夏目漱石「草枕」概要・あらすじ・感想・ゆかりの地

スポンサードリンク

夏目漱石の小説「草枕」についてです。

ネタバレもありますので、ご注意を!

概要

「草枕」は、夏目漱石の中・長編小説としては、
「吾輩は猫である」「坊っちゃん」に続く
1906年の作品で、全13章から成ります。

冒頭の
「山路を登りながら、こう考えた。」
で始まり、
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」
と続く部分は有名ですね。

この冒頭部分の意味は、
・知識を披露すれば煙たがられる
・感情に熱くなれば何もできなくなる
・意地を張ったら疲れてしまう
…だから、とにかく現代社会は住みにくい。
といった感じだと思います。

作中では、主人公の画家の男性が
東京から熊本へ「非人情」の旅を行い、
旅先での出会いや出来事、
彼の感じたことや思ったことが綴られています。

「非人情」とは、薄情とか冷淡ではなく、
普段の生活から離れる、俗世間から離れる
といった意味になると思います。

作者の前2作では
ぐうたらな猫や無鉄砲な坊っちゃんが
文句ばっかり言っていましたけど(^^;、
今作はインテリな東京人が
田舎でウンチクを(主に心の中で)語りまくる作品
という感じでしょうか(^^;


目次に戻る

あらすじ

<1章>
画家風の30才男性。
俗世間から離れるため旅の途中。
物思いにふけりながら目的地を目指していたが、
道中、雨が降ってきて
通りかかった馬子に休む場所を聞いたところ、
茶屋があることを教えてもらう。

<2章>
雨宿りのため茶屋へ。
店主のお婆さんによると、
目的地の那古井にある温泉宿は
志保田という人がやっている一軒だけ。
そこの娘さんは結婚した時、
振袖姿でこの茶屋の前を通った。
その振袖姿を見てみたいと言ったら、
お婆さんは娘さんに頼んでみたらと言う。
ただ、娘さんにとっては望まない結婚で、
さらに旦那が失業したこともあり離婚。
今は嫁ぎ先から戻っており、薄情だ何だと
色々な悪い噂を立てられているそうだ。
そんな娘さんに興味を持ち、宿を出る。

<3章>
夜、那古井の温泉宿に着く。
寝ている時、女の声を聞き、女の姿を見るという
不思議な体験をする。
それが夢か現実かわからない。
朝、風呂から出た時に美しい女性に会う

<4章>
朝出会った女性のことを女中に聞くと、
若い奥さん(=宿の旦那の娘さん)だと言う。
今使っている部屋は、
普段はその若い奥さんが使っている部屋だった。
そして部屋に若い奥さんがやってくる。
彼女は茶屋で話に聞いた志保田の娘さんで、
昨夜部屋で見たのも、夢ではなく現実の彼女だった。

<5章>
散髪屋で店主に志保田の娘さんの話を聞く。
彼女は、主人が失業して贅沢ができなくなったから、
離婚して戻ってきた悪い女だと言う。
宿泊中の宿は分家で、岡の上にある本家には、
彼女と仲の悪い兄がいるらしい。

<6章>
夕暮れ、宿の部屋で物思いにふけっていると、
志保田の娘さんが
以前茶屋で見たいと言った振袖姿で現れ、
目を奪われる。

<7章>
宿で風呂に入っていると、だれか入ってきた。
なんと志保田の娘さんさんだ!
湯けむり越しのその姿に、しばし目を奪われるが、
彼女はホホホと笑いながら出ていった。

<8章>
隠居している宿屋の旦那
(志保田の娘さんの父)に茶を馳走になる。
娘さんの知り合いである観音寺の和尚・大徹と
娘さんの兄の子・久一も一緒で、
久一は数日後出征するそうだ。
娘さんの名前が那美だと分かる。

<9章>
宿の部屋で那美さんと会話。
振袖姿のことや風呂場でのことも話す。
最後に、鏡が池に身投げして浮いているところを
画に描いてくれと言われ驚く。

<10章>
鏡が池に来る。
そこで那古井へ来た時に、
雨中で出会った馬子の源兵衛に会う。
彼から志保田家にまつわる話を聞く。

<11章>
たまたま足が向いた観海寺で、大徹和尚と話をする。

<12章>
那美さんが男に財布を渡しているところを偶然目撃。
那美さんに見つかり、あれは私の元亭主だと言われ驚く。
那美さんから、あなたはここに来てから
まだ画を一枚も描いていないと指摘される。
その後、那美さんと一緒に彼女の兄の家(本家)に行き、
那美さんが従姉弟の久一に餞別の短刀を渡す。

<13章>
志保田家の面々と一緒に、出征する久一を見送るため駅に。
久一を乗せた汽車がいよいよ出発する時、
同じ汽車に那美さんの元亭主も乗っていることに気づく。
元亭主と目が合った那美さんは茫然として、
これまで見せたことのない「憐れ」な表情を見せる。
その那美さんの表情を見て、
ようやく画になるものを見つけるのだった。


目次に戻る

感想

主人公の画家の、周囲の人や世の中、
さらには芸術に対する考え方が綴られていて、
文章の美しさを感じました。

芸術論や詩歌(俳句・漢詩)がたくさん出てきて、
正直、全ての内容は理解できませんけど(^^;、
全部ちゃんと読めば
ちょっと賢くなった気分になれますよ(^^)

内容が面白いという作品ではないかな?

主人公や周囲の人に
特別な何かが起こるわけではなく、
主人公とヒロインの那美さんの間に
ロマンスが起こるわけでもないので。

まぁ那美さんの突拍子もない行動は
色々と面白いですけど(^^)

そんな今作最大の見どころは、
何といっても主人公と那美さんが
お風呂場でばったり会うシーンです!

間違いありません(^^)

何の前触れもなく、突然この場面がやってくるので、
思わず二度読み、三度読みをしてしまうはず(^^)

しかもこれ、作者の実体験が元ということで、
うらやましいですね~(^^)


目次に戻る

草枕ゆかりの地

草枕は、作者が熊本で英語教師をしていた時に、
岳林寺(熊本市島崎)から小水温泉(天水町)まで、
山越えをして向かった経験を元にして
執筆されたと言われています。

作者が歩いた道や利用した温泉宿は現在、
「草枕ハイキングコース」や「草枕の里」として
整備されています。

「草枕ハイキングコース」は、
作者が歩いた岳林寺→草枕の里(全長15.8km)を
辿っていける、以下のようなコースです。

※リンク先はすべて、自治体や観光地の公式サイトです。

岳林寺…漱石が天水町の温泉地に向けて出発した地点

鎌研坂…冒頭「山路を登りながら、こう考えた」の山路

鳥越峠・復元茶屋…主人公が利用した茶屋を復元

金峰山…この山を越えて天水町へ

石畳の道…当時の面影を残す道

野出峠・茶屋跡…主人公が利用した茶屋の跡地

草枕の里…目的地で小説の舞台

道中は案内板が立ててあるので、
草枕の舞台となった場所を
そのまま巡っていくことができます。

物語中の名所も出てきますし、
漱石もここを歩いたはず!と思えば、
歩きがいもありますよね~(^^)

「草枕の里」は、
漱石が宿泊した宿で物語の舞台でもある
「前田家別邸(漱石館)」や、
「草枕温泉てんすい」「草枕交流館」
などが整備されている草枕の観光地です。

「草枕の里」のすぐそばには、
天水町もう一つの小天温泉那古井館」があります。

草枕を片手に、これらの地を巡るのも
面白いかもしれませんね(^^)


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です