映画「紳士は金髪がお好き」概要・あらすじ・感想

スポンサードリンク

1953年のアメリカ映画
「紳士は金髪がお好き(Gentlemen Prefer Blondes)」
についてです。

ネタバレもありますので、ご注意を!

概要

ハワード・ホークス監督の
1953年公開映画「紳士は金髪がお好き」。

ジェーン・ラッセル&
マリリン・モンローの両女優が、
結婚を目指して奮闘する
ミュージカル・コメディです(^^)


目次に戻る

あらすじ

黒髪のドロシー(ジェーン・ラッセル)と
金髪のローレライ(マリリン・モンロー)は、
ニューヨークで踊り子をする親友同士。

二人とも結婚を夢見ていたが、
ドロシーは「いい男」が、
ローレライは「金持ちの男」が好み(^^)

ローレライには
父親が資産家のガスという恋人がいて、
彼と豪華客船でパリに渡り
結婚式を挙げる予定だった。

しかしガスの父親が結婚に反対したため、
ガスはパリ行きを取りやめる。

ローレライはガスの代わりに
ドロシーと一緒にパリ旅行をすることにして、
二人で豪華客船に乗り込む。

船の中でローレライは、
ドロシーの結婚相手とさらに金持ちの男を
見つけようと意気込む(^^)

やがて、ローレライは年配の富豪ビークマン卿と、
ドロシーはマローンという若い男性と親しくなる。

ある時ドロシーは、
ビークマン卿に抱き着かれるローレライを、
マローンが隠し撮りしている場面に遭遇。

マローンは、ガスの父親が
ローレライの素性を調査するために雇った
私立探偵だった。

ドロシーとローレライは、
マローンを酔いつぶして
スキャンダル写真を取り返す。

ローレライはビークマン卿の目の前で
スキャンダル写真を処分して、
彼の夫人が持つダイヤのティアラをねだり、
見事にゲットする(^^)

ドロシーは写真の件でマローンを詰問するが、
マローンは君への想いは本物だと告げる。

パリに着いたドロシーとローレライ。

ビークマン卿夫人が
ティアラの盗難届を出していて、
ローレライに嫌疑がかかる。

ローレライはティアラを返そうとするが、
ティアラはなくなっていた。

ビークマン卿がこっそりと取っていたのだ。

裁判になり、ローレライの身代わりとして
法廷に立つドロシー。

そこへ、ドロシーを助けたいマローンが、
ティアラを持ったビークマン卿を法廷に連れてきて、
ローレライの嫌疑は晴れる。

ローレライはガスと再会し、
ガスの父親に結婚を許してもらう。

そして、ドロシー&マローン、ローレライ&ガス、
2組のカップルの結婚式が盛大に行われた(^^)


目次に戻る

感想と見どころ

ドロシーを演じるジェーン・ラッセルと
ローレライを演じるマリリン・モンロー。

この2人の女優が最大の見どころです(^^)

マリリン・モンローは
金髪のおバカな女性を好演(^^)

演技力も高いんですね~。

彼女の魅力を堪能できる映画です。

一方のジェーン・ラッセルも
マリリン・モンローに負けていません。

黒髪で知的な役どころで、
マリリン・モンローとは対照的ですが、
とても魅力的に描かれています。

ストーリも分かりやすくて、
時間も90分ぐらいで長くなく、
テンポよくコミカルに進んでいきます。

とにかく楽しい映画でした(^^)


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です