高校バスケ三冠の大会特徴

スポンサードリンク

高校バスケットボールには、3つの大きな大会があります。

・夏のインターハイ
(全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会)

・秋の国体
(国民体育大会バスケットボール競技)

・年末のウインターカップ
(全国高等学校バスケットボール選手権大会)

全ての大会で優勝したチームは、
高校バスケの三冠達成と言われますね。

男子の秋田県・能代工業や女子の愛知県・桜花学園が
これまでに何度も達成しています。

では、高校バスケの三大大会について詳しく見ていきます。

三大大会の歴史

・1946年
国体の第1回大会が開催され、
バスケットボール競技が行われる。

・1948年
国体のバスケットボール競技が
「全国高等学校バスケットボール選手権大会」
として行われる。
(選手権大会=国体、1950年まで)

・1951年
選手権大会が国体から分離して単独の大会となる。

・1963年
インターハイの第1回大会が開催され、
バスケットボール競技大会が選手権大会として行われる。
(選手権大会=インターハイ、2016年まで)

・1971年
「全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会」
の第1回大会が3月に開催される。

・1988年
選抜優勝大会が12月開催となる。
(ウインターカップの誕生)

・2016年
最後の選抜優勝大会が開催される。

・2017年
選抜優勝大会の廃止に伴い、
選手権大会がウインターカップとして開催される。
インターハイは単独の大会となる。
(選手権大会=ウインターカップ)


目次に戻る

インターハイ概要

<出場チーム数>
男女各59校でその内訳は、
東京都が3校、
北海道・埼玉県・千葉県・神奈川県・静岡県・
愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県の9道府県が2校ずつ、
その他の府県が1校ずつ、開催地枠が1校です。

<試合方式・日程>
全てトーナメント方式で、
1回戦(54チーム)→2回戦(32チーム)→3回戦(16チーム)
→準々決勝→準決勝→決勝
の順に、6日間の日程で行われます。

5チームはシード校で2回戦からの登場です。

3位決定戦はありません。

優勝と準優勝の2校には、
ウインターカップの出場権が与えられます。


目次に戻る

国体概要

<出場チーム>
都道府県選抜で出場するチームと、
高校単独で出場するチームがあります。

<出場チーム数>
ブロック予選を勝ち抜いた男女各12チームで、
その内訳は以下の通りです。

北海道:1チーム
東北:1~2チーム
関東:1~2チーム
北信越:1~2チーム
東海:1~2チーム
近畿:1~2チーム
中国:1~2チーム
四国:1~2チーム
九州:1~2チーム
開催地枠:1チーム

ただし、4年に一度、
各都道府県の代表47チームが出場します。
(成年男子,成年女子,少年男子,少年女子で持ち回り)

<試合方式・日程>
全てトーナメント方式。

12チームの場合は、
1回戦→準々決勝→準決勝→決勝。

47チームの場合は、
1回戦→2回戦→準々決勝→準決勝→決勝。

3位決定戦はありません。


目次に戻る

ウインターカップ概要

<ウインターカップの歴史>
・1971年
「第1回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会」
が3月に開催。出場校は男女各16校。
決勝戦会場は代々木体育館。

・1975年
第5回大会。出場校が男女各24校に。

・1988年
第18回大会。出場校は男女各28校で、最後の3月開催。
今大会のみ会場は兵庫県神戸市のワールド記念ホール。
(インターハイのリハーサルを兼ねていたため)

同年12月、第19回大会が開催。
出場校は男女各24校。決勝戦会場は代々木体育館。
初の12月開催で、これ以降は12月開催が定着。

・1990年
第21回大会。出場校が男女各48校に。
(47都道府県の代表+開催地枠1校)

・1994年
第25回大会。決勝戦会場が始めて東京体育館に。

・1996年
第27回大会。今大会以降、会場が東京体育館に固定。

・2000年
第31回大会。JOMO(ジャパンエナジー)が特別協賛に。

・2007年
第38回大会。今大会以降、日程が12/23~12/29に固定。

・2009年
第40回大会。今大会以降、
インターハイ優勝校と準優勝校にも出場権が与えられ、
出場校が男女各50校となる。

・2010年
第41回大会。ジャパンエナジーの経営統合に伴って
JX-ENEOSが特別協賛に。

・2012年
第43回大会。東京体育館の改修工事のため、
広島県立総合体育館で開催。開催地枠も広島県に。

・2016年
第46回大会。今大会をもって「選抜優勝大会」が廃止。
インターハイとして開催されていた「選手権大会」が
ウインターカップとして開催されることに。

・2017年
「第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会」
がウインターカップとして開催。

<出場チーム数>
男女各50校でその内訳は、
各都道府県の代表47校、
インターハイの優勝校と準優勝校、
開催地枠の1校(通常は東京都)です。

<試合方式・日程>
全てトーナメント方式で、3位決定戦も行われます。

トーナメントは8つのブロックに分かれていて、
シード校の8校がそれぞれのブロックに割り当てられます。

第1シードはインターハイ優勝校、
第2シードはインターハイ準優勝校です。

日程は毎年12月23日~29日の7日間で、
・12/23:男子1回戦、女子1回戦
・12/24:男子1回戦、女子2回戦
・12/25:男子2回戦、女子3回戦
・12/26:男子3回戦、女子準々決勝
・12/27:男子準々決勝、女子準決勝
・12/28:男子準決勝、女子決勝&3位決定戦
・12/29:男子決勝&3位決定戦
となっています。


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です