東京マラソン2020に確実にエントリーする方法はあるの?

マラソン
Pocket

スポンサードリンク

最近の東京マラソン(公式サイト)は、
応募倍率が10倍を超えていて、すごい人気ですよね~。
普通に申し込んでも、なかなか当選できません。

でも、ほぼ確実に参加できる方法もあるんです!
これから紹介していきますね(^^)

エントリー方法一覧

東京マラソン2020へのエントリー方法は、
次の6種類です。

●2019/7/2スタート

①個人チャリティ
・期間:2019/7/2~7/8
・人数:3,700名(先着順)
・対象:個人で10万円以上寄付

②ONE TOKYOプレミアムメンバーエントリー
・期間:2019/7/2~7/19
・人数:3,000名(抽選)
・対象:ONE TOKYOプレミアムメンバー(年会費4,400円)

●2019/7/22スタート

③都民エントリー
・期間:2019/7/22~7/31
・人数:1,000名(抽選)
・対象:東京都居住者

④クラウドファンディング
・期間:2019/7/22~9/13
・人数:300名(寄付金額順)
・対象:クラウドファンディングで寄付金を集める

⑤アクティブチャリティ
・期間:2019/7/22~9/25
・人数:1,000名(先着順)
・対象:指定の寄付先に寄付する(個人も法人も可)

●2019/8/1スタート

⑥一般エントリー
・期間:2019/8/1~8/30

確実にエントリーするには

確実にエントリーできる方法は、
①個人チャリティだと思います。

①個人チャリティは先着順ですが、
エントリー初日に定員に達したことは
これまでにないので、
初日(2019年は7月2日)に10万円を寄付すれば、
確実にエントリーできると思います。

⑤アクティブチャリティも先着順なので、
エントリー初日に寄付をすれば、
ほぼ確実にエントリーできると思います。
ただ、①個人チャリティよりも定員が少なくて、
こちらは法人も寄付が可能なので、
①個人チャリティの方がおすすめです。
⑤アクティブチャリティは寄付金額も
20万円以上のようですし。

まとめ

10万円払えば確実にエントリーできると思いますが、
それは厳しいという方が多いと思います。
私もそうです(^^;

そういう場合は、4,400円の会費を払って
②ONE TOKYOプレミアムメンバーエントリーをする。
それで落選した場合は、⑥一般エントリーに望みを託す
という方法がいいかなと思います。

ちなみに例年の当選倍率は、
②ONE TOKYOプレミアムメンバーエントリーが9倍前後、
⑥一般エントリーが12倍前後のようです。

全ての抽選に外れたけど、
どうしても東京マラソンに参加したい!という方には、
ボランティアで参加するという方法もありますよ。

目次に戻る

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。