映画「市民ケーン」あらすじ・豆知識2つ・感想

スポンサードリンク

1941年のアメリカ映画
「市民ケーン(Citizen Kane)」
についてです。

ネタバレもありますので、ご注意を!

簡単なあらすじ

時の「新聞王」として、
絶大な富と権力を誇っていたケーン。

彼がこの世を去る時、
最期に遺した言葉が「バラのつぼみ」。

その言葉の意味を知るため、とある新聞記者が
ケーンと親交のあった人々を取材することに。

取材を進めるうちに、少しずつ、
ケーンの真の人生が明らかになっていく。

はたして「バラのつぼみ」の真実とは・・・。


目次に戻る

豆知識2つ

歴代トップクラスの名作映画

市民ケーンは、世界各国で行われる
「史上最高の映画ランキング」で、
必ず1位、もしくはトップ10に
いまだにランクインする作品です。

もうずいぶん昔の作品なんですけどね。

好きな映画は何ですか?と聞かれて
市民ケーンです!と答えれば、
相手をうならせることができますよ(^^)

相手がこの映画のことを知っていれば、
ですけど(^^;

今では知らない人も多いですから(^^;

ただ、名作映画の代名詞のようなこの映画も、
公開当時の評判はよくなかったようです。

というのも、映画の主人公ケーンのモデルは、
当時のアメリカで絶大な力を誇っていた
実在の新聞王ハースト。

映画の中には、ハースト本人や彼の妻を
侮辱する内容が含まれるということで、
映画公開にあたって
ハースト側の大妨害があったんだとか。

映画評論家がそろって酷評したり、
劇場公開そのものができなかったり・・・。

1941年の第14回アカデミー賞でも、
作品賞や主演男優賞など、
合計9部門でノミネートされましたが、
受賞できたのは、脚本賞の1つだけ。

興行収入も芳しくなかったようです。

そういったことが逆に、
後の世での高評価につながっている面も
あると思いますけどね(^^)

ウェルズ初めての監督作品

監督&主演はオーソン・ウェルズ
(Orson Welles,1915-1985)。

なんと、彼が映画の監督をするのは
今作が初めてです。

市民ケーンの評価が高いのも、
この「初」監督っていうのが大きいと思います。

内容といい、撮影技術といい、
素人目に見てもレベルが高いですからね。

初めてでこんな凄い映画作ったのかよ!
って誰もが驚くはず(^^)

特に、時間軸を無視した展開は、
当時としてはとても斬新だったと思います。

一人の登場人物が
若い時から年を取った時まで演じていますが、
見ていて面白かったです(^^)

ただ、2作目以降は、
1作目に匹敵するような名作映画は残せず。

1作目であまりに巨大な敵を作ってしまった
ことが響いたのかも・・・。

まぁ今で言う「空気が読める」ような
タイプじゃないから、
当時の権力者を敵に回す、
市民ケーンみたいな映画を
作れたんでしょうけど(^^;


目次に戻る

感想~バラのつぼみとは

ケーンの最期の言葉「バラのつぼみ」。

この言葉の意味を求めて、
ストーリーが進んでいきます。

最後の最後で種明かしがありますが、
バラのつぼみとは、ケーンが子供の頃
遊びで乗っていたソリに描かれた絵です。

ケーンは幼少期に両親と離れ、
大人になって2度の結婚をしますが、
いずれも失敗。

両親と離れる時、
1度目の結婚生活が冷え切った時、
2度目の離婚の時、
いずれもショックは大きかったと思います。

自分自身が受け入れられ、
家族生活がうまくいくことを
彼は望んでいましたからね。

どうすれば望みが叶うのか、
その方法が分からなかったんでしょうけど。

家族生活の経験もないし、
教えてくれる人もいないし、
教えを請うタイプでもないし・・・。

新聞王として莫大な財産と権力を得て、
お金で買える、ありとあらゆるものを
手に入れたケーンですが、
唯一手にできなかったものが
普通の「家族生活」であり、
そしてそれこそが、彼が本当に
心から望んでいたものだと思います。

その「家族生活」の象徴が、
両親と一緒で楽しかった幼少期の
思い出が詰まったソリに描かれていた
「バラのつぼみ」。

・・・結局、映画の中で「バラのつぼみ」の
意味に気づく人物は一人もいませんでした。

彼の周りには、数多くの
使用人や仕事関係者がいましたが、
本当に彼自身を理解していた人は
一人もいなかったんだなと・・・。

手に入れたかった温かい家族生活も
結局手に入らなかったし、
全てを手にいれたかのように見える
絶大な権力者も、
心のうちは孤独だったでしょうね・・・。


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です