阪神・淡路大震災の概要や関連施設

スポンサードリンク

1月17日は阪神・淡路大震災が発生した日。

街並みはすっかり復興しましたが、
震災を知らない世代が増えています。

記憶の風化や経験の継承、
それに借り上げ復興住宅の入居期限問題などが、
今後の課題ですね。

この震災についてまとめました。

なお、この震災の名称ですが、
「兵庫県南部地震」は気象庁が決めた名称、
「阪神・淡路大震災」は閣議で口頭了解された名称、
「阪神大震災」は毎日新聞が使い始めた名称です。

 

●概要

・発生日:1995年1月17日(火)午前5時46分
・震源地:淡路島北部(北緯34度36分、東経135度02分)
・震源の深さ:16㎞
・マグニチュード:7.3
(当時は7.2でしたが、2001年に気象庁が修正)
・最大震度:7

 

●震度

震度7を観測したのはいずれも兵庫県内で、
・神戸市須磨区鷹取
・神戸市長田区大橋
・神戸市兵庫区大開
・神戸市中央区三宮
・神戸市灘区六甲道
・神戸市東灘区住吉
・芦屋市芦屋駅付近
・西宮市夙川付近、
・宝塚市の一部、
・淡路島東北部の北淡町、一宮町、津名町の一部
の各地域です。

また、震度6は、兵庫県の神戸市と洲本市、
震度5は、兵庫県豊岡市、滋賀県彦根市、京都市
で観測されています。

 

●被害状況

・死者・・・6434名
・行方不明者・・・3名
・負傷者・・・43,792名
(重傷者10,683名、軽傷者33,109名)

・住宅被害・・・639,686棟
(全壊104,906棟、半壊144,274棟、一部破損390,506棟)

・建物全焼・・・7,036棟
・建物半焼・・・96棟
・建物部分焼・・・333棟
・ぼや・・・109棟

・停電・・・約260万戸
・ガス停止・・・約86万戸
・水道断水・・・約130万戸
・電話不通・・・30万回線超

・被害総額・・・約10兆円

犠牲者の8割以上が
家屋の倒壊等による圧死です。

関東大震災では
犠牲者の8割以上が焼死、
東日本大震災では
犠牲者の9割以上が溺死でした。

犠牲者の年齢別では、
他の災害同様、高齢者の死亡数が最も多く、
また、20代の死亡数が多いことが特徴的でした。

これは、被災地に学生が多く住んでいたことが
理由として挙げられます。

 

●兵庫県内の震災関連施設など

・東遊園地
(神戸市中央区・市役所南側)

「慰霊と復興のモニュメント」や
「1.17希望の灯り」があり、
モニュメントの地下には、
犠牲者の名前が刻まれた銘板が設置されている
「瞑想空間」があります。

毎年1月17日に開かれる
「阪神淡路大震災1.17のつどい」では、
竹灯籠を「1・17」の形に並べて
犠牲者の追悼が行われます。

年末に行われる光の祭典「神戸ルミナリエ」では、
コースの終着地点にもなっています。

 

・北淡震災記念公園
(淡路市北西部)

震災で断層面が地表に出現した
国指定の天然記念物「野島断層」や、
震災当時神戸市にあった
公設市場の延焼防火壁「神戸の壁」などが
保存されています。

 

・神戸港震災メモリアルパーク
(神戸市中央区・神戸港メリケンパーク東端)

被災したメリケン波止場の一部(約60メートル)が
崩れた状態のままで保存されています。

 

・阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
(神戸市中央区・HAT神戸内)

震災を追体験できるフロアや
語り部の体験を聞くコーナー、
震災や防災に関する資料室などがあります。

 

・神戸大学附属図書館「震災文庫」
(神戸市灘区・神戸大学内)

震災に関する文献・資料の収集が行われ、
一般公開されています。
現地で閲覧できますが、借りることはできません。
一部資料は電子化されています。

 

・震災写真アーカイブマップ

神戸市が行っているサービスで、
街角でスマートフォンやタブレット端末を
特定の場所に向けると、
震災当時の写真が画面に表示されます。
「震災写真アーカイブマップ」で
検索すると確認できます。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です