世界禁煙デーと禁煙週間、歴代テーマの一覧です!

スポンサードリンク

毎年5月31日は「世界禁煙デー」。

1989年、WHO(世界保健機関)によって、
5月31日が世界禁煙デーと定められました。

英語では「World No Tobacco Day」と表記されます。

日本では1992年以降、
毎年5月31日~6月6日の一週間が
「禁煙週間」と定められ、厚生労働省を中心に、
禁煙に関する様々な啓発活動が行われています。

世界禁煙デー(5月31日)は、
WHOによって毎年テーマが決められています。

日本の禁煙週間(5月31日~6月6日)も、
厚生労働省によって毎年テーマが決められています。

2007年以降の世界禁煙デーと禁煙週間のテーマを
まとめました(^^)

<2007年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Smoke-free environments」
(訳:たばこ、煙のない環境)
・禁煙週間(厚労省)
「無煙環境を考える」

<2008年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Tobacco-Free Youth」
(訳:たばこの害から若者を守ろう)
・禁煙週間(厚労省)
「子どもをたばこから守るために」

<2009年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Tobacco Health Warnings」
(訳:警告!たばこの健康被害)
・禁煙週間(厚労省)
「煙のない健康的な社会づくり」

<2010年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Gender and tobacco with an emphasis on marketing to women」
(訳:ジェンダーとたばこ 女性向けのマーケティングに重点をおいて)
・禁煙週間(厚労省)
「女性と子どもをたばこの害から守ろう」

<2011年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「The WHO Framework Convention on Tobacco Control」
(訳:たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約)
・禁煙週間(厚労省)
「みんなで知ろう!たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」

<2012年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Stop Tobacco Industry Interference」
(訳:たばこ産業の干渉を阻止しよう)
・禁煙週間(厚労省)
「命を守る政策を!」

<2013年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Ban tobacco advertising, promotion and sponsorship」
(訳:たばこの宣伝、販売促進活動、スポンサー活動を禁止しよう)
・禁煙週間(厚労省)
「たばこによる健康影響を正しく理解しよう」

<2014年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Raise taxes on tobacco」
(訳:たばこにかかる税金を上げよう)
・禁煙週間(厚労省)
「オールジャパンで、たばこの煙のない社会を」

<2015年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Stop illicit trade of tobacco products」
(訳:たばこ製品の不正な取引をなくそう)
・禁煙週間(厚労省)
「2020年、スモークフリーの国を目指して
~東京オリンピック・パラリンピックへ向けて~」

<2016年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Get ready for plain packaging」
(訳:プレーン・パッケージの準備をしましょう)
・禁煙週間(厚労省)
「2020年、受動喫煙のない社会を目指して
~たばこの煙から子ども達をまもろう~」

<2017年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Tobacco – a threat to development」
(訳:たばこは成長への脅威だ)
・禁煙週間(厚労省)
「2020年、受動喫煙のない社会を目指して
~たばこの煙から子ども達をまもろう~」

<2018年テーマ>
・世界禁煙デー(WHO)
「Tobacco Breaks Hearts – Choose health, not tobacco」
(訳:たばこは心臓を破壊する。たばこではなく健康を選ぼう)
・禁煙週間(厚労省)
「2020年、受動喫煙のない社会を目指して
~たばこの煙から子ども達をまもろう~」

以上です。

日本の禁煙週間のテーマは、
2011年までは世界禁煙デーのテーマのほぼ直訳でしたが、
2012年以降は独自の内容に変わりましたね。
2016年~2020年までは同じ内容になりそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です