所得控除の内容

スポンサードリンク

所得税の所得控除の内容です。

 

①雑損控除
災害・盗難・横領によって資産に損害を受けた時、
・(差引損失額)-(総所得金額等)×10%
・(差引損失額内の災害関連支出)-5万円
のいずれか多い方の金額が控除
※差引損失額=損害金額+災害関連支出-保険金

②医療費控除
その年に支払った医療費の総額から、
・保険金
・10万円(総所得200万円未満なら総所得の5%)
の両方を差し引いた金額(最高200万円)が控除

③社会保険料控除
その年に支払った社会保険料の全額が控除
(健康保険、介護保険、国民年金の保険料など)

④小規模企業共済等掛金控除
その年に支払った掛金の全額が控除
(小規模企業共済や確定拠出年金の掛金など)

⑤生命保険料控除
その年に支払った
生命保険料・介護保険料・個人年金保険料が、
それぞれ最高4万円、合計12万円まで控除

⑥地震保険料控除
その年に支払った地震保険料が控除(最高5万円)

⑦寄附金控除
その年に支払った特定寄附金-2千円が控除
(総所得金額等の40%相当額が限度)

⑧障害者控除
障害者は27万円、特別障害者は40万円が控除

⑨寡婦(寡夫)控除
寡婦と寡夫は27万円、特定の寡婦は35万円が控除
※寡婦:夫なし、(子あり or 所得500万円以下)
※寡夫:妻なし、子あり、所得500万円以下
※特定の寡婦:夫なし、子あり、所得500万円以下

⑩勤労学生控除
働いている学生は27万円が控除

⑪扶養控除
扶養親族が
・一般扶養親族(16歳以上)なら38万円
・特定扶養親族(19歳以上23歳未満)なら63万円
・老人扶養親族(70歳以上の親・別居)なら48万円
・老人扶養親族(70歳以上の親・同居)なら58万円
が控除

⑫配偶者控除
配偶者の合計所得金額が38万円以下
(=給与収入103万円以下)なら38万円が控除
※配偶者が70歳以上なら48万円が控除

⑬配偶者特別控除
配偶者控除の適用が受けられない場合、
配偶者の所得金額に応じて、最高で38万円が控除

⑭基礎控除
すべての人を対象に38万円が控除

 

以上です。
全て2016年2月現在の内容になります。

それぞれの控除額を合計して、
所得金額から差し引くことができます。

確定申告の時に申請すれば、
税金が安くなりますよ~(^^)



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です