夏目漱石「二百十日」概要・あらすじ・感想

スポンサードリンク

夏目漱石の小説「二百十日」についてです。

ネタバレもありますので、ご注意を!

目次

概要

あらすじ

感想

概要

「二百十日」は1906年に発表された
夏目漱石の短めの小説です。

「草枕」と同じく熊本県が舞台で、
作者の熊本滞在中の実体験が元になったと
言われています。

主な登場人物は圭さんと碌さんの二人。

小説の大半が
この二人の会話文で成り立っており、
夏目漱石の小説の中でも
かなり異色の作品だと思います。

タイトルの「二百十日」とは、
立春から210日目にあたる日で、
現在の9月1日前後のこと。

古来より台風が多い日と言われていて、
農家にとっては厄日なんだとか。

作中では、阿蘇山に登る圭さんと碌さんが、
「二百十日」の天気の悪さに見舞われます。

ちなみに、9月1日は1923年に
関東大震災が起こった日でもあることから、
国から「防災の日」に指定されています。


目次に戻る

あらすじ

<1章>

出かけていた圭さんが宿に帰ってきて、
碌さんと話す。

圭さんが見てきたという、
馬の爪をカンカンと叩く音が聞こえてくる。

圭さんは子供の頃住んでいた町にあった
豆腐屋の話を始める。

豆腐屋は寺の近くにあり、
寺では毎朝カンカンと鐘が叩かれていた。

実はその豆腐屋は圭さんの実家で、
圭さんは豆腐屋の息子であると言う。

カンカンと爪を叩く音が聞こえると、
圭さんは昔のことを思い出す。

今の圭さんは豆腐屋に見えない。

圭さんは華族や金持ちに不満を持っているようだ。

<2章>

圭さんと碌さんは温泉に入って、
色々な話をする。

圭さんはものすごく体格がよくて、
豆腐屋出身だからさと言う。

碌さんは身分が良いらしい。

圭さんはまた金持ちや華族に文句を言う。

二人は、明日6時に起きて
昼から阿蘇山に登る約束をする。

<3章>

夜、宿屋での食事。

女中と話をして、阿蘇山のことも話題に。

阿蘇山は今荒れていて、灰が降っている。

碌さんは危ないから登りたくないと言うが、
圭さんは荒れている方が面白いと言う。

結局、碌さんは圭さんに押し切られて、
明日二人で阿蘇山に登ることになる。

<4章>

いよいよ阿蘇山に登る圭さんと碌さん。

圭さんは先に進み、碌さんは遅れ気味。

道中、雨が降ってくる。

雨に灰が混じっているので、二人とも顔は真っ黒。

どんどん、空が荒れてくる。

碌さんは足に豆ができて、疲労困憊。

さらに道に迷ってしまったらしい。

圭さんが少し先にある高い草山に登って、
道を確かめることに。

碌さんは待っていたが、
地面の下の方から圭さんの
「おおおい」という声が聞こえる。

圭さんは草の中に隠れていた
谷のような場所に落ちてしまった。

今日は「二百十日」の嵐の日かも
しれないねと話す二人。

圭さんを助けるため、
碌さんは持っていたこうもり傘の先に
着物の帯を結び付け、谷に投げ入れる。

それをつかんだ圭さんは、
何とか碌さんに引っ張り上げられた。

<5章>

翌朝、戻ってきた宿で休む二人。

圭さんは昨日失敗した
阿蘇山登山にまた挑戦したいが、
碌さんはもうこりごり。

圭さんは金持ちや華族が
悪事を働くのが許せないと言う。

圭さんは自分に同意するかと碌さんに問う。

碌さんは同意する。

それなら一緒に阿蘇山に登れと言う。

碌さんは登ればいいだろうと言う。


目次に戻る

感想

出だしから会話が延々と続くので、
取っつきにくい作品ですね。

誰がしゃべっているのか、
最初はよく分からないですし(^^;

なので、一度さらっと読んでみて、
二度、三度と読み直してみるのが、
おすすめの読み方かなと思います。

量が短いので、1時間もあれば読めますし。

内容が理解ができれば、
めちゃくちゃ面白いとは言いませんが、
それなりに面白いですよ(^^)

小説の内容は、
阿蘇山への登山をメインイベントに、
主人公が度々、権力に対する不満を
口にするというもの。

作者自身の思いも投影されているでしょうね。

印象に残っている場面は2つ。

1つは第3章、女中とのコミカルな会話。

阿蘇山登山の前夜、
食事の際に女中と会話するんですけど、
その内容が面白いです。

女中に半熟卵を持ってきてくれと頼むと、
半熟卵を知らないと言うので
「卵を半分煮るんだ」と教えると、
ゆで卵と生卵が1つずつ出てきて
「半分煮て参りました」(^^)

他にもビールを頼むと、
「ビールはござりまっせん。
恵比寿ならござります」(^^)

落語か小噺か(^^)

阿蘇の方言も出てきて、
ここのやり取りは面白かったです(^^)

もう1つ印象に残ったのは第4章、
二百十日の嵐の中、阿蘇山に登山中、
谷に落ちた圭さんを碌さんが助ける場面です。

ここは、会話だけじゃなくて
詳細な状況描写もある珍しい場面。

豪快な性格で碌さんを引っ張っていた圭さんが、
碌さんに引っ張り上げられるというのも
印象に残る描写です。

物語のクライマックスシーンということもあり、
手に汗握る内容になっています!

最後に、物語の舞台となった熊本の温泉旅館と、
熊本県公式観光サイトの「二百十日」
説明ページへのリンクも載せておきます。

山王閣

夏目漱石「二百十日」の世界

「二百十日」のことがより深く分かるかも(^^)


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です