カテゴリー
TOP大学スポーツ»大学サッカー

第29回大学女子サッカー選手権出場校一覧と結果予想!

第29回全日本大学女子サッカー選手権大会の
出場校一覧と結果予想です!

競技日程:2020/12/24~2021/1/6
組合せ抽選:2020/11/24

公式サイト

主な関係団体の公式サイトです。
結果や速報の確認もできますよ。

全日本大学女子サッカー選手権大会

全日本大学女子サッカー連盟

北海道サッカー協会 大会情報 女子/レディース&ガールズ
東北サッカー協会 大会・試合情報 女子
関東大学女子サッカー連盟
北信越サッカー協会 LADIES&GIRLS 全日本大学女子選手権
東海サッカー協会 大会・講習会等日程
関西学生女子サッカー連盟
中国サッカー協会 女子委員会
四国サッカー協会 女子委員会
九州サッカー協会 女子 大会情報

第29回全日本大学女子サッカー選手権大会
出場校一覧

出場24校の一覧です。

リンク先はサッカー部等の公式サイトです。

北海道

札幌大学

※予選申込1校のみ

東北

仙台大学
八戸学院大学

※予選最終日10/31

関東

早稲田大学
筑波大学
東洋大学
帝京平成大学
山梨学院大学
日本体育大学
大東文化大学

※予選最終日11/8

北信越

新潟医療福祉大学
北陸大学

※予選最終日10/4

東海

中京大学
静岡産業大学

※予選最終日11/15

関西

武庫川女子大学
明治国際医療大学
姫路獨協大学
聖泉大学

※予選最終日11/中旬

中国

徳山大学
吉備国際大学

※予選最終日11/8

四国

四国大学
徳島文理大学

※予選最終日10/3

九州

福岡大学
佐賀大学

※予選最終日11/16

第29回全日本大学女子サッカー選手権大会
結果予想

最近3年間のインカレ上位4校です。

・2017年度
①早稲田(関東2/東京)
②神奈川(関東5/神奈川)
③大阪体育(関西1/大阪)
④東洋(関東3/群馬)
・2018年度
①日本体育(関東3/神奈川)
②早稲田(関東2/東京)
③帝京平成(関東1/千葉)
③姫路獨協(関西1/兵庫)
・2019年度
①日本体育(関東6/神奈川)
②早稲田(関東2/東京)
③帝京平成(関東1/千葉)
③大阪体育(関西1/大阪)

2年連続でベスト4がほぼ同じ顔触れ
(日体大・早稲田・帝京平成・関西1位)でした。
帝京平成と早稲田には日体大の壁、
関西勢には早稲田の壁ですね。

帝京平成は2年連続で関東1位なんですが、
日体大に準決勝で勝てないんですよね~。
ここを乗り越えれば、
初優勝も見えてくるんですが。

全体的には、今年も関東上位と関西1位が、
選手権で上位を争うことになるかなと思います。

●2020/11/24

組合せが決まりました。
まずは1,2回戦の予想です。

①早稲田,大東文化,北陸 → 早稲田
②聖泉,四国,徳山 → 徳山
③山梨学院,札幌,静岡産業 → 山梨学院
④八戸学院,福岡,武庫川女子 → 武庫川女子
⑤東洋,明治国際医療,佐賀 → 東洋
⑥徳島文理,吉備国際,帝京平成 → 帝京平成
⑦中京,姫路獨協,新潟医療福祉 → 中京
⑧仙台,日本体育,筑波 → 筑波

2連覇中の日体大が関東6位ということで、
去年と同様シード漏れ。
どこに入るか注目でしたが、
第2シード筑波のところに入りました。
対決することになれば、
2回戦最大の注目カードになりそうです!

●2020/12/26

1,2回戦が終了。ベスト8が出そろいました。

関東1位の早稲田や関西1位の武庫川女子など、
シード8校のうち6校が初戦で姿を消しました。
波乱の展開と言えるのではないでしょうか。
予想の方も的中率は2/8と大外れです(^^;
そんな中、3連覇を狙う日体大は第2シードの
筑波に勝利。今年も状態は良さそうです。

それでは、準々決勝の予想です。

①大東文化vs聖泉 → 大東文化
②静岡産業vs福岡 → 静岡産業
③東洋vs帝京平成 → 東洋
④新潟医療福祉vs日本体育 → 日本体育

なかなか予想が難しいですね~。
状態が良いのは東洋と日体大かなと思います。

●2020/12/28

帝京平成が東洋に1-0で勝利。
その他の3試合は全てPK戦。
実力が拮抗しているようですね。

準決勝の予想です。

①大東文化vs静岡産業 → 大東文化
②帝京平成vs日本体育 → 日本体育

早稲田に勝った大東文化と
3連覇を狙う日体大が優位かなと予想します。
ただ今日の試合を見る限り、どこが決勝に
進んでもおかしくないと思います。
日体大と帝京平成は
3年連続で準決勝での顔合わせになります。
帝京平成としては意地を見せたいですね。

●2021/1/4

静岡産業が大東文化に2-1で勝利。
1-0で静岡産業がリードの後半、
大東文化が追い付いた直後に
静岡産業が再び勝ち越し。
試合の流れが大東文化に行きませんでした。

帝京平成は2-0で日体大に勝利。
ずっと0-0の展開でしたが、
後半30分を過ぎてから帝京平成が
立て続けに2得点で勝負あり。
2年連続で準決勝で負けていた日体大に
雪辱を果たしました。

ということで決勝は、静岡産業vs帝京平成。
この顔合わせは完全に予想外です(^^;
どちらも初の決勝進出ですよね~。
これまでの最高成績がベスト8の静岡産業に対し、
帝京平成は2年連続でベスト4。
3連覇を狙った日体大にも勝ちましたし、
実力的には帝京平成の方が上だと思います。
静岡産業とすれば、
準決勝の大東文化戦のように、先制をして
自分たちのペースで試合をしたいですね。

●2021/1/6

帝京平成が1-0で静岡産業に勝利。
悲願の初優勝達成です。
近年の帝京平成は、
関東1位でインカレに出場するも
日体大に敗れるというパターンでしたが、
今回は因縁の日体大にも勝って、
ようやく頂点に辿り着きました。
おめでとうございます!

静岡産業も敗れはしましたが、
準優勝は胸を張っていいでしょう。
今日の試合も終盤まで0-0でしたし、
かなり力をつけていると思います。
来シーズンは追われる立場になって
大変かもしれないですね~。

関連記事/広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないと投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)