第72回大学バスケットボール選手権出場校一覧と結果予想

大学バスケ 大学バスケ

第72回全日本大学バスケットボール選手権大会
(インカレバスケ2020)の
出場校一覧と結果予想です!

競技日程:2020/12/7~12/13
組合せ抽選:2020/11/14

公式サイト

主な関係団体の公式サイトです。
インカレや各地区リーグ戦の
組み合わせ・結果の確認等に
便利だと思います(^^)

全日本大学バスケットボール連盟

北海道大学バスケットボール連盟
東北大学バスケットボール連盟
北信越大学バスケットボール連盟
関東大学女子バスケットボール連盟
関東大学バスケットボール連盟
東海学生バスケットボール連盟
関西女子学生バスケットボール連盟
関西学生バスケットボール連盟
中国大学バスケットボール連盟
全四国大学バスケットボール連盟
九州大学バスケットボール連盟

第72回全日本大学バスケットボール選手権
大会 出場校一覧

出場32校の一覧です。

リンク先はバレー部等の公式サイトです。

北海道

①女子:札幌学院大学/男子:星槎道都大学
②女子:北翔大学/男子:東海大学札幌キャンパス

出場枠…女子2/男子2
秋季最終日…11/1

東北

①女子:山形大学/男子:岩手大学
②女子:仙台大学/男子:東北学院大学

出場枠…女子2/男子2
秋季最終日…11/1

北信越

①女子:北陸大学/男子:北陸大学
②女子:新潟医療福祉大学/男子:富山大学

出場枠…女子2/男子2
秋季最終日…女子10/17/男子10/18

関東

①女子:白鷗大学/男子:東海大学
②女子:東京医療保健大学/男子:大東文化大学
③女子:筑波大学/男子:筑波大学
④女子:拓殖大学/男子:白鷗大学
⑤女子:日本体育大学/男子:日本体育大学
⑥女子:山梨学院大学/男子:専修大学
⑦女子:専修大学/男子:青山学院大学
⑧女子:早稲田大学/男子:日本大学
⑨女子:松蔭大学/男子:中央大学
⑩女子:日本女子体育大学/男子:明星大学
⑪女子:順天堂大学/男子:明治大学
⑫男子:早稲田大学

出場枠…女子11(前年4位枠3、開催地枠1含む)
出場枠…男子12(前年4位枠4、開催地枠1含む)
秋季最終日…女子10/24/男子11/13

東海

①女子:愛知学泉大学/男子:中京大学
②女子:名古屋学院大学/男子:名古屋学院大学
③女子:静岡産業大学/男子:静岡産業大学
④女子:中部大学

出場枠…女子4(前年4位枠1含む)
出場枠…男子3
秋季最終日…11/8

関西

①女子:大阪人間科学大学/男子:近畿大学
②女子:大阪体育大学/男子:天理大学
③女子:関西学院大学/男子:大阪学院大学
④女子:立命館大学/男子:京都産業大学
⑤女子:武庫川女子大学/男子:龍谷大学

出場枠…女子5/男子5
秋季最終日…男子10/25
※女子のインカレ出場は2019年秋季結果で決定

中国

女子:倉敷芸術科学大学/男子:徳山大学
女子:広島大学/男子:広島大学

出場枠…女子2/男子2
秋季最終日…9/27

四国

①女子:松山大学/男子:松山大学

出場枠…女子1/男子1
秋季最終日…10/18

九州

①女子:日本経済大学/男子:福岡大学
②女子:福岡大学/男子:東海大学九州
③女子:鹿屋体育大学/男子:九州共立大学

出場枠…女子3/男子3
秋季最終日…11/1

第72回全日本大学バスケットボール選手権
大会 結果予想

女子

最近3年間の大学バスケットボール選手権
上位4校です。

・2017年度
①東京医療保健②拓殖③白鷗④鹿屋体育
・2018年度
①東京医療保健②愛知学泉③白鷗④筑波
・2019年度
①東京医療保健②白鷗③拓殖④愛知学泉

男子に比べると地方勢が頑張っていますね~。
2019年度は愛知学泉がベスト4、
九州の日本経済と鹿屋体育がベスト8でした。
それでも関東勢が強いことに
変わりはありません。
特に東京医療保健大学。
2019年度はリーグ戦全勝優勝&インカレ3連覇。
まさに完全優勝でした。
今年も東京医療保健のシーズンになるのか、
それとも東京医療保健を
止める大学が現れるのか、
楽しみにしたいです(^^)

●2020/11/14

出場32校が決定しました。

今年はコロナで色々と大変だったと思いますが、
特に東海予選最終盤で棄権することになった
名経大は、本当に悔しいだろうと思います。。

関東予選最終節の全勝対決は、
白鷗が東京医療保健に90-89で勝利。
インカレでもこの2校が2強だと思います。
続くのが、関東3位&4位の筑波と拓殖、
そして愛知学泉でしょうね。

組合せ抽選もあったので、
まずは、1,2回戦の予想です。

①白鷗,中部,山形,専修 → 白鷗
②日本女子体育,北陸,新潟医療福祉,福岡 → 福岡
③拓殖,北翔,札幌学院,大阪人間科学 → 拓殖
④早稲田,鹿屋体育,松山,愛知学泉 → 愛知学泉
⑤筑波,立命館,武庫川女子,松蔭 → 筑波
⑥順天堂,静岡産業,倉敷芸術科学,日本体育
→ 日本体育
⑦日本経済,関西学院,仙台,大阪体育 → 日本経済
⑧山梨学院,名古屋学院,広島,東京医療保健
→ 東京医療保健

シード8校が勝ち進むと予想します。
早稲田vs鹿屋体育は前回ベスト8同士の対決で
1回戦屈指の好カード。
その勝者vs愛知学泉と、
白鷗vs前回ベスト8専修が、
2回戦の好カードになりそうかなと思います。

●2020/12/9

ベスト8が出そろいました。

シード校を破ったのは2校。
日本女子体育が福岡に、
大阪体育が日本経済に勝利です。

準々決勝の予想です。

①白鷗vs日本女子体育 → 白鷗
②拓殖vs愛知学泉 → 拓殖
③筑波vs日本体育 → 筑波
④大阪体育vs東京医療保健 → 東京医療保健

白鷗と東京医療保健は実力上位でしょう。
あとの2試合は実力拮抗だと思いますが、
関東の3位&4位の筑波と拓殖が
やや優位かなと予想します。

●2020/12/10

関東の1~4位がベスト4進出。
関東勢はやっぱり強いですね。

準決勝の予想です。

①白鷗vs拓殖 → 白鷗
②筑波vs東京医療保健 → 東京医療保健

第1&第2シードが強いと予想します。

5~8位決定戦の予想もしておきます。

①日本女子体育vs愛知学泉 → 愛知学泉
②日本体育vs大阪体育 → 日本体育

●2020/12/11

白鷗と東京医療保健が決勝進出。
決勝にふさわしい2校が残ったと思います。

では、明日の順位決定戦の予想です。

①白鷗vs東京医療保健 → 東京医療保健
③拓殖vs筑波 → 筑波
⑤愛知学泉vs大阪体育 → 愛知学泉
⑦日本女子体育vs日本体育 → 日本体育

決勝は今大会の状態を見る限り、
東京医療保健の方が優位かなと思います。
白鷗としては接戦に持ち込んで、
関東リーグ最終戦の再現といきたいですね。

●2020/12/12

東京医療保健が4連覇達成。
やっぱり今年も強かったです。
今日の決勝も1Pこそ接戦でしたが、
徐々に点差を広げていきました。
白鷗は関東リーグ戦最終戦では
東京医療保健に勝っていますし、
来年こそは連覇を止めたいですね。

順位決定戦では大体大が愛知学泉に勝利。
ノーシードからの5位は見事ですね。

男子

最近3年間の大学バスケットボール選手権
上位4校です。

・2017年度
①大東文化②筑波③拓殖④白鷗
・2018年度
①東海②専修③日本④筑波
・2019年度
①筑波②専修③大東文化④白鷗

圧倒的に関東勢が優勢ですね。
2020年も関東上位8校の争いになると思います。
関西・東海・九州の1位校には、
選手権ベスト8を目標に頑張ってほしいです。

●2020/11/14

出場32校が決定しました。
今年も関東勢の優勝争いになるかなと思います。
まずは、1,2回戦の予想です。

①東海,星槎道都,九州共立,天理 → 東海
②早稲田,松山,岩手,日本 → 日本
③日本体育,京都産業,静岡産業,近畿 → 日本体育
④明治,富山,東海札幌,白鷗 → 白鷗
⑤筑波,東海九州,徳山,中京 → 筑波
⑥明星,大阪学院,名古屋学院,専修 → 専修
⑦青山学院,東北学院,広島,中央 → 青山学院
⑧福岡,北陸,龍谷,大東文化 → 大東文化

関東のシード8校が強いでしょうね。
その一角を崩せる可能性があるのは、
関西1位の近大でしょうか。
関東5位の日体大にどこまで食い下がれるか、
楽しみにしたいです。

●2020/12/10

ベスト8が決まりました。
シード校を破ったのは2校。
早稲田が日大に、近大は日体大に、
それぞれ競り勝ちました。

では、準々決勝の予想です。

①東海vs早稲田 → 東海
②近畿vs白鷗 → 白鷗
③筑波vs専修 → 専修
④青山学院vs大東文化 → 大東文化

注目は筑波vs専修ですね。
昨年の決勝と同じカードです。
今日の試合は筑波は苦戦で専修は圧勝。
専修の方がやや優位かなと見ます。
他の3試合はシード校の方が優位だと思います。

●2020/12/11

筑波vs専修は延長の末に筑波の勝利。
すごい試合でした。ということで、
関東の第1~第4シードがベスト4です。

準決勝の予想です。

①東海vs白鷗 → 東海
②筑波vs大東文化 → 大東文化

第1&第2シードの勝利と予想します。

5~8位決定戦の方の予想も。

①早稲田vs近畿 → 早稲田
②専修vs青山学院 → 専修

●2020/12/12

準決勝は東海と筑波が勝利。
筑波は2日連続の延長戦を制しました。
前年王者の底力、すごいですね~。

最終日の順位決定戦の予想です。

①東海vs筑波 → 東海
③白鷗vs大東文化 → 大東文化
⑤専修vs近畿 → 専修
⑦早稲田vs青山学院 → 青山学院

決勝は今大会の戦いぶりを見る限り、
東海が優位だと思います。
接戦続きの筑波と違って
余裕のある勝ち方が続いていますし。
筑波は連日の熱戦に勝利した勢いで
連覇を狙いたいですね。

●2020/12/13

東海が2年ぶり6度目の優勝。
今大会で頭一つ抜けた強さだったと思います。
筑波も決勝まできたことで、
前年王者の意地は見せたんじゃないかなと。

順位決定戦では近大が専修に延長戦の末勝利。
昨日の女子・大体大と同じく、
ノーシードから5位。
近畿勢は男女ともに頑張りましたね。
来年は関東の牙城を崩して
ベスト4を狙ってほしいです。

関連記事/広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました