ワールドマラソンメジャーズ世界6大大会の一覧です!

マラソン
Pocket

スポンサードリンク

ワールドマラソンメジャーズとは

ワールドマラソンメジャーズ
(World Marathon Majors=WMM)は、
2006年に始まったマラソンの世界シリーズです。

2015年から、
アメリカの製薬会社アボット・ラボラトリーズが
タイトルスポンサーになったので、
現在の正式名称は
アボット・ワールドマラソンメジャーズ
(Abbott World Marathon Majors=AWMM)です。

対象となるレースは、
・東京マラソン(TOK/3月)
・ボストンマラソン(BOS/4月)
・ロンドンマラソン(LON/4月)
・ベルリンマラソン(BER/9月)
・シカゴマラソン(CHI/10月)
・ニューヨークシティマラソン(NYC/11月)
の世界6大マラソン大会と、
・世界陸上競技選手権大会(WCM/2年に1回)
・オリンピック(OLY/4年に1回)
です。

各レースで5位以内に入ると、
・1位:25ポイント
・2位:16ポイント
・3位:9ポイント
・4位:4ポイント
・5位:1ポイント
が与えられます。
選手たちはシリーズごとの総合ポイントを競い合い、
優勝者には賞金50万ドルが贈られます。

近年のシリーズは以下の通りです。
・シリーズ11:2017年4月ロンドン~2018年4月ロンドン
・シリーズ12:2018年9月ベルリン~2019年9月ベルリン
・シリーズ13:2019年10月シカゴ~2020年10月シカゴ
・シリーズ14:2020年11月ニューヨーク~2021年11月ニューヨーク
・シリーズ15:2022年東京3月~2023年東京3月

では、毎年行われるレースの概要です。

世界6大マラソン大会

東京マラソン

・英名:Tokyo Marathon
・開催国:日本
・開催日:3月
・開始年:2007年
・最高記録男子:2:03:58
(ウィルソン・キプサング・キプロティチ/ケニア/2017年)
・最高記録女子:2:19:47
(サラ・チェプチルチル/ケニア/2017年)

ワールドマラソンメジャーズに
途中参入(2013年)した、唯一のレースです。

当初は、東京都庁がスタートで
東京ビッグサイトがゴールでしたが、
2017年からゴールが東京駅前に変更されました。
また、2019年以降、それまでの2月開催から
3月開催に変更されました。

2017年の男女優勝者のタイムは、
どちらも日本国内レースの歴代最高記録(2019年11月現在)です。

日本人の優勝者は
・新谷仁美(2007年/女子)
・那須川瑞穂(2009年/女子)
・藤原正和(2010年/男子)
・樋口紀子(2011年/女子)
の各選手です。

ボストンマラソン

・英名:Boston Marathon
・開催国:アメリカ
・開催日:4月第3月曜日
・開始年:1897年
・最高記録男子:2:03:02
(ジョフリー・ムタイ/ケニア/2011年)
・最高記録女子:2:19:59
(ブズネシュ・デバ/エチオピア/2014年)

1896年の近代オリンピック第1回大会の翌年に始まった、
世界で最も歴史が長いマラソン大会です。
マラソンへの女子の参加が正式に認められたのも、
1972年のこの大会が初めてでした。

ホプキントンからボストンまでの
8つの街を駆け抜ける片道のコースで、
折り返し地点はありません。
全体的に下り坂が多いですが、
終盤にハート・ブレイク・ヒル(心臓破りの丘)が
待ち構える難コースです。

日本人の優勝者は
・田中茂樹(1951年/男子)
・山田敬蔵(1953年/男子)
・浜村秀雄(1955年/男子)
・重松森雄(1965年/男子)
・君原健二(1966年/男子)
・采谷義秋(1969年/男子)
・瀬古利彦(1981,87年/男子)
・川内優輝 (2018年/男子)
の各選手です。

ロンドンマラソン

・英名:Virgin Money London Marathon
・開催国:イギリス
・開催日:4月
・開始年:1981年
・最高記録男子:2:02:37
(エリウド・キプチョゲ/ケニア/2019年)
・最高記録女子(女子単独):2:17:01
(メアリー・ケイタニー/ケニア/2017年)
・最高記録女子(男女混合):2:15:25
(ポーラ・ラドクリフ/イギリス/2003年)

グリニッジ・パークをスタートして、
バッキンガム宮殿近くのザ・マルでゴール。

ポーラ・ラドクリフ選手が
2003年に記録した2時間15分25秒は、
2019年10月のシカゴマラソンで塗り替えられるまで、
16年間も女子の世界記録でした。

日本人の優勝者は
・瀬古利彦(1986年/男子)
・谷口浩美(1987年/男子)
の各選手です。

ベルリンマラソン

・英名:BMW-BERLIN MARATHON
・開催国:ドイツ
・開催日:9月最終日曜日
・開始年:1974年
・最高記録男子:2:01:39
(エリウド・キプチョゲ/ケニア/2018年)
・最高記録女子:2:18:11
(グラディス・チェロノ/ケニア/2018年)

ジーゲスゾイル(勝利の塔)をスタートして、
ベルリンの壁などの名所を回り、
ブランデンブルグ門にゴールする周回コース。
高低差20メートルのフラットなコースなので、
高速レースになりやすいです。

日本人の優勝者は
・松尾和美(2000年/女子)
・高橋尚子(2001,02年/女子)
・橋本康子(2003年/女子)
・渋井陽子(2004年/女子)
・野口みずき(2005年/女子)
の各選手です。

高橋尚子選手が
2001年のレースで出した2時間19分46秒は、
当時の女子世界記録でした。

また、エリウド・キプチョゲ選手が
2018年のレースで出した2時間1分39秒は、
史上初めて2時間2分の壁を破った世界新記録で、
2019年11月現在でも世界最高記録です。

シカゴマラソン

・英名:Bank of America Chicago Marathon
・開催国:アメリカ
・開催日:10月第2日曜日
・開始年:1977年
・最高記録男子:2:03:45
(デニス・キメット/ケニア/2013年)
・最高記録女子:2:14:04
(ブリジット・コスゲイ/ケニア/2019年)

グランドパークがスタート&フィニッシュ地点で、
シカゴの美しい街並みを駆け抜けます。
全体的にフラットなコースなので、
記録が出やすいことで知られています。

ブリジット・コスゲイ選手が2019年に記録した
2時間14分4秒は、ポーラ・ラドクリフ選手の記録を
16年ぶりに更新する世界新記録です。

日本人では男子で、
瀬古利彦選手が1986年に優勝しています。

ニューヨークシティマラソン

・英名:TCS New York City Marathon
・開催国:アメリカ
・開催日:11月第1日曜日
・開始年:1970年
・最高記録男子:2:05:06
(ジョフリー・ムタイ/ケニア/2011年)
・最高記録女子:2:22:31
(マーガレット・オカヨ/ケニア/2002年)

スタッテン島をスタートして、
ニューヨーク市の全5区と5つの橋を渡り、
マンハッタン島セントラルパークがゴール。

世界中から集まるランナーは5万人以上、
沿道には200万人以上の観客が応援する、
世界最大規模のマラソン大会です。

日本人選手は優勝したことがありません。

目次に戻る

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。