映画「ローマの休日」概要・あらすじ・感想・名場面6選!

スポンサードリンク

映画「ローマの休日」についてです。

ネタバレもありますので、ご注意を!

簡単な概要

1953年のアメリカ映画
「ローマの休日(Roman Holiday)」。

主演は、
グレゴリー・ペック
(Gregory Peck,1916-2003)、
オードリー・ヘプバーン
(Audrey Hepburn,1929-1993)
の2人です。

ハリウッド映画初出演の
オードリー・ヘプバーンは、
この作品でアカデミー主演女優賞を獲得して
人気女優への道を歩むことに(^^)

また、「ローマの休日」は、
主演女優賞(Best Actress)以外にも
原案賞(Best Story)と
衣裳デザイン賞(Costume Design)を
獲得しています。

ただ、この年のアカデミー賞の主役は、
作品賞をはじめ合計8部門を受賞した
「地上より永遠に(From Here to Eternity)」
(ここよりとわに)になるかと思います。

日本での知名度は「ローマの休日」の方が
圧倒的に上ですけどね~。

「地上より永遠に」は、
1945年の真珠湾攻撃で
主人公が死んじゃうお話なので、
日本で人気爆発とはなかなか。。

ただ、名作映画として有名な作品なので、
一見の価値はあると思います。


目次に戻る

簡単なあらすじ

ヨーロッパのとある国のアン王女。

とても美しい王女さまですが、
同じことの繰り返される退屈な毎日に、
もう、うんざりなご様子。

元来、お転婆なお姫さまなんでしょうね(^^)

まぁ恋愛映画の主役になるようなお姫さまって、
大抵そうですけど(^^)

そんなアン王女、公式訪問中のローマで、
宿泊中のお屋敷からお付きの人々の目を盗み、
とうとう脱走に成功!

わたしは外の世界が見たいのよ~(^^)

そこで偶然出会った男性が、
アメリカン・ニュース社の新聞記者
ジョー・ブラッドレー。

そうです。運命の出会いってヤツです(^^)

ブラッドレーは、仕事ができる敏腕記者!
ではなく、うだつの上がらないサラリーマン記者
っていう感じです(^^;

出会った当初こそ、彼女を邪険に扱ってましたが、
彼女が王女だと分かったとたんに優しくなります。

現金な男ですね~(^^)

さえない日々を送っていた彼の頭の中は、
王女に関するスクープ記事を書いて、
一攫千金を得ることで、もういっぱい(^^)

そして彼女を付け回して、行動を共にする内に、
お互いに惹かれていくことに・・・。

王道だなぁ~(^^)

しかし、王女と新聞記者の身分違いの恋。

上手くいくはずもなく、二人には別れの時が・・・。


目次に戻る

簡単な感想

超王道のラブストーリーですけど、
何というか、もう完璧なんですよね。

ダメ出しする箇所が皆無(^^)

見終わった後、
「本当にいいモノに触れた満足感」
を感じられる作品だと思います。

まぁこの時代のアカデミー賞クラスの作品って
みんなそうなんですけどね。

まさに「ハリウッド黄金時代の名作映画」
だと思います!


目次に戻る

おすすめ名場面6選

お転婆なアン王女

映画の冒頭、王女を歓迎する厳かな席で、
真面目な顔をして挨拶をしている時に、
足がかゆかったのか、足をもぞもぞさせて、
靴が脱げてしまう王女(^^)

お付きの人がダンスに誘う機転で
何とか靴を履き直しますが、
アン王女のお転婆ぶりを
印象付けるシーンですね(^^)

もちろん、オードリー・ヘップバーンの
初々しい美しさも必見ですよ(^^)

どこか間が抜けた新聞記者ブラッドレー

上司に遅刻の言い訳をするも
簡単に見破られたり、
学生からカメラを拝借しようとして
不審者扱いされて断られたり(^^;

演じるのは、この時すでに大スターの
グレゴリー・ペックですが、
コミカルな人物として描かれています(^^)

王女も新聞記者も親しみやすい人物なので、
映画自体も親しみやすいんでしょうね~。

ローマの街を行く二人

自由になりたいアン王女と
スクープのほしい新聞記者ブラッドレーの二人が、
ローマの観光名所を巡ります。

なかでも、スクーターに二人乗りしている場面と
「真実の口」に手を入れている場面は、
あまりにも有名ですね(^^)

この映画、最大の見どころの一つでしょう。

他にも、髪をカットしたり、
アイスクリームを食べたりする場面も印象的(^^)

二人の別れ

いつしか恋に落ちる二人ですが、
所詮、王女と新聞記者の身分違いの恋。

二人を待っているのは別れです。

今の映画なら(半ば強引に)ハッピーエンドに
もっていくんでしょうけど、
黄金時代の名作映画はそうはなりません(^^)

別れる前に、これまで隠していた
自分の身分を告げようとするブラッドレーですが、
アン王女は「言わないで、何も・・・」と拒否。

そして、アン王女はお屋敷に戻り、
二人はもう二度と会うことはなかった・・・
はずなんですが、まだ続きがあります(^^)

別れるところで終わってもよかったと
思うんですが、ここから先の展開が、
この作品を名作映画に昇華させていると思います。

アン王女の成長

お屋敷に戻ったアン王女は、以前とは別人。

以前のわがままぶりはなくなり、
毅然とした立ち振る舞いをするようになります。

一時の儚い恋、それもおそらく初恋が、
わがままなお姫さまを
王女の自覚を持った女性に
成長させたんですかね~。

この変化も、映画の大きな見どころと思います。

再会した二人の語らい

映画のラストシーンは、アン王女の
ローマ滞在記念の記者会見。

王女を待ち受ける記者団のなかに、
ブラッドレーがいます。

アン王女にとっては、
二度と会うことがないはずのブラッドレーと
まさかの再会。

同時に、彼の職業を初めて知ることになります。

うれしさ、驚き、とまどい・・・
様々な感情が王女の中にあったでしょうね。

周りにたくさんの人がいる中、
二人は自分たちにしか分からない言葉で、
「会話」をしていきます。

アン王女
「国民の皆さまとも強い絆ができました」

ブラッドレー
「その絆が断たれることは決してないでしょう」

これを意訳すると、

アン王女
「あなたと強く心を通じ合えてよかった」

ブラッドレー
「私もです。決して公言はしませんよ」

こんな感じでしょうか(^^)

他の言葉も含めて、
全ての言動が素晴らしい名場面です。

そして会見が終わり、
誰もいなくなった会見場にブラッドレーが
一人たたずむシーンでフィナーレ。

名作映画、ごちそうさまでした(^^)


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です