税額控除の内容

スポンサードリンク

所得税額から差し引くことできる、
主な税額控除(個人が対象)の内容です。

 

●配当控除
配当所得がある場合、
原則、配当所得金額の10%か5%が控除

●外国税額控除
海外で生じた所得に
外国の税金が課税されている場合、
一定額が控除

●寄附金特別控除
※所得税額の25%が限度
※所得控除の寄附金控除と有利な方を選択可

・政党等寄附金特別控除
政党や政治団体に寄附を行った場合、
(寄附金額-2千円)×30%が控除

・認定NPO法人等寄附金特別控除
認定NPO法人等に寄附を行った場合、
(寄附金額-2千円)×40%が控除

・公益社団法人等寄附金特別控除
公益社団法人等に寄附を行った場合、
(寄附金額-2千円)×40%が控除

●住宅関係の控除
※対象:2014年4月~2019年6月

・住宅借入金等特別控除
借入金を利用して、住宅の新築・
中古住宅の取得・要耐震改修住宅の取得・
増改築等をした場合、
借入金年末残高の1%(40万円まで)が
10年間控除

・特定増改築等住宅借入金等特別控除
借入金を利用して、省エネ改修工事や
バリアフリー改修工事をした場合、
借入金年末残高の10%(12.5万円まで)が
5年間控除

・住宅耐震改修特別控除
耐震改修工事をした場合、
工事費(250万円まで)の10%が控除

・住宅特定改修特別税額控除
省エネ改修工事をした場合、
工事費(250万円まで※太陽光発電工事を
含む場合は350万円まで)の10%が控除
バリアフリー改修工事をした場合、
工事費(200万円まで)の10%が控除

・認定住宅新築等特別税額控除
認定住宅(長期優良住宅や
低炭素建築物)を取得した場合、
かかり増し費用(650万円まで)の
10%が控除

 

税額控除には、上記の他に、
青色申告者を対象とした控除もあります。

試験研究費や設備投資費などの控除、
特定建物を取得した場合の控除、
雇用者数や支払給与が増加した場合の控除、
いわゆるグリーン投資減税などです。

 

以上です。

全て2016年2月現在の内容になります。

確定申告する時に申請すれば、
税金が安くなりますよ(^^)



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です