カテゴリー
TOP大学スポーツ»大学ラグビー

大学ラグビー選手権2019出場校一覧と2020年展望!

大学ラグビー選手権についてまとめてみました!

公式サイト

主な関係団体の公式サイトです。
選手権やリーグ戦の組み合わせ・結果の確認に
便利だと思います(^^)

日本ラグビーフットボール協会 大会・試合情報 大学
関東ラグビーフットボール協会 大学
関西ラグビーフットボール協会 試合予定&結果 大学
九州ラグビーフットボール協会 大学

2019年度出場校一覧

第56回全国大学ラグビーフットボール選手権大会
(2019/11/24~2020/1/11)の
出場14校の一覧です。
リンク先はラグビー部の公式サイト/SNSです。

●関東大学対抗戦Aグループ
・1位:明治大学
・2位:早稲田大学
・3位:帝京大学
・4位:筑波大学

●関東大学リーグ戦1部
・1位:東海大学
・2位:日本大学
・3位:流通経済大学

●関西大学Aリーグ
・1位:天理大学
・2位:同志社大学
・3位:関西学院大学
・4位:京都産業大学

●東海・北陸・中国・四国
・代表:朝日大学

●九州学生リーグⅠ部
・1位:九州共立大学(Twitter)

●東北・北海道
・代表:八戸学院大学

2020年度展望

最近3年間の大学ラグビー選手権上位4校です。

・2017年度
①帝京②明治③東海,大東文化
・2018年度
①明治②天理③早稲田,帝京
・2019年度
①早稲田②明治③天理,東海

帝京の前人未到の9連覇以降は、
対抗戦の伝統校・明治と早稲田が選手権優勝。
2020年もこの2校が中心になるかなと思います。

リーグ戦の東海と関西の天理も、
選手権決勝を狙える力はあると思います。
ただ優勝となると、なかなか厳しいかなと。。

久々にリーグ戦2位に躍進した日大や、
巻き返しを図る帝京にも注目したいです。
関西は天理の1強状態が続いているので、
他校の奮起が求められますね。

関東・関西以外では、
朝日大学がかなり力をつけているので、
選手権ベスト8が現実的になってきたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないと投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)