映画「百万長者と結婚する方法」概要・あらすじ・感想

スポンサードリンク

1953年のアメリカ映画
「百万長者と結婚する方法
(How to Marry a Millionaire)」についてです。

ネタバレもありますので、ご注意を!

概要

ジーン・ネグレスコ監督の
「百万長者と結婚する方法」は、
タイトルにある通り
大金持ちの男性と結婚するために、
3人の女性が奔走する
ロマンティック・コメディです(^^)

その女性3人を演じるのは、
ローレン・バコール、
ベティ・グレイブル、
そしてマリリン・モンロー。

主役はマリリン・モンローではなく、
ローレン・バコールです(^^)

第26回アカデミー賞(1953年対象)で、
・衣裳デザイン賞(カラー)
にノミネートされましたが、
受賞はなりませんでした。

ちなみにこの年のアカデミー作品賞は、
「地上より永遠に」です。


目次に戻る

あらすじ

ファッションモデルの
シャッツィ(ローレン・バコール)は、
大金持ちとの結婚を夢見る女性。

リッチな男性と出会うためには
いい場所に住む必要があると考え、
家具付きの高級アパートを借りる。

一人で支払いをするのは大変なので、
モデル仲間の知り合い
ポーラ(マリリン・モンロー)を
一緒に住まわせることに。

ポーラは知り合いのモデル
ロコ(ベティ・グレイブル)も連れてきた。

そして、シャッツィ、ロコ、ポーラの
3人による(家具を売りながらの苦しい^^)
共同生活が始まる。

シャッツィは、
トムという貧乏そうな男性に
再三誘われるが無視をして、
金持ちの老人ハンリイと付き合う。

ロコは、
金持ちで妻子持ちの男性と親しくなるが、
彼の別荘で働いていた
貧乏だがイケメンのイーベンと恋に落ちる。

ポーラは、
自分たちが借りている高級アパートの
本来の持ち主であるフレディ
(現在は脱税容疑で追われる身^^)と、
近眼同士で意気投合し(^^)恋に落ちる。

一方のシャッツィ。

老人ハンリイは自身の高齢を理由に
シャッツィに別れを告げる。

シャッツィは仕方なく、
自分に言い寄ってくるトムと
何度かデートをして親しくなる。

しかし思い直した老人ハンリイは、
シャッツィに求婚して承諾を得る。

迎えたシャッツィと老人ハンリイの
結婚式当日。

ロコはイーベンと、
ポーラはフレディとすでに結婚していて、
二組の夫婦は祝福に駆け付ける。

いよいよ結婚式というその時、
シャッツィは老人ハンリイに
トムを愛しているので結婚できないと告白。

寛大な老人ハンリイはそれを受け入れ、
シャッツィの元にトムを案内する。

そして、シャッツィとトムはめでたく結婚。

結局、シャッツィ、ロコ、ポーラの3人は、
大金持ちと結婚はできなかったが、
真実の愛を手に入れることができた。

後日、3組の夫婦が仲良く外食をしていると、
トムが実は大金持ちであることが判明。

女性3人は驚いて倒れるのだった(^^)


目次に戻る

感想と見どころ

3人の女性が大金持ちと結婚しようとするも、
貧乏な男性と恋に落ちて結婚。

ただ、男性のうちの一人は、
実は大金持ちだったっていうオチもついた内容。

分かりやすくて見やすい映画です(^^)

この映画最大の見どころは、
マリリン・モンローが出演しているのに、
誰がマリリン・モンローなのか
分からないところ(^^)

本作は3人の女性が主役で、
その3人のうちの誰かが
マリリン・モンローなわけですが、
鑑賞中ずっと違う人を
マリリン・モンローだと思っていました(^^;

見終わってから調べてみて、
あっちがマリリンかい!っていう感じ(^^;

だって、マリリン・モンローなのに、
3人の中で一番影が薄いし、眼鏡っ子だし(^^;

そういえば「イブの総て」に
脇役で出演していた時も、
あれがマリリン・モンローだと
言われなければ分からなかったです(^^;

後の世のセクシーなイメージが
強すぎるんですかね~。

あと、面白かったセリフが、
ローレン・バコール演じるシャッツィの
「私は年上が好きなの。
ルーズベルト、チャーチル、そしてボガート」

ボガートとはもちろん、
大物俳優ハンフリー・ボガートのこと。

ローレン・バコールの実の夫です(^^)

ローレン・バコールが20歳で結婚した時、
ハンフリー・ボガートは45歳。

本当に年上が好きだったようで(^^)

コメディ映画ならではの演出ですね~。


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です