

・⑤~⑧ブロック
第4シードの中部大第一と
前々回優勝&前回ベスト4の開志国際が
順当なら3回戦で顔を合わせそうです。
勝者がベスト4まで勝ち進むと予想します。

・⑨~⑫ブロック
第3シードの帝京長岡と
全国で毎回上位の成績を残す北陸が
ベスト8でぶつかりそうかなと思います。

・⑬~⑯ブロック
第2シードの仙台大明成が
頭一つ以上リードしていると思います。

●2021/7/26

1,2回戦が終了。予想的中率は14/16でした。
まず、実践学園と近大附属がコロナで出場辞退。
仕方がないとはいえ残念ですね。。
試合の方は、強豪校が勝ち進んでいます。
中でも中部大第一は2回戦唯一の100点ゲーム。
前評判通りの攻撃力の高さですね~。
敗退した高校の中で印象に残ったのが、
和歌山南陵。初戦は100点取って勝って、
2回戦は強豪の前橋育英に1点差の惜敗。
創部が2020年4月でこの強さということは、
近い将来、早ければ来年にでも、
全国で優勝争いをするチームになるかも。
今後が楽しみなチームですね。

それでは、3回戦の予想です。

①洛南vs東海大付属諏訪 → 洛南
②福岡大附属大濠vs津工業 → 福岡大附属大濠
③桐光学園vs北陸学院 → 北陸学院
④開志国際vs中部大第一 → 中部大第一
⑤帝京長岡vs柳ヶ浦 → 帝京長岡
⑥北陸vs前橋育英 → 北陸
⑦八王子学園八王子vs飛龍 → 八王子学園八王子
⑧報徳学園vs仙台大附属明成 → 仙台大附属明成

一番の注目は、3年前の決勝の再現となる
開志国際vs中部大第一でしょう。
あの時は開志国際が初優勝を飾りましたが、
今大会での前評判は中部大第一が上。
中部大第一が優位と予想しますが、
どんな試合になるのか楽しみですね。
ウインターカップ王者の明成に
前回ベスト4の報徳が挑む試合も楽しみです。

●2021/7/27

3回戦が終了。予想的中率は5/8でした。
まず、北陸がコロナのために出場辞退。
これで3校目。辞退が続きますね・・・。
試合の方は、第1シードの洛南が東海大諏訪に
60-63で敗退。ベスト8までは勝ち進むと
思っていましたが、ここで姿を消しました。
東海大諏訪は連日の接戦に勝利。粘り強いです。
他のシード校は、88-76で開志国際を退けた
中部大第一をはじめ、勝ち進んでいます。

それでは、準々決勝の予想です。

①東海大付属諏訪vs福岡大附属大濠
→ 福岡大附属大濠
②北陸学院vs中部大第一 → 中部大第一
③帝京長岡vs前橋育英 → 帝京長岡
④飛龍vs仙台大附属明成 → 仙台大附属明成

大濠・中部・長岡・明成、
実力的にはこの4校が上位だと思います。
まずは4試合とも無事に行われますように。。

●2021/7/28

今日の試合からU19選抜の4選手が
福岡大大濠と仙台大明成に2人ずつ合流。
各チームベストメンバーとなりました。
そして、前評判の高かった4校がベスト4進出。
帝京長岡もここまでの勝ち上がりは
やや物足りない内容だと感じていましたが、
今日の試合は相手を圧倒しましたね。
4校ともいいチーム状態だと思います。
いよいよ優勝候補同士の直接対決が始まります!

それでは準決勝の予想ですが、
非常に難しいですね(^^;

①福岡大附属大濠vs中部大第一 → 福岡大附属大濠
②帝京長岡vs仙台大附属明成 → 仙台大附属明成

本来なら、U19に大学生と共に
選ばれる選手が2人いる
福岡大大濠と仙台大明成の方が、
中部大第一と帝京長岡よりも
チーム力はやや上かなと思います。
ただ、U19に選ばれた4選手は
長期間チームから離れていて、
しかも隔離生活中はシュート練習が
出来ていないみたいなので、
そこが不安要素だと思います。

それでも、福岡大大濠と仙台大明成は
全国での経験も豊富ですし、
やや優位と予想はしますが、
中部大第一と帝京長岡も本当に強いので、
やってみないと分からないというのが
正直なところ(^^;
いずれにしても、2試合とも
すごい試合を期待したいです(^^)

●2021/7/29

準決勝第1試合は、
中部大第一が83-69で福岡大大濠に勝利。
準決勝第2試合は、
帝京長岡が75-73で仙台大明成に勝利。
中部大第一と帝京長岡が決勝進出です!

中部大第一は中盤以降、
福岡大大濠を常に10点前後リードする展開。
差が詰まりそうかなという時間もありましたが、
福岡大大濠は点差を詰め切れなかったですね。
中部大第一にとっては
理想的な試合運びだったと思います。

帝京長岡vs仙台大明成は
最終盤までシーソーゲームが続きましたが、
残り1分を切って帝京長岡が3ポイントを
決めて逆転。そのまま逃げ切りました。
こちらはどちらが勝ってもおかしくない
試合だったと思います。

福岡大大濠と仙台大明成は、
U19選抜の選手が2人ずつ長期間離脱した
影響もあったと思います。
準々決勝から合流しましたけど、
それまで2人がいない戦い方をしてきたわけで、
それをいきなり変えるのも難しいですよね。
冬、完全版の大濠&明成を楽しみにしたいです。

明日の決勝は、中部大第一vs帝京長岡。
どちらが勝っても初優勝ですよね。
実力は本当に拮抗していると思いますが、
予想するなら、中部大第一がやや優位かなと。
準決勝では、福岡大大濠に
追い上げられたんじゃなくて、
追い上げを許さなかったですからね。
チーム力が本当に高いと思います。
でも帝京長岡も強いチームですし、
しかも地元新潟の開催ですからね~。
これは本当に予想が難しいです(^^;
決勝にふさわしい熱戦を期待します!

●2021/7/30

中部大第一が54-37で帝京長岡に勝利!
初優勝を飾りました。
前半を終えて中部大第一の24-23と
ほぼ互角の展開でしたが、
後半は30-14とダブルスコア。
第3クォーターの18-6が大きかったですね。

中部大第一は昨年のウインターカップでは、
2年生中心のチームで初戦敗退でしたが、
あの時のメンバーが3年生になって全国制覇。
悔しい経験が生きていると思います。
今大会の中部大第一は、
開志国際、福岡大大濠、帝京長岡と
強豪との対戦が続きましたが、
最後までもつれる展開になることはなく、
全て10点以上のリードを保って試合終了。
第4クォーターでも運動量が落ちない、
本当に強いチームだったと思います。

帝京長岡は前半はよく頑張りましたけど、
後半に差が開きましたね。
優勝には一歩届きませんでしたが、
初めての決勝進出の経験を、
今度は全国制覇につなげてほしいですね。
帝京長岡で印象に残ったのは、
やっぱり昨日の明成に勝った試合です。
特に明成のゾーンディフェンスをこじ開けた
3ポイントシュートはしびれました(^^)

2年ぶりのインターハイでしたが、
大会終盤は強豪校同士の
直接対決が続きましたし、
見ごたえのある大会だったと思います。
ただ、3校が出場辞退になったことは残念です。。

女子

最近3年間のインターハイとウインターカップの
上位4強です。
<インターハイ>
・2018年度
①桜花学園(愛知),②岐阜女子(岐阜),
③県立四日市商業(三重),大阪桐蔭(大阪)
・2019年度
①桜花学園(愛知),②岐阜女子(岐阜),
③大阪桐蔭(大阪),大阪薫英女学院(大阪)
・2020年度…中止
<ウインターカップ>
・2018年度
①岐阜女子(岐阜),②大阪薫英女学院(大阪),
③昭和学院(千葉),④津幡(石川)
・2019年度
①桜花学園(愛知),②岐阜女子(岐阜),
③大阪薫英女学院(大阪),京都精華学園(京都)
・2020年度
①桜花学園(愛知),②東京成徳大高(東京),
③高知中央(高知),札幌山の手(北海道)

●2021/6/27

出場校が出そろいました。
優勝候補筆頭は桜花学園でしょう。
去年のウインターカップも圧倒的でしたし、
頭一つ抜けた存在かなと思います。
追いかけるのはライバルの岐阜女、
そして昭和学院や大阪薫英でしょうか。
去年のウインターカップで躍進した
高知中央と札幌山の手も楽しみですね。

●2021/7/5

組合せが決まりました。
岐阜女子・明星学園・札幌山の手・高知中央が
シード校ですね。

まずは1,2回戦と各ブロックごとの予想です。

①岐阜女子,白鴎大足利,鎮西学院 → 岐阜女子
②市立尼崎,明豊,湯沢翔北,八雲学園 → 八雲学園
③盛岡白百合学園,東海大付属諏訪,小林 → 小林
④アレセイア湘南,小禄,開志国際 → 開志国際
⑤徳山商工,山形市立商業,奈良文化 → 徳山商工
⑥草津東,埼玉栄,柴田学園 → 埼玉栄
⑦昭和学院,松徳学院,高松南 → 昭和学院
⑧大阪薫英女学院,龍谷富山,高知中央
→ 大阪薫英女学院
⑨札幌山の手,大阪桐蔭,鳥取城北 → 札幌山の手
⑩足羽,和歌山信愛,韮崎,聖カタリナ学園
→ 聖カタリナ学園
⑪桜花学園,郡山商業,新潟中央 → 桜花学園
⑫倉敷翠松,四日市メリノール,福岡大附属若葉
→ 四日市メリノール
⑬京都精華学園,鵠沼,浜松開誠館 → 京都精華学園
⑭富岡東,鵬学園,市立前橋 → 鵬学園
⑮熊本商業,下妻第一,鹿屋女子,広島皆実
→ 下妻第一
⑯聖和学園,佐賀北,明星学園 → 明星学園

・①~④ブロック
第1シードの岐阜女子が
頭一つリードだと思います。
追うのは八雲学園と開志国際でしょうか。

・⑤~⑧ブロック
第4シードの高知中央ですが、
大阪薫英や昭和学院のいる
厳しいブロックですね。
この3校の争いになると思います。

・⑨~⑫ブロック
シード漏れの女王・桜花学園が
ここに入りました。大阪桐蔭もいますし、
第3シードの札幌山の手にとっては
厳しいブロックになりましたね。
桜花の状態が悪くなければ
桜花が勝ち進むと予想します。

・⑬~⑯ブロック
第2シードの明星学園と京都精華学園が
2強かなと思います。順当にいけばこの2校が
ベスト8で対戦だと思います。

●2021/8/11

1,2回戦が終了。予想的中率は13/16でした。
有力校は概ね勝ち進んでいますが、
第4シード高知中央が大阪薫英に54-86で敗北。
どちらが勝つにしても
もっと競るかなと思っていましたけど、
薫英の状態がよさそうですね。

それでは3回戦の予想です。

①岐阜女子vs八雲学園 → 岐阜女子
②小林vs開志国際 → 開志国際
③徳山商工vs柴田学園 → 柴田学園
④昭和学院vs大阪薫英女学院 → 大阪薫英女学院
⑤札幌山の手vs聖カタリナ学園 → 札幌山の手
⑥桜花学園vs福岡大附属若葉 → 桜花学園
⑦京都精華学園vs鵬学園 → 京都精華学園
⑧熊本商業vs明星学園 → 明星学園

注目カードは昭和学院vs大阪薫英でしょう。
昨日なら昭和の勝利と予想しましたが、
今日、薫英が高知中央を圧倒したので、
薫英勝利と予想します(^^)
どちらにしても、実力校同士の熱戦が
期待できそうですね。

●2021/8/12

3回戦が終了。予想的中率は7/8でした。
昭和vs大阪薫英は88-63で薫英の勝利。
昭和を相手に終始優位に試合を展開。
やはり薫英は状態がいいですね。
また、第3シード札幌山の手が聖カタリナに
69-74で惜敗。昨日の高知中央と同様、
ウインターカップに続く
上位進出はなりませんでした。
冬の巻き返しに期待したいですね。

それでは準々決勝の予想です。

①岐阜女子vs開志国際 → 岐阜女子
②柴田学園vs大阪薫英女学院 → 大阪薫英女学院
③聖カタリナ学園vs桜花学園 → 桜花学園
④京都精華学園vs明星学園 → 京都精華学園

①第1シードの岐阜女子ですが、
昨日のスコアが75-51で今日は72-61。
元々大差で勝つチームではないですが、
もう少し点差がついてもと思います。
地元・開志国際はこの準々決勝に
照準を合わせてきたはずなので、
番狂わせがあるのか、注目したいです。

②③は柴田と聖カタリナもいい状態ですが、
さすがに薫英と桜花の壁は高いでしょう。

④は春の近畿大会と関東大会の王者対決。
準々決勝一番の注目カードだと思います。
どちらも高身長の留学生が2人いますが、
明星は3年生が中心のチームで
京都精華は下級生も多いチーム。
大会前なら明星の勝利と予想しましたが、
今日の試合、明星は第3Qを13-23で
落としています。大差がついた第4Qなら
まだ分かるんですが、少し不安なところです。
今日の試合の内容と、今大会好調な薫英に
近畿大会で勝っていることを踏まえて、
京都精華が若干優位かなと予想します。

●2021/8/13

準々決勝が終了しました。
桜花と薫英は圧勝。岐阜女は守り勝ち。
京都精華vs明星は第3Qまでは
京都精華がややリードする展開。
明星が第4Qに入って逆転しますが
留学生が痛恨の退場。高さがなくなった
明星を再逆転した京都精華が
そのままリードを広げて76-60で勝利です。
留学生の退場がなければ
明星が勝っていたかもしれませんね。
実力校同士の白熱した試合だったと思います。

それでは準決勝の予想です。

①岐阜女子vs大阪薫英女学院 → 岐阜女子
②桜花学園vs京都精華学園 → 桜花学園

どちらも東海vs関西という形になりました。
予想としては、第1シードの岐阜女と
前回優勝の桜花が優勢と見ますが、
今大会の薫英と京都精華は強いですからね。
2試合とも楽しみです(^^)

試合のポイントとしては、
薫英が岐阜女の固すぎる守備を突破できるか、
京都精華が桜花の圧倒的な攻撃を止められるか、
そこになってくると思います。

岐阜女はロースコアのリードを
守り切るチームだと思うので、
薫英としてはまずリードを奪って
岐阜女のペースを崩したいですね。
岐阜女の留学生の高さに、
高さで劣る薫英がどう対処するのか、
注目したいです。

桜花はここまで全試合ダブルスコアで圧勝。
圧倒的な攻撃力を誇りますが、そのために
接戦の経験がほとんどないんですよね。
なので東海大会決勝のように接戦になれば
もろさも出てくると思います。
京都精華としては、まずはディフェンス重視で
桜花に食らいついていって、
東海大会決勝の岐阜女のように
終盤の接戦勝負に持ち込みたいですね。

●2021/8/14

準決勝はどちらも最後まで
手に汗握る大接戦となりましたが、
大阪薫英女学院と桜花学園が決勝進出です。

岐阜女vs薫英は、
薫英がいきなりリードを奪う展開。
今大会薫英が見せている序盤からの
スピードに乗った速攻攻撃は見事ですね。
しかし、さすがに第1シードの岐阜女。
じわじわ追い上げ第3Qで逆転して
岐阜女の5点リードで第4Qへ。
一進一退の攻防が続きましたが、
岐阜女が56-54のリードで残り1分を切り、
そこで薫英の3ポイントが決まり逆転。
そのまま逃げ切った薫英が57-56で勝利です。

桜花vs京都精華は、
最初から最後まで一進一退の大激戦。
第4Qも残り1分を切って
京都精華が63-63の同点に追いつきますが、
ラスト2秒、桜花のシュートが決まって
66-63で桜花の勝利。
最後は常勝軍団の絶対エースの意地ですね。
京都精華は女王相手に全くの互角でした。
しかも1年生がチームの中心で。
末恐ろしいです(^^)

ということで決勝は、
大阪薫英女学院vs桜花学園。
快進撃を続ける大阪薫英が
女王・桜花に挑む形となりました。
予想としては高さで勝る桜花が優位と見ます。
が、今日のような熱戦を期待したいです!

●2021/8/15

桜花学園が94-65で大阪薫英女学院に勝利。
3大会連続25回目のインターハイ制覇です。

薫英は昨日の準決勝では開始直後に
12-1と岐阜女をリードしましたが、
今日は逆に桜花が薫英を8-0とリード。
強豪校を次々と撃破する原動力となった
薫英の開始直後の速攻攻撃ですが、
桜花には止められました。
さすがは女王、対応しますよね~。
そしてその時点で、ほぼ勝負あり。
桜花相手にリードされる展開になると、
どんなチームでも厳しいです。
序盤はまだ薫英が粘っていましたが、
第2Q中盤以降は点差が拡大。
女王・桜花の試合でした。

薫英は今日は負けましたけど、
有力校の高知中央・昭和学院・岐阜女子を
相手に高さがないのにスピードをいかした
バスケで決勝まで進出。
大会を大いに盛り上げてくれたと思います。

そして桜花。東海大会で岐阜女に負けて
今年はどうかなと思っていましたが、
やっぱり強かったです。
ただ、準決勝で京都精華とほぼ互角でしたし、
その京都精華も準々決勝で明星とほぼ互角。
岐阜女も含めて、
ほとんど実力差はないように感じます。
しかも、明星は指導者が代わって1年目ですし、
京都精華なんて1年生が中心のチーム。
女子も高校バスケ戦国時代到来の予感(^^)

最後に個人的な大会ベスト5を。
・桜花と岐阜女のエース
・薫英の2年生キャプテン
・京都精華の1年生コンビ
この5人です(^^)
特に京都精華の留学生を加えた1年生トリオは
今後3年間、他校の脅威になりそうですね。

関連記事/広告

「高校バスケ2021インターハイ出場校一覧と結果予想!」への24件の返信

柴田学園は去年から主力がほぼ変わってないので、もしかしたら徳山商工を喰う可能性大。昭和学院は留学生の貢献次第。山の手は練習試合含め2敗しているがウィンター3位の立役者2年コンビが健在。ジャイアントキリングはあるとしたら左のブロックだろう。

コメントありがとうございます。
徳山vs柴田は2回戦の内容では
柴田の方がよかったかなと思います。
昭和vs薫英は楽しみな試合ですね~。
山の手は不安定さはありますが
3回戦は突破できるのではと思います。

個人的には中部大第一優勢だと思いますが
両者ともこれが練習試合や交流戦含め3度目の対戦らしいですので
帝京長岡がDFでそろそろ掴んでもおかしくないかもしれませんね。

3月時点では30点差で中部大第一、5月遠征では帝京長岡が勝った
(両チームのOBさん情報ですが真偽は不明です)
そうなので、今度はどちらに転ぶか楽しみです

コメントありがとうございます。
そうですね。戦力的には中部大第一が
やや上かなと思いますが、
帝京長岡も明成との激戦に勝って
勢いもあるでしょうし、
どんな試合になるのか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないと投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)