映画「三十九夜」概要・あらすじ・感想

スポンサードリンク

1935年のイギリス映画
「三十九夜(The 39 Steps)」
についてです。

ネタバレもありますので、ご注意を!

目次

概要

あらすじ

感想

概要

アルフレッド・ヒッチコック監督の
イギリス時代の代表作の一つ。

主演のロバート・ドーナットは、
第12回アカデミー賞(1939年対象)で
青年期から老年期の主人公を一人で演じた
「チップス先生さようなら」で
主演男優賞を受賞しています。

同賞は、
「スミス都へ行く」のジェームズ・ステュアート、
「風と共に去りぬ」のクラーク・ゲーブル、
「嵐が丘」のローレンス・オリヴィエなど、
ハリウッドを代表する名優たちを抑えての受賞です。


目次に戻る

あらすじ

カナダからロンドンにやってきた
主人公の男性ハネイは、
ある劇場でミスター・メモリーと名乗る
何でも記憶できる男性のショーを見ていた。

ミスター・メモリーは
観客からの質問に正確に答えていたが、
客席で喧嘩が起こり、さらに銃声が。

混乱する劇場から出たハネイは、
見知らぬ女性に声をかけられ
あなたの家に連れて行ってと言われる。

ハネイの仮住まいで
彼女はアナベラ・スミスと名乗り、
自分はスパイで敵スパイの部下2人組に
追われていると語る。

劇場での銃声は彼女が撃ったもので、
敵から逃れるためにやったと。

家の外に怪しい2人組の男がいたので、
ハネイは彼女の話を信じる。

さらに彼女は、敵のボスは他国のスパイで
小指の先が欠けていること、
「三十九階段」という謎めいた言葉、
次の手掛かりはスコットランドにあることなどを
ハネイに打ち明ける(スパイなのにペラペラと^^;)

一夜明け、ハネイが眠りから覚めると
彼女の背中にナイフが刺さっていた。

彼女はスコットランドのとある場所に
赤丸を印した地図を残して息絶える。

ハネイ自身も
すでにスパイから追われる身になっていた上、
彼女の殺害容疑で警察からも追われる立場に。

ハネイは自身の身の潔白を証明するためにも、
真相を明らかにすることを決断する。

地図に赤丸で示された場所に行くため
列車でスコットランドに向かうが、
車内ではハネイを探す警官の捜査が。

たまたま居合わせたパメラという女性に
助けを求めるが拒否され、
ハネイは自力で列車から逃げ出す。

スコットランドに到着したハネイは、
農家に一晩泊まり、そこにも警察が来るが、
農家の妻の助けもあって、何とか逃げ切る。

そして赤丸に示された目的地で、
ジョーダン教授という地元の名士に会う。

教授には小指の先がなかった。

そう、彼こそが敵スパイのボスだったのだ。

教授に撃たれるハネイだったが、
農家の妻にもらったコートの内ポケットに
賛美歌集が入っていて、
それがピストルの弾を防いでくれた。

その後、警察に行って事情を話すが、
警察には教授の息がかかっており
ハネイを逮捕しようとする。

またまた逃げ出したハネイは、
紛れ込んだ集会所で
演者に間違えられて演説をする。

とっさの演説は喝采を受けるが、
そこで列車の中で出会った女性パネラと
刑事と名乗る2人組の男性に見つかり連行。

パネラも参考人として一緒に連れていかれる。

刑事と名乗る2人組は実は教授の部下で、
彼の元へハネイを連れていこうとしていた。

道中、ハネイは逃げられないように
パネラと手錠でつながれるが、
2人は何とか逃げ出し
手錠でつながれたまま安宿へ。

だが、パネラはハネイのことを
まだ信用しておらず、
ハネイが眠ると手錠から手を引き抜く。

宿を出ようとするパネラだったが、
例の刑事と名乗る2人組が宿にやってきて、
教授に電話で悪だくみを話しているのを聞く。

ようやくハネイを信じるパネラ。

ハネイとパネラは、
2人組が電話で話していたロンドンの劇場に
手掛かりがあると考え、そこに向かう。

劇場の舞台に登場したのは、
あのミスター・メモリー。

そう、彼の頭の中にこそ、目的の情報、
すなわち、スパイ組織が国外に持ち出そうとした
機密情報があったのだ。

「39階段」とは何か、
ミスター・メモリーに問うハネイ。

それはスパイ組織の名前であると
ミスター・メモリーが語り始めた時、
劇場に来ていた教授が発砲。

倒れるミスター・メモリー。

取り押さえられる教授。

ミスター・メモリーは
ハネイとパネラに覚えていた情報を話し、
「やっと忘れられる」と安どの表情を見せ
息絶えるのだった・・・。


目次に戻る

感想

いわゆる「巻き込まれ型」のサスペンスもので、
いいテンポで進んでいきます。

冒頭で、敵組織に始末される女スパイに
訳も分からないまま後を託され、
その後は、おきまりの列車での逃避行、
行く先々で美女&敵に出会う、
時には美女と手錠でつながれる(^^)、
そして最終的に、導入部分の伏線が結末につながる。

本当に色々な要素が、詰め込まれている作品です。

ヒッチコック監督のイギリス時代の作品なかでも、
かなりレベルの高い部類に入るのではないでしょうか。

疑問なのは、邦題の「三十九夜」。

原題の「The 39 Steps」は
訳すと「三十九階段」とか「三十九歩」で、
どう考えても三十九「夜」にはなりませんよね。

まぁ邦題がおかしいのは
この作品に限ったことじゃありませんけど。

とりあえず、変わった邦題を
つけたかったんでしょうか(^^)


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です