カテゴリー
TOP高校スポーツ»高校野球

第91回選抜高校野球大会出場校一覧と結果予想!

第91回選抜高等学校野球大会
(春の甲子園/センバツ高校野球2019)の
出場校一覧と結果予想です!

競技日程:2019/3/23~4/3
組合せ抽選:2019/3/15
選考委員会:2019/1/25

↓翌年分はこちら↓
第92回選抜高校野球大会出場校一覧と結果予想!
↓前年分はこちら↓
第90回選抜高校野球大会出場校一覧と結果予想!

第91回選抜高校野球大会 出場校一覧

出場校は32校です。
※一般選考28校、神宮大会枠1校、21世紀枠3校

北海道(1+1校)

①札幌大谷
②札幌第一
※神宮大会枠を含む

東北(2校)

①八戸学院光星(青森)
②盛岡大附属(岩手)

関東・東京(6校)

①桐蔭学園(神奈川)
②春日部共栄(埼玉)
③習志野(千葉)
③山梨学院(山梨)
①国士舘(東京)
⑥横浜(神奈川)
※関東4枠,東京1枠+6枠目は関東&東京から

東海(2校)

①東邦(愛知)
②津田学園(三重)

北信越(2校)

①星稜(石川)
②啓新(福井)

近畿(6校)

①龍谷大付属平安(京都)
②明石商業(兵庫)
③履正社(大阪)
③智辯学園和歌山(和歌山)
⑤福知山成美(京都)
⑥市立和歌山(和歌山)

中国・四国(5校)

①広陵(広島)
②米子東(鳥取)
①高松商業(香川)
②松山聖陵(愛媛)
⑤呉(広島)
※中国2枠,四国2枠+5枠目は中国&四国から

九州(4校)

①筑陽学園(福岡)
②明豊(大分)
③大分(大分)
④日章学園(宮崎)

21世紀枠(3校)

①石岡第一(茨城)
①富岡西(徳島)
③熊本西(熊本)
※東西1枠づつ+3枠目は全国から

第91回選抜高校野球大会 結果予想

最近3年間の春夏甲子園・神宮大会の
上位4強です。
<選抜大会>
・2016年度
①智辯学園(奈良),②高松商業(香川),
③龍谷大付属平安(京都),秀岳館(熊本)
・2017年度
①大阪桐蔭(大阪),②履正社(大阪),
③秀岳館(熊本),報徳学園(兵庫)
・2018年度
①大阪桐蔭(大阪),②智辯学園和歌山(和歌山),
③三重(三重),東海大付属相模(神奈川)
<選手権大会>
・2016年度
①作新学院(栃木),②北海(南北海道),
③明徳義塾(高知),秀岳館(熊本)
・2017年度
①花咲徳栄(埼玉),②広陵(広島),
③天理(奈良),東海大菅生(西東京)
・2018年度
①大阪桐蔭(北大阪),②金足農業(秋田),
③済美(愛媛),日大第三(西東京)
<神宮大会>
・2016年度
①履正社(大阪),②早稲田実業(東京),
③札幌第一(北海道),福岡大附属大濠(福岡)
・2017年度
①明徳義塾(高知),②創成館(長崎),
③静岡(静岡),大阪桐蔭(大阪)
・2018年度
①札幌大谷(北海道),②星稜(石川),
③筑陽学園(福岡),高松商業(香川)

今年2019年のセンバツは、
大阪桐蔭の3連覇がかかるはずでしたが、
選考会で落選。近畿大会ベスト8の
福知山成美、市和歌山、報徳学園と共に
ボーダーライン上にいましたが、
チーム力で劣ると判断されたようです。
集客力や大会の盛り上がりを考えると
選ばれた方がよかったでしょうけど、
こればかりは仕方がないと思います。

ということで、大本命がいない今年のセンバツ。
優勝争いは、神宮王者・札幌大谷をはじめとする
昨年秋の各地区大会王者の10校、さらに
「高校ビッグ4」の投手がいる星稜と横浜、
昨年準優勝の智辯和歌山、
一昨年準優勝の履正社、
この辺りが中心になってくると思います。

3/15に組み合わせが決まれば、
各ブロックごとに予想したいと思います(^^)

●2019/3/16

まずは1回戦の予想です。

①呉vs市立和歌山 → 呉
②高松商業vs春日部共栄 → 高松商業
③履正社vs星稜 → 星稜
④日章学園vs習志野 → 習志野
⑤明豊vs横浜 → 横浜
⑥米子東vs札幌大谷 → 札幌大谷
⑦津田学園vs龍谷大付属平安 → 龍谷大付属平安
⑧盛岡大附属vs石岡第一 → 盛岡大附属
⑨山梨学院vs札幌第一 → 山梨学院
⑩筑陽学園vs福知山成美 → 筑陽学園
⑪広陵vs八戸学院光星 → 広陵
⑫富岡西vs東邦 → 東邦
⑬明石商業vs国士舘 → 国士舘
⑭松山聖陵vs大分 → 松山聖陵
⑮啓新vs桐蔭学園 → 桐蔭学園
⑯熊本西vs智辯学園和歌山 → 智辯学園和歌山

最注目のカードは、履正社vs星稜。
決勝戦でもおかしくないぐらいです(^^)
プロ注目150キロ右腕の奥川投手を
履正社打線が打ち崩せるかどうかですね。

他には、昨秋地区大会の王者対決となる
広陵vs八戸学院光星、
地元兵庫の強豪校と東京王者の対決となる
明石商業vs国士舘も好カードだと思います。

昨秋神宮王者の札幌大谷をはじめとする強豪校の
初戦の戦いぶりにも注目したいです!

●2019/3/28

1回戦が終了。2回戦に入りますね。
注目校では、関東王者の桐蔭学園と
プロ注目の及川投手を擁する横浜が敗退。
東京王者の国士舘も姿を消しましたし、
関東勢が苦戦している印象です。
それ以外は有力校が勝ち進んでいると思います。
予想的中率は11/16。
まずまずでしょうか(^^)

では2回戦の予想です。

①市立和歌山vs高松商業 → 高松商業
②星稜vs習志野 → 星稜
③明豊vs札幌大谷 → 札幌大谷
④龍谷大付属平安vs盛岡大附属 → 龍谷大付属平安
⑤山梨学院vs筑陽学園 → 筑陽学園
⑥広陵vs東邦 → 広陵
⑦明石商業vs大分 → 明石商業
⑧啓新vs智辯学園和歌山 → 智辯学園和歌山

広陵vs東邦は名門校同士の対決。
甲子園ファンが喜びそうなカードですね(^^)

●2019/3/30

2回戦では、神宮王者の札幌大谷や
プロ注目の奥川投手を擁する星稜が敗退。
星稜vs習志野ではサイン盗み疑惑がありました。
真偽は分かりませんが、
後味の悪さは残りますね・・・。
ベスト8の顔ぶれは、近畿勢が半分の4校、
九州の1位&2位、東海1位、関東ベスト4。
ここまでは西高東低の展開ですね~。
予想的中率は4/8。
なんとか5割キープです(^^;

準々決勝の予想です。

①市立和歌山vs習志野 → 習志野
②明豊vs龍谷大付属平安 → 龍谷大付属平安
③筑陽学園vs東邦 → 東邦
④明石商業vs智辯学園和歌山 → 智辯学園和歌山

どのカードも実力は拮抗していると思うので、
伝統校の方が有利かなと予想します(^^)

●2019/3/31

ベスト4が決定。
習志野は終盤の逆転勝利で、
明豊と明石商はサヨナラ勝ち。
この3試合は1点差ゲームですが、
東邦だけが5点差で勝利。
現状、チーム状態が一番いいのは
東邦かなと思います。

準決勝の予想です。

①習志野vs明豊 → 習志野
②東邦vs明石商業 → 東邦

習志野と東邦がやや優位だと思います。
明豊打線が習志野エースを攻略できるか、
明石商エースが東邦打線を抑えられるか、
そこが注目ポイントでしょうか。

●2019/4/2

決勝進出は予想通り習志野と東邦。
ただ、明豊も明石商も善戦しましたよね。
どちらも準決勝にふさわしい
好ゲームだったと思います!

いよいよ決勝戦ですが、
実力的には東邦が一枚上手だと思います。
ただ、習志野も今大会では
実力以上の力を発揮して勝ち進んでいる
感じがするんですよね~。

難しいですが、東邦の優勝と予想します!

習志野としては、接戦に持ち込んで
得意の逆転勝ちを狙いたいですね。

●2019/4/3

決勝戦は東邦が6-0で習志野に勝利!
30年ぶり5度目の選抜優勝です。

1回表に習志野が先頭打者が安打で出塁も、
次打者がバント失敗でゲッツー。
その裏、東邦が一挙に3点取って先制。
この初回の攻防が全てでしたね~。

習志野は接戦に持ち込みたかったと思いますが、
どうすることもできませんでした。
でも、ここまでよくがんばったと思います。

今大会の東邦は本当に強かったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないと投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)