映画「見知らぬ乗客」概要,あらすじ.感想と見どころ3選!

スポンサードリンク

1951年のアメリカ映画
「見知らぬ乗客(Strangers on a Train)」
についてです。

ネタバレもありますので、ご注意を!

概要

「見知らぬ乗客」は、
アルフレッド・ヒッチコック監督の
1951年のサスペンス映画。

ヒッチコック監督、
脂が一番乗ってる頃の作品だと思います(^^)

第24回アカデミー賞(1951年)では、
・撮影賞(白黒部門)
にノミネートされましたが、受賞はならず。

この年のアカデミー作品賞は、
ミュージカル映画「巴里のアメリカ人」。

あれはジーン・ケリーが
ひたすら踊りまくる映画だったなぁ(^^)


目次に戻る

あらすじ

主人公のテニスプレーヤー・ガイは、
浮気ばかりする妻ミリアムと別居中で、
上院議員の令嬢アンと
結婚を前提に付き合っていた。

ミリアムと離婚の話し合いをするため、
列車で彼女の元へと向かうガイ。

その列車内で偶然、自分のファンだという男
ブルーノに話しかけられる

ブルーノは、ガイが妻と上手くいっていないことや
アンと付き合っていることまで知っていた。

ブルーノはガイに、
ガイの妻を始末してあげるから、
自分の父を始末してほしいと持ちかける。

お互いに動機がないので、バレっこないと。

驚いて断るガイだが、ブルーノは本気の様子。

ガイは列車を降りるが、その時
アンから贈られた「A→G」という
イニシャルの入ったライターを忘れてしまう。

そのライターはブルーノの手に。

列車を降りたガイは、
ミリアムと会って離婚の話をするが
彼女は離婚を拒否。

有名になったガイと別れたくないと言う。

ミリアムは浮気相手の男2人と遊園地へ行く。

そんなミリアムたちの跡を、
何とあのブルーノがつけていた。

そしてブルーノは、列車内でガイに話した通り、
ミリアムを始末してしまう。

遊園地から戻ったブルーノは、
ミリアムを始末したことをガイに報告。

今度はお前が俺の父を始末する番だと迫る。

断るガイだが、ガイには
動機はあるがアリバイはないので、
警察からマークされることに。

ブルーノは家の鍵や見取り図をガイに渡し、
父の始末を再三要求する。

それでも断るガイ。

ブルーノはとうとう諦めて、
ミリアム始末の犯人を
ガイに押し付けることにする。

遊園地の実行現場に、
あの「A→G」のイニシャルが入った
ガイのライターを置くことにしたのだ。

それを阻止するため、ガイも遊園地へ。

ガイを追って警察も遊園地に来ている。

ブルーノを発見したガイは、
メリーゴーランドの上でもみ合う。

メリーゴーランドは故障して暴走し、
ブルーノが下敷きに。

息も絶え絶えのブルーノは、
それでもなおガイを犯人にしようとするが、
ガイの手にはあのライターが握りしめられていた。

ブルーノにライターを盗まれたと主張していた
ガイの証言が正しかったことが裏付けられ、
ガイの無実も証明された。

その後、ガイはアンと幸せに暮らすのだった。

列車内で見知らぬ乗客に話しかけられても、
もう相手はしないようにして。


目次に戻る

感想と見どころ3選

全編を通してサスペンスの緊張感のある作品。

今見ると古臭い感は否めないですけど(^^;

犯人のブルーノが
猟奇的なストーカーっていう感じで、
当時としては斬新だったでしょうね。

ブルーノを演じたロバート・ウォーカーの
演技が光っています。

見どころは、
・被害者の眼鏡に映る犯行
・テニスコート観客席のブルーノ
・暴走するメリーゴーランド
この3つだと思います。

被害者の眼鏡に映る犯行

浮気ばかりしているガイの妻ミリアム。

彼女がブルーノに始末されるわけですが、
その時の演出がお見事。

ミリアムが浮気相手2人(^^;と
遊びに行った夜の遊園地。

ミリアムは1人になった時
ブルーノに襲われ、
眼鏡が地面に落ちて壊れるんですが、
その眼鏡に、ブルーノがミリアムを
始末する一部始終が映し出されます。

不気味さが増す撮り方ですね~。

テニスコート観客席のブルーノ

ガイが出場するテニスの試合。

試合前、練習のラリーを見るため
全ての観客の顔が左右に動く中、
ただ一人だけ顔の動かない男が!

そう、ガイを異常なまなざしで見つめる
ブルーノです!

ガイの異常さが際立つ場面で、
この映画最大の見どころだと思います。

一番印象に残っています!

暴走するメリーゴーランド

これはクライマックスで
ガイとブルーノが対決する場面。

ガイがブルーノを追って
メリーゴーランドのエリアに入りますが、
そこでメリーゴーランドが暴走して高速回転し、
緊迫感が増す演出になっています。

「ミッション・インポッシブル」や
「スピード」のラストで、
列車上で敵と戦う場面がありましたけど、
それが今作ではメリーゴーランドです(^^)

猛スピードで移動する乗り物の上で
敵と戦うのは盛り上がりますからね~。

それにメリーゴーランドを使うっていうのは
すごい発想ですけど(^^)


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です