第73回大学バスケットボール選手権出場校一覧と結果予想

大学バスケ 大学バスケ

第73回全日本大学バスケットボール選手権大会
(インカレバスケ2021)の
出場校一覧と結果予想です!

競技日程:2021/12/6~12/12
組合せ抽選:2021/11/13

↓前回分はこちら↓
第72回大学バスケットボール選手権出場校一覧と結果予想

公式サイト

主な関係団体の公式サイトです。
インカレや各地区リーグ戦の
組み合わせ・結果の確認等に
便利だと思います(^^)

全日本大学バスケットボール連盟

北海道大学バスケットボール連盟
東北大学バスケットボール連盟
北信越大学バスケットボール連盟
関東大学女子バスケットボール連盟
関東大学バスケットボール連盟
東海学生バスケットボール連盟
関西女子学生バスケットボール連盟
関西学生バスケットボール連盟
中国大学バスケットボール連盟
全四国大学バスケットボール連盟
九州大学バスケットボール連盟

第73回全日本大学バスケットボール選手権大会 出場校一覧

出場32校の一覧です。

リンク先はバスケ部等の公式サイトです。

北海道

①女子:札幌学院大学/男子:星槎道都大学
②女子:北翔大学/男子:北海道教育大学岩見沢校

出場枠…2
秋季1部最終日…10/30

東北

①女子:仙台大学/男子:東北学院大学
②女子:福島大学/男子:仙台大学

出場枠…2
秋季1部最終日…11/7

北信越

①女子:北陸大学/男子:新潟医療福祉大学
②女子:新潟医療福祉大学/男子:富山大学

出場枠…2
秋季最終日…女子10/30、男子10/31

関東

①女子:東京医療保健大学/男子:東海大学
②女子:白鷗大学/男子:日本大学
③女子:拓殖大学/男子:白鷗大学
④女子:早稲田大学/男子:専修大学
⑤女子:筑波大学/男子:日本体育大学
⑥女子:日本体育大学/男子:筑波大学
⑦女子:専修大学/男子:中央大学
⑧女子:山梨学院大学/男子:大東文化大学
⑨女子:桐蔭横浜大学/男子:早稲田大学
⑩女子:松蔭大学/男子:青山学院大学
⑪女子:立教大学/男子:拓殖大学
⑫女子:順天堂大学/男子:明治大学

出場枠…女子12(前年4位枠4、開催地枠1含む)
出場枠…男子12(前年4位枠4、開催地枠1含む)
秋季最終日…女子2部10/31、男子1部11/11

東海

①女子:愛知学泉大学/男子:名古屋学院大学
②女子:名古屋学院大学/男子:中京大学
③女子:名古屋経済大学/男子:静岡産業大学

出場枠…3
秋季1部最終日…10/31

関西

①女子:大阪人間科学大学/男子:京都産業大学
②女子:大阪体育大学/男子:近畿大学
③女子:立命館大学/男子:天理大学
④女子:武庫川女子大学/男子:大阪体育大学
⑤女子:関西学院大学/男子:関西学院大学

出場枠…5
秋季1部最終日…女子10/24、男子11/7

中国

①女子:環太平洋大学/男子:徳山大学
②女子:倉敷芸術科学大学/男子:広島大学

出場枠…2
秋季1部最終日…10/24

四国

女子:松山大学/男子:松山大学

出場枠…1
秋季最終日…10/17

九州

①女子:日本経済大学/男子:福岡大学
②女子:鹿屋体育大学/男子:日本経済大学
③女子:東海大学九州/男子:東海大学九州

出場枠…3
秋季最終日…女子10/30、男子10/31

第73回全日本大学バスケットボール選手権大会 結果予想

女子

最近3年間の大学バスケットボール選手権
上位4校です。

・2018年度
①東京医療保健②愛知学泉③白鷗④筑波
・2019年度
①東京医療保健②白鷗③拓殖④愛知学泉
・2020年度
①東京医療保健②白鷗③筑波④拓殖

現在、東京医療保健大が4連覇中。
白鷗大をはじめとする実力校が、
東京医療保健の5連覇を阻止できるかどうかが
一番の注目点だと思います。

●2021/11/7

出場校が出そろいました。
インカレ4連覇中の東京医療保健大が関東優勝。
今回のインカレでも優勝候補筆頭でしょう。
追いかけるのが関東の上位勢と
東海、関西、九州の実力校になると思います。

●2021/11/15

組合せ発表が11/13にありました。
まずは1回戦と各ブロックごとの予想です。

①東京医療保健vs北翔 → 東京医療保健
②順天堂vs日本経済 → 日本経済
③山梨学院vs札幌学院 → 山梨学院
④東海九州vs日本体育 → 日本体育
⑤大阪人間科学vs新潟医療福祉 → 大阪人間科学
⑥名古屋経済vs大阪体育 → 大阪体育
⑦立教vs福島 → 立教
⑧武庫川女子vs早稲田 → 早稲田
⑨拓殖vs立命館 → 拓殖
⑩倉敷芸術科学vs鹿屋体育 → 鹿屋体育
⑪専修vs仙台 → 専修
⑫関西学院vs愛知学泉 → 愛知学泉
⑬筑波vs松山 → 筑波
⑭北陸vs桐蔭横浜 → 桐蔭横浜
⑮松蔭vs環太平洋 → 松蔭
⑯名古屋学院vs白鷗 → 白鷗

・第1シードブロック
<第1シード東京医療保健/第8シード日本体育>
東京医療保健大が頭一つ以上リード。
追うのが前回7位で関東6位の
日本体育大だと思います。

・第4シードブロック
<第4シード早稲田/第5シード大阪人間科学>
関東4位の早稲田大、関西1位の大阪人間科学大、
前回5位で関西2位の大阪体育大、
この3校の争いになりそうです。

・第3シードブロック
<第3シード拓殖/第6シード愛知学泉>
前回4位で関東3位の拓殖大を、
前回6位で東海1位の愛知学泉大が
追いかける展開かなと思います。

・第2シードブロック
<第2シード白鷗/第7シード筑波>
前回準優勝で関東2位の白鷗大がリード。
追うのは前回3位で関東5位の筑波大でしょう。

●2021/12/7

1回戦が終了しました。勝ち残っているのは、
関東11校、関西と九州が2校、東海1校です。
有力校が順当に勝ち進んでいますね。
予想的中率は16/16です。

それでは2回戦の予想です。

①東京医療保健vs日本経済 → 東京医療保健
②山梨学院vs日本体育 → 日本体育
③大阪人間科学vs大阪体育 → 大阪人間科学
④立教vs早稲田 → 早稲田
⑤拓殖vs鹿屋体育 → 拓殖
⑥専修vs愛知学泉 → 愛知学泉
⑦筑波vs桐蔭横浜 → 筑波
⑧松蔭vs白鷗 → 白鷗

シード8校が優位と思いますが、
第5~第8シードの試合は
競った展開になるかもしれないですね。

●2021/12/8

3回戦が終了。ベスト8が出そろいました。
シード校の中では、
大阪人間科学大が大阪体育大に敗退。
他のシード校は勝ち上がっています。

それでは準々決勝の予想です。

①東京医療保健vs日本体育 → 東京医療保健
②大阪体育vs早稲田 → 早稲田
③拓殖vs愛知学泉 → 拓殖
④筑波vs白鷗 → 白鷗

上位4シードが優位だと思います。
筑波vs白鷗は昨年の2位3位の対決。楽しみですね。

●2021/12/9

準々決勝が終了。
第6シードの愛知学泉大が、
第3シードの拓殖大に延長戦の末勝利。
さすがは愛知学泉大。
関東の強豪と互角に戦える力がありますね。
他の3試合は上位シード校が勝ちました。

それでは準決勝の予想です。

①東京医療保健vs早稲田 → 東京医療保健
②愛知学泉vs白鷗 → 白鷗

東京医療保健大と白鷗大の2校が
実力上位だと思います。

●2021/12/10

準決勝は東京医療保健大と白鷗大が勝利。
決勝は3年連続で両校の顔合わせとなりました。
両校ともに危なげなく決勝まで
勝ち上がってきましたが、
試合内容はどちらかといえば
白鷗大の方がいいように感じます。
しかし決勝の予想は、
東京医療保健大が優位と見ます。
関東リーグ最終戦の同カードでも
東京医療保健大が20点差で勝っていますし、
何と言ってもインカレ4連覇中ですからね。
チーム力の高さに加えて
ここ一番での勝負強さも折り紙つき。
ただ白鷗大も、明日の試合に勝つために
1年間がんばってきたはずで、
対東京医療保健大用の作戦もあるでしょう。
好ゲームを期待したいです。

3位決定戦は早稲田大がやや優位と見ます。

●2021/12/11

3位決定戦は早稲田大が86-70で勝利。
今の愛知学泉大は地方勢の中で
トップの実力があると思いますが、
関東の最上位クラスとは
やや差がありますね。
早稲田大は関東リーグ4位でインカレ3位。
来季は上位2強に迫っていきたいですね。

そして決勝は、東京医療保健大が88-67で勝利。
インカレ5連覇を達成しました。
1Qで23-8と東京医療保健大が大量リード。
2Qは白鷗大が追い上げて10点差。
しかし後半、東京医療保健大が差を広げて
そのまま逃げ切りました。
事実上、1Qでほぼ勝負ありかなと思います。
白鷗大がリードする展開になれば
面白かったんですが、
そうはならなかったですね。
やっぱり、東京医療保健大が今年も強かったです。

男子

最近3年間の大学バスケットボール選手権
上位4校です。

・2018年度
①東海②専修③日本④筑波
・2019年度
①筑波②専修③大東文化④白鷗
・2020年度
①東海②筑波③白鷗④大東文化

今回も関東の強豪校が
優勝争いの中心になると思います。

●2021/11/11

出場校が出そろいました。
関東リーグは前回のインカレ覇者・東海大が優勝。
今回のインカレでも優勝候補筆頭だと思います。
対抗は、関東準優勝の日本大。春の関東選手権では
決勝で東海大を破って優勝していますし、
打倒東海大の一番手だと思います。
両校に続くのは、関東の強豪校でしょう。
面白いのが大東文化大。
関東リーグでは8位でしたが、
1位東海大と2位日本大に黒星を付けています。
トーナメントでどこに入るのか注目ですね。
地方勢では、昨年5位の近畿大や
関西1位の京産大が楽しみです。

●2021/11/15

組合せ発表が11/13にありました。
まずは1回戦と各ブロックごとの予想です。

①東海vs松山 → 東海
②日本経済vs大東文化 → 大東文化
③拓殖vs天理 → 拓殖
④東北学院vs中央 → 中央
⑤京都産業vs静岡産業 → 京都産業
⑥星槎道都vs明治 → 明治
⑦青山学院vs関西学院 → 青山学院
⑧徳山vs専修 → 専修
⑨白鷗vs大阪体育 → 白鷗
⑩仙台vs名古屋学院 → 名古屋学院
⑪近畿vs新潟医療福祉 → 近畿
⑫中京vs日本体育 → 日本体育
⑬筑波vs富山 → 筑波
⑭広島vs福岡 → 福岡
⑮早稲田vs東海九州 → 早稲田
⑯北海道教育岩見沢校vs日本 → 日本

・第1シードブロック
<第1シード東海/第8シード中央>
前回優勝の東海大が頭一つリード。
ですが、関東リーグで東海大に唯一の黒星を付けた
前回4位で関東8位の大東文化大が
このブロックに入りました。
両校は順当にいけば2回戦で対決。注目ですね。

・第4シードブロック
<第4シード専修/第5シード京都産業>
前回6位で関東4位の専修大がややリードで、
関西1位の京都産業大や前回7位の青山学院大が
追う展開かなと思います。

・第3シードブロック
<第3シード白鷗/第6シード日本体育>
前回3位で関東3位の白鷗大がややリード。
追うのが関東5位の日本体育大と
前回5位で関西2位の近畿大と思います。

・第2シードブロック
<第2シード日本/第7シード筑波>
関東2位の日本大がリードと思いますが、
前回大会で日本大に勝っている早稲田大や
前回準優勝で前々回優勝の筑波大がいます。
日本大にとってはイヤなブロックでしょう。

●2021/12/7

1回戦が終了しました。
前回王者・東海大が136-38で松山大に勝利。
98点差はすごいですね(^^;
勝ち残っているのは、関東10校、関西4校、
そして東海と九州が1校ずつです。
関西勢が健闘していると思います。
予想的中率は14/16でした。

それでは2回戦の予想です。

①東海vs大東文化 → 東海
②天理vs中央 → 中央
③京都産業vs明治 → 京都産業
④関西学院vs専修 → 専修
⑤白鷗vs名古屋学院 → 白鷗
⑥近畿vs日本体育 → 日本体育
⑦筑波vs福岡 → 筑波
⑧早稲田vs日本 → 日本

注目は東海vs大東文化。
関東リーグで10勝1敗で優勝した東海大ですが、
その1敗の相手が大東文化大。嫌な相手でしょう。
連覇を目指す東海大にとって、
大会序盤の山場だと思います。

そして第2シードの日本大の相手は、
前回大会2回戦で黒星を付けられた早稲田大。
こちらも嫌な相手だと思います。

全体としては、シード8校が優位だと思います。

●2021/12/9

3回戦が終了。ベスト8が出そろいました。
東海大vs大東文化大は、65-63で東海大が勝利。
前半は東海大がリードしますが、
後半に大東文化大が猛追していったんは逆転。
一進一退の攻防の末、東海大が逃げ切りました。
決勝戦よりすごい試合だったかも(^^)
結局、シード8校がベスト8進出です。

それでは準々決勝の予想です。

①東海vs中央 → 東海
②京都産業vs専修 → 専修
③白鷗vs日本体育 → 白鷗
④筑波vs日本 → 日本

上位4シードが優位と見ます。
一番接戦になりそうなのは、
筑波大と日本大の対決かなと思います。

●2021/12/10

準々決勝は4試合とも10点差以内の接戦。
なかでも筑波vs日本はダブルオーバータイムの
激闘の末に筑波大が勝利しました。
他の3試合は上位シードが競り勝っています。

それでは準決勝の予想です。

①東海vs専修 → 東海
②白鷗vs筑波 → 筑波

第1シードの東海大と、
第2シードの日本大に勝った筑波大が
やや優位と予想はしますが、
今日の準々決勝を見ても、
4チームの力は拮抗していると思います。
東海大が本来の力を出せていないこともあり、
どこが勝ってもおかしくないですね。

●2021/12/11

東海大と白鷗大が決勝進出。
東海大はリードして迎えた4Qで
専修大に追い上げられますが逃げ切り、
白鷗大は4Qで筑波大に逆転勝利です。

決勝は東海vs白鷗となりました。
前回は準決勝で顔を合わせて東海大が勝利。
今季の秋季リーグでも東海大が勝っています。
明日の決勝予想も
実力で上回る東海大が優位と見ます。

3位決定戦は、実力は拮抗していると思いますが、
専修大がやや優位かなと見ます。

●2021/12/12

3位決定戦は筑波大が専修大に逆転勝利。
筑波大は3連覇以降も毎年インカレで
安定した成績を残しています。
そこはすごいなと思いますね。

そして決勝は、白鷗大が東海大に逆転勝利。
初の決勝進出で初優勝を飾りました。
東海大は優勝候補筆頭と見ていましたが、
今大会は2回戦の大東文化大に苦戦して以降、
最後まで本来の力を出し切れなかった印象です。
対する白鷗大は、昨日も今日も4Qに逆転勝利。
試合終盤の勝負強さが光りましたね。
初優勝おめでとうございます!

関連記事/広告

コメント

  1. キャプテン より:

    応援しに行きたいのですが、
    無観客試合じゃないの?

  2. 桜とチャッピーも 応援している ワン より:

    初めてインカレ見に行きます。 去年 コロナでインカレ開催できなくて 大学四年の息子の勇姿を見れたらと。 沖縄から応援に行くからね 息子よガンバ 仲間 他の触れ合いを楽しんでください

    • SAKA より:

      コメントありがとうございます。
      息子さんの晴れ舞台、楽しんで来て下さい!

  3. 大学バスケファン より:

    まとめてくださり、ありがとうございます。関東の8位以下は、2部のAB各2位までを挙げられたようですが、正しくはAの方が上位リーグなので、インカレ出場の9位〜12位チームはそれぞれ桐蔭横浜大学、松陰大学、立教大学、順天堂大学、になります。

    • SAKA より:

      ご指摘ありがとうございます。
      本当ですね。申し訳ないです。
      修正させて頂きました。

タイトルとURLをコピーしました