第23回全国高校選抜ラグビー大会出場校一覧と結果予想!

高校ラグビー 高校ラグビー

第23回全国高等学校
選抜ラグビーフットボール大会
(高校選抜ラグビー)の
出場校一覧と結果予想です!

競技日程:2022/3/25~3/31
組合せ抽選:2022/3/6

↓速報や結果確認はこちら↓
高校ラグビー2022の速報や結果の確認方法は?
↓前回分はこちら↓
第22回全国高校選抜ラグビー大会出場校一覧と結果予想!

第23回高校選抜ラグビー 出場校一覧

出場32校の一覧です。

リンク先はラグビー部の公式サイトです。
※公式サイトがない場合は、高校の部活や
高校トップページ等へのリンクになります。

北海道

札幌山の手

出場枠…1
北海道新人大会 最終日…2021/11/6

東北

秋田工業(秋田)
仙台育英学園(宮城)
黒沢尻北(岩手)

出場枠…3
東北新人大会 中止

関東

國學院大栃木(栃木)
桐蔭学園(神奈川)
國學院大久我山(東京)
流通経済大付属柏(千葉)
茗溪学園(茨城)※出場辞退
開催地枠…川越東(埼玉)

出場枠…5+1(開催地枠)
関東新人大会 中止

北信越

日本航空石川(石川)

出場枠…1
北信越新人大会 最終日…2022/2/20

東海

中部大春日丘(愛知)
朝明(三重)

出場枠…2
東海選抜大会 最終日…2022/2/20

近畿

報徳学園(兵庫)
京都工学院(京都)
京都成章(京都)
東海大付属大阪仰星(大阪)
天理(奈良)

出場枠…5
近畿大会 最終日…2022/2/23

中国

石見智翠館(島根)
尾道(広島)

出場枠…2
中国ブロック予選会 最終日…2022/2/19

四国

松山聖陵(愛媛)
城東(徳島)

出場枠…2
四国新人大会 中止

九州

東福岡(福岡)
大分東明(大分)
修猷館(福岡)
佐賀工業(佐賀)
長崎北陽台(長崎)※出場辞退
高鍋(宮崎)

出場枠…5+1(前回優勝枠)
全九州新人大会 最終日…2022/2/22

実行委員会推薦

立命館慶祥(北海道)
勿来工業(福島)
大津緑洋(山口)
長崎北(長崎)

出場枠…4(東西2校ずつ)

第23回高校選抜ラグビー 結果予想

最近3年間の高校ラグビー三冠大会の上位4強です。
<選抜>
・2019年度
①桐蔭学園(神奈川),②御所実業(奈良),
③京都成章(京都),天理(奈良)
・2020年度…中止
・2021年度
①東福岡(福岡),②桐蔭学園(神奈川),
③東海大付属大阪仰星(大阪),大阪桐蔭(大阪)
<7人制>
・2019年度
①桐蔭学園(神奈川),②國學院大栃木(栃木),
③長崎北陽台(長崎),報徳学園(兵庫)
・2020年度…中止
・2021年度
①東海大付属大阪仰星(大阪),
②國學院大栃木(栃木),
③東福岡(福岡),東海大付属相模(神奈川)
<花園>
・2019年度
①桐蔭学園(神奈川),②御所実業(奈良),
③東福岡(福岡),常翔学園(大阪)
・2020年度
①桐蔭学園(神奈川),②京都成章(京都),
③大阪朝鮮(大阪),東福岡(福岡)
・2021年度
①東海大付属大阪仰星(大阪),
②國學院大栃木(栃木),
③東福岡(福岡),桐蔭学園(神奈川)

前年度は、近年無類の強さを誇った桐蔭学園が
全国大会無冠に終わり、選抜は東福岡が、
セブンスと花園は東海大仰星が制しました。
国学院栃木も力をつけていますし、
全国トップクラスの高校の実力差が
小さくなっていると感じます。
今回の選抜もどの高校が優勝するのか
予想するのは難しいですが、
出場校が決まれば予想していきます(^^)

●2022/3/8

3/6に組合せ抽選があったようで、
トーナメントが発表されました。
まずは1,2回戦と各ブロックごとの予想です。

①京都工学院vs朝明 → 京都工学院
②大津緑洋vs流通経済大付属柏
→ 流通経済大付属柏
③桐蔭学園vs松山聖陵 → 桐蔭学園
④修猷館vs秋田工業 → 秋田工業
⑤報徳学園vs札幌山の手 → 報徳学園
⑥長崎北vs仙台育英学園 → 仙台育英学園
⑦東海大付属大阪仰星vs黒沢尻北
→ 東海大付属大阪仰星
⑧大分東明vs日本航空石川 → 日本航空石川
⑨佐賀工業vs川越東 → 佐賀工業
⑩尾道vs勿来工業 → 尾道
⑪國學院大栃木vs城東 → 國學院大栃木
⑫長崎北陽台vs立命館慶祥 → 長崎北陽台
⑬京都成章vs茗溪学園 → 京都成章
⑭高鍋vs中部大春日丘 → 中部大春日丘
⑮東福岡vs國學院大久我山 → 東福岡
⑯石見智翠館vs天理 → 石見智翠館

・①②ブロック
京都工学院と流経大柏の争いになると思います。
近畿大会で前回ベスト4の大阪桐蔭と引き分けた
京都工学院が、やや優位かなと見ます。

・③④ブロック
前回準優勝の桐蔭学園が頭一つリードでしょう。

・⑤⑥ブロック
花園ベスト16の報徳学園がややリードと見ます。

・⑦⑧ブロック
花園王者の東海大仰星が優位でしょう。

・⑨⑩ブロック
花園ベスト8の佐賀工業がややリードで、
追うのが花園ベスト16の尾道と思います。

・⑪⑫ブロック
花園準優勝の国学院栃木を
花園ベスト8の長崎北陽台が追う形と見ます。

・⑬⑭ブロック
花園ベスト8の京都成章がややリードでしょうか。
京都成章vs茗溪は1回戦の好カードだと思います。

・⑮⑯ブロック
前回王者・東福岡が頭一つリード。
ただ他の3校も実力校で、
1番の激戦ブロックだと思います。
石見智翠館vs天理は1回戦屈指の好カードですね。

続きの予想は1回戦終了後に。

●2022/3/25

1回戦が終了。予想的中率は11/16でした。
まず、茗渓学園と長崎北陽台が出場辞退。
両校とも実力校ですし、残念ですね。。
強豪校は概ね勝ち進んでいますが、
前回王者の東福岡は、国学院久我山に32-12。
前後半ともにロースコアの展開でした。
東福岡にしては静かな初戦だと感じます。
花園王者の東海大仰星は黒沢尻北に圧勝でしたが、
後半は12-14とリードを許しました。
こちらも少し気になるところですね。
石見智翠館vs天理は10-10の引き分けで、
抽選で天理が2回戦進出。
お互いに譲らない好ゲームだったと思います。
全体としては、九州勢が健闘、
東北勢が苦戦といった感じでしょうか。

それでは、2回戦の予想です。

①京都工学院vs流通経済大付属柏 → 京都工学院
②桐蔭学園vs修猷館 → 桐蔭学園
③報徳学園vs長崎北 → 報徳学園
④東海大付属大阪仰星vs大分東明
→ 東海大付属大阪仰星
⑤佐賀工業vs尾道 → 佐賀工業
⑥國學院大栃木vs立命館慶祥 → 國學院大栃木
⑦京都成章vs中部大春日丘 → 京都成章
⑧東福岡vs天理 → 東福岡

京都工学院vs流経大柏は、
好ゲームが期待できると思います。
東福岡vs天理は、天理が今日のように
ロースコアの展開に持ち込むことができれば、
面白くなりそうですね。

●2022/3/26

2回戦が終了。予想的中率は6/8でした。
京都の2校が競り負けましたね。
特に京都成章に勝った中部大春日丘にとっては、
大きな勝利だと思います。
ここまでの試合を見る限り、
桐蔭学園と東福岡が2強かなと思いますが、
ただ、各校の実力差は大きくないと思います。

それでは、準々決勝の予想です。

①東海大付属大阪仰星vs桐蔭学園 → 桐蔭学園
②流通経済大付属柏vs報徳学園
→ 流通経済大付属柏
③中部大春日丘vs東福岡 → 東福岡
④國學院大栃木vs佐賀工業 → 國學院大栃木

1番の注目は、花園王者・東海大仰星vs
前回準優勝・桐蔭学園だと思います。
今回は桐蔭学園の方がやや実力上位でしょうか。
4試合とも熱戦が期待できそうで、
どの高校にも4強の可能性があると思います。

●2022/3/28

流経大柏が出場辞退。残念です。。
東福岡は中部大春日丘に圧勝。
桐蔭と佐賀工は、どちらも前半は同点でしたが
後半に競り勝ってベスト4。熱戦でしたね。
東海大仰星と国学院栃木の花園V&準Vの両校は
ここで姿を消しました。

それでは、準決勝の予想です。

①桐蔭学園vs報徳学園 → 桐蔭学園
②東福岡vs佐賀工業 → 東福岡

桐蔭学園と東福岡が実力上位だと思います。

●2022/3/29

佐賀工が出場辞退。
前日の対戦相手に複数の体調不良者が
確認されたことが理由のようです。
自分たちならともかく、相手っていうのが。。
まぁそういう決まりになっているんなら
仕方がないですけど。。
準決勝のもう一試合は
報徳学園が36-21で桐蔭学園に勝利。
先制したのは桐蔭でしたが、
報徳がすぐに追いついて
さらに得点を重ねていきました。
報徳にとっては会心の勝利でしょう。
桐蔭は昨日の仰星との激戦の疲れが
あったわけではないでしょうけど、
報徳にいいラグビーをされたと思います。

決勝は、報徳学園vs東福岡。
チーム力は東福岡が上だと思います。
報徳としては、桐蔭に勝った勢いで
連続金星といきたいところですね。

●2022/3/31

東福岡が30日に出場辞退。
報徳学園の初優勝が決まりました。
東福岡の1回戦の対戦チームに
感染者が確認されたため、
大会実行委員会が東福岡に辞退勧告。
それを東福岡が受け入れたとのことです。
そして今日31日、
報徳学園vs東福岡の非公式戦が開催。
リーグワンの埼玉が主催者になったそうです。
試合は37-10で東福岡が勝利。
…まぁ何とも言いようがないですね。

関連記事/広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました