NHKを解約した時の方法や手続きをまとめました!

スポンサードリンク

NHKを解約したので、
その時の方法や手続きをまとめました(^^)

NHKを解約する理由

NHKを解約する理由、
それは・・・
テレビを見なくなったから(^^)

昔はよく見てましたけどね~。

だんだん見る時間が減っていって、
とうとう全く見なくなりました。

不自由は全くありません(^^)

見ないテレビを持っていても仕方ないので、
テレビは家電リサイクル法に従って処分。

具体的には、
郵便局で家電リサイクル券をもらって
リサイクル料金を振り込み、
テレビを指定の廃棄場所まで車で運びました。

その時のことは、こちらの記事でどうぞ(^^)
家電リサイクルでテレビを持ち込み処分!その方法は?

これで準備は完了です!

解約方法はNHK公式のどこに載っている?

まず、NHK公式サイト「受信料の窓口」で
解約について調べてみます。

解約について書いてある箇所は・・・
見当たりませんね(^^;

それでもあきらめずに探してみると・・・
ありました(^^)

一番右下の欄にある
「受信料・受信契約のご案内」を
クリックして表示されるページの
5ページ目(最終ページ)に、
放送受信契約の解約」という項目が!

そこには、
「住居に誰も居住しなくなる場合」か
「テレビがすべてなくなった場合」は、
NHKに連絡して下さいと書いてあります。
そして、
「こうした場合以外は解約できません」
とも書いてありますね。

裏を返せば、こうした場合は解約できると
いうことになります。

現状は「テレビがすべてなくなった場合」に該当するので、
NHKに連絡する必要があるわけですね~。

解約の時はどこへ電話する?

次に、どこへ連絡するのかですが、
再び「受信料の窓口」で探してみると、
これまた一番下の今度は真ん中の欄に、
受信料関係のお問合せ先
という項目があったのでクリック。

受信料関係の問い合わせ先は
「NHKふれあいセンター」で、
電話番号が目的別に2つに分かれていますね。
・受信契約の受付
…フリーダイヤル「0120-151515」(無料)
・受信料に関する問い合わせ
…ナビダイヤル「0570-077-077」(有料)

ただ、契約や質問をしたい場合は
この電話番号にかければいいと思いますが、
今回するのは「解約」です。

ネットで色々調べてみると、
解約の場合は地元のNHK放送局に
直接電話をした方がよさそうです。

「NHKふれあいセンター」に電話をしても、
地元の放送局へ誘導されるケースもあるみたいだし。

以前、NHKから衛星放送契約の勧誘があった時も、
担当者の所属先は「NHKふれあいセンター」ではなくて
地元の放送局でした。

たぶん、実際の契約に関しては、
地元の放送局が窓口になっているんだと思います。

ということで、受信契約をした時、
NHKから送られてきた
「ご契約ありがとうございます」のハガキに、
地元の放送局名が記載されていたので、
そこの電話番号をNHK公式サイト
全国のNHK」で調べて、
電話をかけることにしました。

NHKとの電話内容

地元放送局の電話可の時間は、
平日の午前10時~午後5時。

ということで、
金曜日のお昼前に電話をしてみました。

電話に出てきたのは、担当のお姉さん。

電話の流れは次の通りです。

「テレビを処分して受信設備がなくなったので、
受信契約を解約したいんですけども」
と伝えると、氏名と住所を聞かれました。
(お客様番号は聞かれなかったです)

どうやって処分したかを聞かれたので、
「テレビと家電リサイクル券を
指定引取場所へ持っていって処分しました」
と答えました。

NHKを受信できるワンセグ携帯や
カーナビを持っているかどうか聞かれたので、
「ありません」と答えました。
本当に持っていませんよ(^^)

それでは解約届を郵送するので
必要事項を記入のうえ
家電リサイクル券のコピーと一緒に
返送して下さいと言われたので、
「分かりました」と答えました。

最後に、受信料の支払いが
クレジットカードの12か月前払いになっているので、
返金するための口座番号を教えて下さい
と言われたので、銀行名と口座番号を伝えました。

以上で電話は終了。時間は5分超でした。

特に突っ込まれることもなく、
スムーズに進みましたよ(^^)

担当のお姉さんは
マニュアル通りに進めている感じでしたね。

ポイントは「受信設備がなくなった」と
最初にはっきり伝えることだと思います。

解約届に記入

電話をして約2週間後に
NHKから封書が届きました。

封書の中には、
・案内文
・放送受信契約解約届
・返信用封筒
が入っていました。

案内文と解約届はこんな感じです。




それでは解約届に記入していきます。

記入が必要な個所は、次の4ヵ所です。

●放送受信契約を要しないこととなる受信機の数
・地上( )台
・衛星( )台
カッコの中に台数を記入する欄。
衛星契約だったので、
地上は「0」、衛星は「1」と書きました。

●放送受信契約を要しないこととなった事由
・□ 受信機を撤去した。[受信機の廃棄方法]
・□ 受信機が故障した。[故障の状況]
・□ 受信機を譲渡した。[譲渡先・取引先]
・□ アンテナを撤去した。[受信方法の切替の有無]
・□ ケーブルを脱退した。[受信方法の切替の有無]
チェックボックス+記述式の欄。
一番上の「受信機を撤去した」にチェックして、
「家電リサイクル法に基づき、
テレビを指定引取場所へ持ち込み処分。」
と記入しました。

●署名押印
氏名を書いてハンコを押しました。

●受信設備の設定予定
・□ 設置予定あり[平成 年 月頃]
・□ 未定
・□ 設置予定なし
チェックボックス式の欄。
「設置予定なし」にチェックしました。

・・・これで解約届への記入は終了!

返信用封筒に
解約届と家電リサイクル券のコピーを入れ、
封をして投函しました。

もちろん送料は無料です(^^)

解約できたことを確認!

解約届を郵送すれば、
あとは本当に解約できたかどうかが
気になりますよね~。

しかし、NHKから特に連絡はありません。

では、どうやって確認したかというと、
解約届をポストに入れてから10日後、
NHKから受信料の返金の振り込みがあったので、
それで確認できました(^^)

NHKの解約、これで全て完了です!

ネットでNHKの解約について調べると、
口座振替から振込用紙に変えろだとか、
解約届の郵送は配達証明でするようにとか、
色々と出てくると思います(^^;

私も実際、今回解約するにあたって、
そういったことも検討してみました。

でも、そういうのは必要はないと思います。

だって、そんなことをしなくても、
普通に解約できましたから(^^)

とにかく、家からテレビがなくなったことを
証明できれば(今回は家電リサイクル券で証明)、
普通に解約できると思いますよ。

目次に戻る

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です