人日の節句と七草粥について

スポンサードリンク

1月7日は五節句の一つ「人日の節句」。

朝に七草がゆを食べる日ですね(^^)

元々古代中国から伝わった風習で、
日本では平安時代に始まり、
江戸時代に広まったそうです。

その年一年の無病息災や五穀豊穣を
願うことはもちろん、
お正月の食べ過ぎで疲れた胃腸を
休める意味もあるとか(^^)

 

●五節句とは

五節句は、江戸時代に定められた祝日で、
次の5つがあります。

・1月7日:人日(じんじつ)の節句
・3月3日:上巳(じょうし)の節句
・5月5日:端午(たんご)の節句
・7月7日:七夕(しちせき)の節句
・9月9日:重陽(ちょうよう)の節句

「上巳の節句」と「端午の節句」は、
それぞれ、ひな祭りと子どもの日として
今でもお祝いをする家庭も多いですね。

「七日の節句」もたなばたとして有名ですが、
長寿を祈る「重陽の節句」は、
他の節句に比べると影が薄いかも(^_^;)

 

●七草とは

七草には、春の七草と秋の七草がありますが、
七草がゆにして食べるのは、春の七草です。

春の七草は、次の7種類です。

・セリ(芹、セリ科)
・ナズナ(薺、アブラナ科、別名・ペンペングサ)
・ゴギョウ(御形、キク科、別名・ハハコグサ)
・ハコベラ(繁縷、ナデシコ科、別名・ハコベ)
・ホトケノザ(仏の座、キク科、別名・コオニタビラコ)
・スズナ(菘、アブラナ科、別名・カブ)
・スズシロ(蘿蔔、アブラナ科、別名・ダイコン)

五七五七七のリズムで、
「せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ
すずなすずしろ 春の七草」
と言うと覚えやすいですよ(^^)

 

ちなみに秋の七草は次の7つです。

・ハギ(萩、マメ科)
・キキョウ(桔梗、キキョウ科)
・クズ(葛、マメ科)
・フジバカマ(藤袴、キク科)
・オミナエシ(女郎花、オミナエシ科)
・オバナ(尾花、イネ科、別名・ススキ)
・ナデシコ(撫子、ナデシコ科)

秋の七草は、春の七草のように食べるのではなく、
観賞用の植物になります。

春は七草がゆをおいしく頂き、
秋は七草を見て楽しみましょう(^^)

 

最近は「七草粥セット」を
販売しているお店も多いです。

お値段数百円程度で、手軽に七草を
手に入れられるので便利ですよね(^^)

ただ、6日の夕方に買いにいっても
すでに売り切れていることが多いので、
早めに買っておきましょう(^^)



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です