高校バレー三冠の大会特徴

スポンサードリンク

高校バレーには現在、3つの大きな大会があります。

・夏のインターハイ
(全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会)

・秋の国体
(国民体育大会バレーボール競技)

・新年の春高バレー
(全日本バレーボール高等学校選手権大会)

全ての大会で優勝したチームは、
高校バレーの三冠達成と言われますね。

2012~13年度に史上初の2年連続三冠を達成した
星城(男子・愛知県)は記憶に新しいですが、
その後は、2014年度に金蘭会(女子・大阪府)、
2016年度に駿台学園(男子・東京都)が達成しています。

では、3大大会について詳しく見ていきます。

三大大会の歴史

・1946年
国体の第1回大会が開催され、
9人制のバレーボール競技が行われる。

・1948年
「全国高等学校バレーボール選手権大会」
の第1回大会が開催される。9人制。

・1962年
国体のバレーボール競技が6人制に。

・1963年
インターハイの第1回大会が開催。
選手権大会がインターハイの一種目として
6人制で行われる。
(選手権大会=インターハイ)

・1970年
「全国高等学校バレーボール選抜優勝大会」
(=旧春高バレー)の第1回大会が3月に開催される。

・2010年
選手権大会がインターハイから分離して、
インターハイは単独の大会となる。
選抜優勝大会が第41回大会を最後に廃止される。

・2011年
選手権大会が春高バレーとして1月に開催される。
選手権大会の名称は、それまでの
「第62回全国高等学校バレーボール選手権大会」から
「第63回全日本バレーボール高等学校選手権大会」へ
変更される。
(選手権大会=春高バレー)


目次に戻る

インターハイ概要

<出場チーム数>
男女各56校が出場し、その内訳は、
北海道・埼玉県・千葉県・東京都・
神奈川県・愛知県・大阪府・兵庫県の8都道府県が2校、
その他の府県が1校、開催地枠が1校です。

<試合方式>
予選グループ戦(1組4チーム×14組)のあと、
各組上位3チーム、計42チームによるトーナメント戦。
決勝戦のみ5セットマッチ、
その他の試合は3セットマッチで行われます。
3位決定戦はありません。


目次に戻る

国体概要

<出場チーム>
都道府県選抜チームが出場する場合と、
高校単独で出場する場合があります。

出場チーム数は、
都道府県大会とブロック大会を勝ち抜いた
男女各24チームで、その内訳は以下の通りです。

北海道:1チーム
東北:3チーム
関東:4チーム
北信越:2チーム
東海:2チーム
近畿:3チーム
中国:2チーム
四国:2チーム
九州:4チーム
開催地枠:1チーム

<試合方式>
全てトーナメント方式で、
決勝、準決勝、3位決定戦は5セットマッチ、
その他の試合は3セットマッチで行われます。


目次に戻る

春高バレー概要

<出場チーム数>
男女各52校で、その内訳は、
北海道・東京都・神奈川県・大阪府の
4都道府県が2校、その他の府県が1校、
開催地枠が1校(通常は東京都)です。

<試合方式・日程>
全てトーナメント方式で、
決勝と準決勝は5セットマッチ、
その他の試合は3セットマッチで行われます。
3位決定戦はありません。

日程は、
1日目:1回戦
2日目:2回戦
3日目:3回戦&準々決勝
4日目:準決勝
5日目:決勝
となっています。


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です