第31回高校女子サッカー選手権出場校一覧と結果予想!

高校女子サッカー 高校女子サッカー

第31回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の
出場校一覧と結果予想です!

競技日程:2022/12/30~2023/1/8
組合せ抽選:2022/11/25

↓速報や結果確認はこちら↓
高校女子サッカー2022の速報や結果の確認方法は?
↓前回分はこちら↓
第30回高校女子サッカー選手権出場校一覧と結果予想!

第31回高校女子サッカー選手権 出場校一覧

出場32校の一覧です。

リンク先はサッカー部の公式サイトです。
※公式サイトがない場合は、高校の部活や
高校トップページ等へのリンクになります。

北海道

北海道大谷室蘭(室蘭)
旭川実業(旭川)

出場枠…2
決勝…9/24

東北

常盤木学園(宮城2)
尚志(福島1)
聖和学園(宮城1)

出場枠…3
決勝…10/30

関東

十文字(東京1)
日本航空(山梨1)
星槎国際湘南(神奈川2)
修徳(東京2)
前橋育英(群馬1)
霞ヶ浦(茨城2)
暁星国際(千葉1)

出場枠…7
決勝…11/20

北信越

開志学園JSC(新潟2)
佐久長聖(長野1)
帝京長岡(新潟1)

出場枠…3
決勝…10/23

東海

藤枝順心(静岡1)
常葉大附属橘(静岡2)
聖カピタニオ女子(愛知1)

出場枠…3
決勝…11/13

関西

大阪学芸(大阪2)
日ノ本学園(兵庫1)
追手門学院(大阪1)
京都精華学園(京都1)
開催地枠…姫路女学院(兵庫2)

出場枠…4+1(開催地枠・兵庫)
決勝…11/12

中国

岡山県作陽(岡山1)
AICJ(広島1)
高川学園(山口1)

出場枠…3
決勝…11/7

四国

四国学院大香川西(香川1)
鳴門渦潮(徳島1)

出場枠…2
決勝…11/6

九州

神村学園(鹿児島1)
柳ヶ浦(大分1)
東海大付属福岡(福岡1)
鎮西学院(長崎1)

出場枠…4
決勝…11/22

第31回高校女子サッカー選手権 結果予想

最近3年間のインターハイと選手権の上位4強です。
<インターハイ>
・2019年度
①十文字(関東1/東京)
②日ノ本学園(近畿1/兵庫)
③聖和学園(東北1/宮城)
③鳴門渦潮(四国1/徳島)
・2020年度…中止
・2021年度
①神村学園(九州2/鹿児島)
②藤枝順心(東海1/静岡)
③岡山県作陽(中国1/岡山)
③帝京長岡(北信越1/新潟)
<選手権>
・2019年度
①藤枝順心(東海2/静岡1)
②神村学園(九州1/鹿児島1)
③修徳(関東2/東京2)
③大阪学芸(関西3/大阪2)
・2020年度
①藤枝順心(東海2/静岡1)
②岡山県作陽(中国1/岡山1)
③帝京長岡(北信越1/新潟1)
③大商学園(関西1/大阪1)
・2021年度
①神村学園(九州1/鹿児島1)
②日ノ本学園(関西1/兵庫2)
③藤枝順心(東海1/静岡1)
③常盤木学園(東北1/宮城1)

そして2022年度のインターハイは、
①大商学園(関西2/大阪)
②十文字(関東2/東京)
③日ノ本学園(関西1/兵庫)
③日本航空(関東1/山梨)
でした。

近年は強豪校のレベルが拮抗していますね。
どこの地区もレベルが上がっているので、
インターハイベスト4の高校が
予選で敗退する可能性もあると思います。
出場校が決まれば、また予想します!

●2022/11/22

各地域予選が終了しました。
強豪校が出場を決めていく中、
インターハイ優勝の大商学園が大阪府大会3位で
関西大会に進めず。大阪は本当に激戦区ですね。
上位4校、どこが全国に出てもおかしくないです。

今大会の優勝争いですが、
インターハイや前回大会の4強、
それに大阪勢が中心になってくると思いますが、
しかし各地域の強豪校、
どこが勝ってもおかしくないと思います。

●2022/11/25

組合せが決まりました。
どのブロックも強豪校ぞろいですが、
同じ地域の高校が集まっていますね。
まずは1回戦と各ブロックごとの予想です。

①神村学園vsAICJ → 神村学園
②姫路女学院vs暁星国際 → 暁星国際
③佐久長聖vs鎮西学院 → 佐久長聖
④旭川実業vs岡山県作陽 → 岡山県作陽
⑤北海道大谷室蘭vs京都精華学園 → 京都精華学園
⑥高川学園vs前橋育英 → 前橋育英
⑦柳ヶ浦vs常葉大附属橘 → 常葉大附属橘
⑧帝京長岡vs藤枝順心 → 藤枝順心
⑨常盤木学園vs霞ヶ浦 → 常盤木学園
⑩日本航空vs聖カピタニオ女子 → 日本航空
⑪十文字vs聖和学園 → 十文字
⑫尚志vs開志学園JSC → 開志学園JSC
⑬四国学院大香川西vs東海大付属福岡
→ 東海大付属福岡
⑭追手門学院vs星槎国際湘南 → 追手門学院
⑮日ノ本学園vs鳴門渦潮 → 日ノ本学園
⑯修徳vs大阪学芸 → 大阪学芸

・第1シードブロック(①~④)
前年2冠の神村学園ですが、
AICJ・暁星国際・岡山県作陽と強豪校が多く、
勝ち抜くのは簡単ではないでしょう。
神村学園vsAICJは1回戦の好カードですね。

・第4シードブロック(⑤~⑧)
2年ぶりの優勝を目指す藤枝順心ですが、
前橋育英・柳ヶ浦・常葉橘・帝京長岡と
強豪校ぞろいのブロック。
どこが勝ち上がってもおかしくないです。
柳ヶ浦vs常葉橘と帝京長岡vs藤枝順心は
1回戦の好カードだと思います。

・第3シードブロック(⑨~⑫)
関東1,2位の十文字・日本航空、
東北1~3位の常盤木・尚志・聖和,
北信越1位の開志学園JSC、
強豪校が多すぎますね(^^;
勝ち抜け予想を1校するなら十文字です。
十文字vs聖和と尚志vs開志JSCは
1回戦の好カードだと思います。

・第2シードブロック(⑬~⑯)
関西1~3位の大阪学芸・日ノ本・追手門、
この3校中心の争いになると思いますが、
関東3,4位の星槎国際湘南と修徳、
九州3位の東海大福岡も強いですね。
追手門vs星槎国際湘南と修徳vs大阪学芸は
1回戦の好カードだと思います。

続きの予想は、1回戦終了後に!

関連記事/広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました