ロウバイってどんな花なの?

スポンサードリンク

冬に咲く花「ロウバイ」についてまとめました。

ロウバイの特徴

ロウバイは、ロウバイ科の落葉低木で、中国が原産国。
17世紀頃に日本に渡ってきたそうです。

名前は「ロウ梅」ですが、梅とは違う種類の植物です。
梅はバラ科ですね(^^)

開花時期は12~2月頃、樹高は2~4mほどで、
香りのある黄色い花を、うつむき加減に咲かせます。

花言葉は「愛情」「慈しみ」「慈愛」「先見」「先導」
「優しい心」「ゆかしさ」など。

俳句では冬の季語になっています。

中国ではロウバイの花やつぼみを、
風邪の内服薬や火傷の塗り薬としても
利用するそうです。

名前の由来

漢字表記は「蝋(蠟)梅」もしくは「臘梅」。

「蝋(蠟)梅」表記の由来は、
花が蝋細工(ろうざいく)のような光沢・質感をもち、
梅の花に似ていることから。
花の色が蜜蝋(ミツバチの巣の主成分)に
似ているからという説もあります。

「臘梅」表記の由来は、
臘月(陰暦12月の異称、現在の1月ごろ)に
梅に似た花が咲くことから。

また、中国が原産国のため、
唐梅(カラウメ/トウバイ)や
南京梅(ナンキンウメ)といった別名もあります。

英語名は「Winter sweet」で、
冬に咲く香りのいい花という意味です。

学名は「Chimonanthus praecox」。
「Chimonanthus(キモナンサス)」は
ギリシャ語の「cheimon(冬)」と「anthos(花)」に由来。
「praecox(プラエコックス)」は
「早期の」「早咲きの」といった意味です。

ロウバイの種類

ロウバイには、主に次の3種類があります。

ロウバイ

全体的にやや小さめで、花びらはとがってます。
中心部が紫っぽい色をしてるのが特徴になります。
「和ロウバイ」ともいいます。

ソシンロウバイ(素心ロウバイ)

園芸品種で、花全体が薄めの黄色です。
他品種と違って、中心部の色の変化はありません。

マンゲツロウバイ(満月ロウバイ)

園芸品種で、濃い黄色をしています。
花は丸みを帯びていて、中心部に紫っぽい輪があります。

 

ロウバイって、他の花が咲かない真冬の寒い時期に、
いい香りの黄色い花を咲かせてくれるので、
殺風景な冬の景色が明るくなりますよね~。

ほっこりできる花だと思います(^^)


目次に戻る



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です