大相撲の豆知識(2017年)

スポンサードリンク

大相撲の豆知識です(^^)

番付

番付は上から順に、次のようになっています。

・横綱(白鵬、日馬富士、稀勢の里、鶴竜)
・大関(高安、豪栄道、照ノ富士)
・関脇
・小結
・前頭(筆頭~)
・十両(筆頭~十四枚目)
・幕下(筆頭~六十枚目)
・三段目(筆頭~百枚目)
・序二段(筆頭~)
・序ノ口(筆頭~)

また、次のような呼び方があります。

・大関、関脇、小結 → 三役
・前頭 → 平幕
・前頭以上 → 幕内
・十両以上 → 関取

それぞれの番付の定員は以下の通りです。

・幕内:42人
・十両:28人(東西14人ずつ)
・幕下:120人(東西60人ずつ)
・三段目:200人(東西100人ずつ)

幕下の定員には、学生横綱出身などの
幕下付出デビュー力士は含まれません。

また、序二段と序ノ口に定員はありません。


目次に戻る

本場所

本場所は年6回開催されます。

・一月場所(初場所/東京場所、両国国技館)

・三月場所(春場所/大阪場所、大阪府立体育館)

・五月場所(夏場所/東京場所、両国国技館)

・七月場所(名古屋場所、愛知県体育館)

・九月場所(秋場所/東京場所、両国国技館)

・十一月場所(九州場所/福岡場所、福岡国際センター)

大阪府立体育館は現在、
「エディオンアリーナ大阪」
という愛称で呼ばれています。


目次に戻る

チケット

東京場所の主なチケット料金
(2017年の1人あたり税込料金)です。

・溜席(たまりせき/通称・砂かぶり席):14,800円

・1階マスA席:11,700円

・1階マスB席:10,600円

・1階マスC席:9,500円

・2階イスA席:8,500円

・2階イスB席:5,100円

・2階イスC席:3,800円

・2階イス自由席:2,200円

大阪、名古屋、福岡でも、
溜席とマス席は同じ値段になります。


目次に戻る

本場所の1日

本場所の1日のスケジュールです。

・8:00頃・・・開場(寄せ太鼓が合図)

・8:25頃・・・前相撲
(番付外の力士(新弟子)による取組。三日目から)

・8:35頃・・・序の口~幕下取組

・14:15頃・・・十両土俵入り

・14:35頃・・・十両取組

・15:40頃・・・幕内土俵入り

・15:55頃・・・横綱土俵入り

・16:00頃・・・中入り(休憩時間)

・16:10頃・・・幕内取組

・17:55頃・・・弓取式、打ち出し


目次に戻る

巡業の1日

巡業のスケジュールは、次のような感じです。

・~前日・・・巡業地入り

・8:00頃・・・開場(寄せ太鼓が合図)

・8:00~9:00頃・・・握手会

・~8:30頃・・・幕下以下稽古

・8:30~10:30頃・・・十両・幕内稽古

・10:30~10:45頃・・・力士と子どもの稽古

・11:00頃・・・幕下以下取組

・12:30頃・・・十両土俵入り&取組、幕内土俵入り

・13:30頃・・・横綱土俵入り

・13:50頃・・・幕内取組

・15:00頃・・・弓取式、打ち出し

・15:30頃・・・次の巡業地へ

巡業のチケット料金は、巡業先によって異なりますが、
一番いい席(溜席)で、税込14,000円の所が多いです。


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です