大人のADHDについて

スポンサードリンク

●ADHDとは

「Attention Deficit Hyperactivity Disorder」
の略で、日本語では
「注意欠陥・多動性障害」
といいます。

ADHDは発達障害の一種で、
・不注意(例:集中力が続かない)
・多動性(例:落ち着きがなくじっとできない)
・衝動性(例:思いついた行動をすぐに行う)
の3症状が特徴です。

従来、小学校生活に適応できないことから
ADHDが明らかになるケースが多かったので、
ADHDは子どもの病気だと言われてきました。

しかし最近では、
大人でもADHDの症状が続くケースや、
大人になって初めてADHDと診断されるケースも
増えています。

 

●ADHDの原因

はっきりと確定していませんが、
脳の働きに何らかの異常があることが
原因だと言われています。

いずれにしても、本人の努力不足や
親のしつけが原因ではありません。

 

●大人のADHDの特徴

個人差はありますが、
大人になるとADHDの3つの症状
(不注意、多動性、衝動性)のうち、
多動性は少なくなることが多いです。

大人の場合、職場での生活に
うまく適応できないことが問題になりやすく、
具体的な特徴としては
以下のようなことがあげられます。

・遅刻が多い
・期限を守れない
・計画的に物事を進められない
・集中力が続かない
・整理整頓ができない
・忘れ物が多い
・同じ失敗を繰り返す
・衝動的な行動や発言が多い

これらに悩むことによって、
うつの症状やアルコール依存などの
二次的な問題が起こることもあります。

 

●大人のADHDの診断

精神科を受診します。

受診する時には、
日頃悩んでいることをまとめたメモや
子供の頃の通知表などを持参すると、
診察が比較的スムーズにいきます。

診察や検査の結果を総合的に判断して、
ADHDかどうかの診断が下されます。

ADHDを専門に診てくれる病院が
近くにあればいいのですが、
日本にはそのような病院が
多くはないのが現状です。

 

●大人のADHDの治療

心理療法と薬物療法があります。

どのような治療を受けるにしても、
ADHDの症状を抑えることはもちろんですが、
通常の社会生活を送れるように
今の状況を改善していくことが、
治療の目標になります。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です