東京オートサロンの概要

スポンサードリンク

●東京オートサロンとは

毎年1月に開催される、
国内最大のカスタムカー(改造車)の祭典です。

1983年、東京・晴海の東京国際見本市会場で
「東京エキサイティングカーショー」として始まり、
1987年の第5回に、
「東京オートサロン」に名称が変更されました。

開催会場は、1997年の第15回に
東京・有明の東京ビッグサイトへ変更され、
1999年の第17回以降は、
千葉県の幕張メッセで開催されています。

現在では、幕張メッセの全会場(ホール1~12、
国際会議場、幕張イベントホール、屋外会場)
を使用していて、イベントの規模は年々拡大しています。

来場者数も、
2012年:255,709人
2013年:282,659人
2014年:296,714人
2015年:309,649人
と年々増加しています。

開催期間は毎年、金・土・日の3日間です。

 

●イベント内容

ここ数年は、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、
三菱、スバル、スズキ、ダイハツなどの
国内主要自動車メーカーは全て出展していて、
BMWやルノー、メルセデス・ベンツなど、
海外の有名メーカーの出展も見られます。

カスタムカーの展示以外にも、
新車の発表や各種パーツの展示販売、
モータースポーツ関連の発表なども
行われています。

また、イベントステージでは
連日トークショーやライブが行われ、
屋外開場では
全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)の
スペシャルデモランが行われるなど、
各種イベントも盛りだくさんです(^^)

 

●イメージガール

東京オートサロンには、
各ブースを彩るコンパニオンの他に、
正式なイメージガールがいます。

イメージガールは1999年に始まりましたが、
2003年以降は「A-class」が務めています。

「A-class」は通常は4人のユニットで、
毎年新しいメンバーが選ばれます。

イベントステージでは、
彼女たちのライブも行われますよ。

 

●他都市のオートサロン

東京オートサロンの同種イベントとして、
「札幌オートサロン」(2000~2007年)と
「福岡オートサロン」(2001~2009年)が
開催されていましたが、いずれも終了しました。

札幌では後継イベントの
「札幌カスタムカーショー」が
2011~2014年まで行われていましたが、
現在は休止中です。

福岡では後継イベントの
「福岡カスタムカーショー」が
2011年から毎年2月に開催中です。

 

クルマの未来を見ることができる
モーターショーと違って、
今あるクルマで実現可能なものを
見ることができるオートサロン。

これからも注目が高まりそうですね(^^)



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です